叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法

信じる子育てで、子どもの自信とやる気がぐんぐん育つ!
ママがムダに叱らずにすむようになり、子どもはママも自分も大好きになります。
どうしていいのか?わからない子育てから、「こうすればいいんだ!」に変化し、ココロが、どんどんラクになる!

6月の人気記事ベスト3

母と子・負のスパイラルにおちいってしまった時の脱出方法

叱るより信じる子育てに変わり、ママ自身が
ラクで幸せに生きられる心が育つ


癇癪(かんしゃく)を起こしている子どもを、受け止められるようになるコツ

悩めるママをサポートする現役ママコーチ・愛川よう子が、
家族問題や人間関係はもちろん、
あなたのどんな心のモヤモヤも丁寧に伺い、
子育てがラクで笑顔になるコツ・考え方もお伝えします。

テーマ:
● 1学期最後の日にできる、子どもへの声かけ

こんにちは、愛川よう子です。

今日も東京は真夏の日差しと暑さです!

私の子どもが通う小学校は、あさってから夏休み。

明日は1学期の最後の日です。

こんな日にもさらっと出来る、子どもへの言葉がけや関わり方。

去年の終業式のときに書いた記事をご紹介します。




さてさて、最近私は、とある事情で、よく小学校に出向いてます。

小4長男の普段の様子を、見に行っているんです。

そこで感じた様々なこと、おいおい、メルマガで記事にしていこうかなと思っています。

ブログで書くには、ちょっと配慮が必要な内容でもあるのでね…

登録がまだの方は、是非無料なので、ご登録を!

この2週間で、100名ほど読者様が増えました♡

無料メルマガのご登録はこちらです。

ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!

8月の新規継続コーチングのクライアント様は〆切ました。

次回は9月になります。

単発セッションは、随時募集しております。

叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法

無料メルマガ「ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!」ご登録
ご相談メニュー
お客様の声
お問合わせフォーム(ご予約ではありません)


子育ての不安イライラ解消、しつけの悩み、夫婦関係修復など、ご相談実績256名様
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 【コラム】子どもと信頼関係を築くには

こんにちは、愛川よう子です。

子育て中のパパママの毎日を応援するサイト「IKU♡LOVE」さんより、子育ての専門家として取材を受けました♡

そこで、子育てに役立つ情報を、コラムでご紹介しています。

今日ご紹介する記事は、こちらです。

子どもと信頼関係を築くには?親子がもっと仲良くなる信頼関係の築き方!

子どもとの信頼関係を築くコツや、信頼関係をつくるために幼児期からできることなどを、ご提案しています。

width="350"


叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法

無料メルマガ「ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!」ご登録
ご相談メニュー
お客様の声
お問合わせフォーム(ご予約ではありません)


子育ての不安イライラ解消、しつけの悩み、夫婦関係修復など、ご相談実績256名様
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 私自身の道標になってくれると思います

こんにちは、愛川よう子です。

現在開講中の、家族のこころのコーチング講座。

10時から16時まで、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

自分が外交的か内向的か、全体主義か個人主義かなど、コミュニケーションのタイプによってカラー診断する講座です。

外交的か内向的か、とか難しそうに聞こえますが、実際は分かりやすく解説していますし、直感的なテストで診断ができます。

width="350"

初日を終えた受講生様の感想を、ご紹介します♡

もっと自分自身の事を知って、自分も相手も大切にして期間限定である今しかない子育てを楽しみたいと思い、受講しました。

色々なコミュニケーションカラーを知って、自分とは違う価値観や考え方がある事をあらためて実感できた気がします。

自分と同じカラーを持つ方々と共感できた安心感と、違うカラーを持つ方々の視点に気付いた驚きのようなもの、

色んな感情を通して、今まで不思議で納得できなかった事が一気に紐解かれて合点がいきました。

本当に「目からウロコが落ちる」を体感しました。

よう子さんの笑顔で会場が一気に華やかになり、本当に居心地のよい、久しぶりにストレスフリーなひとときでした。

まだまだしばらく続く子供たちとの試行錯誤の毎日を見据えた時、コミュニケーションカラーを知っているというのは私自身の道標になってくれると思います。

カラーが、環境によって割合が変わったり変化して行く事はワークの中で実感したのですが、子供のベースカラーは生まれ持ったものなのか、

乳幼児期の親との触れ合いの中で少しずつ形成されていくものなのか、そのあたりを少しおうかがいしてみたいなと思いました(子供たちが全員違うバラバラのカラーだったので笑)。

10歳・8歳・6歳・1歳のママ
 
Cさん、ありがとうございます♡

私も、このカラーが分かるようになってから、これまで抱えてきた人との違いによるストレスから、解消されました(^^)

もちろんこれが全てではありませんが、大きな道しるべとなるのは、間違いないですね♪

それと、「ベースカラーは生まれ持ったものなのか」というご質問に関しましては、生まれもったもの=資質としてあると考えております。

さらに詳しくは、30日の日に、お話させて頂きますね!

叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法

無料メルマガ「ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!」ご登録
ご相談メニュー
お客様の声
お問合わせフォーム(ご予約ではありません)

子育ての不安イライラ解消、しつけの悩み、夫婦関係修復など、ご相談実績256名様
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● いつも「わかってくれない」「寂しい」と思っていました

こんにちは、愛川よう子です。

先日、第1日目を終えた、家族のこころのコーチング講座(中級)

秋田や名古屋からもおいでいただき、今回も、笑いや驚きの声で溢れる1日となりました♡

width="350"

参加者、Nさんは6歳小学校1年生のママです。

Nさんの感想をご紹介します。

初級講座で、子どもとのコミュニケーションはだいぶよくなりました。

でも、夫や娘にうまく気持ちが伝わっていないと思うことが多く、相手を理解し、お互いに気持ちよく過ごせるようになりたいと思い、受講しました。

「楽しい!」「面白い!」と聞いてはいましたが、涙が出るほど笑ってしまうとは予想外でした。

カラーを知ることで、本当に違うんだということが分かり、なんとなく娘と夫のカラーも予想できたので、少し対応の仕方を変えて、反応を見るのが楽しみです。

ワークを通して、自分のしっくりくるカラーが見つかり、同じ考えの仲間も見つかり嬉しかったです。

本当に楽しかったです!!

よう子さんの講座はいつも笑いに溢れていて楽しいです。愛をたくさん感じます!!
 
Nさん、ありがとうございます♡

そうなんですよね〜、同じカラータイプの仲間といると、本当に居心地がいいですし、「自分だけじゃなかったんだ!」とホッとしますよね(*^^*)

そして、ここまでタイプによって価値観や感覚が違うということを目の当たりにすると、驚きと、「もう笑うしかない」という状態になったりしてね(笑)。

笑いながら違いを知れるので、今まで感じてきた違いによる苛立ちや、やり切れなさも、

「そっか〜、元々違うんだから、仕方ないことだったんだな!」って、前向きに受け入れられるようになるんです。

width="350"

さて、その後Nさんが、受講後すぐに、メールをくださいました。

ご家庭での様子を、ご報告してくださったんです。

土曜日はお世話になりました。
本当に楽しくて最高な講座ですね♪
二日目も今から楽しみです。

実は昨日、家で「これがカラーの違いか!」と思うことがあったので、
ちょっとお恥ずかしいのですが、忘れないうちにと思ってメールします。

昨夜、夕食に出そうとトウモロコシを一本茹でたんです。

娘のため用意したのですが、メニューを考えたら一本は多いなと思い、
半分は娘に、残り半分は夫と私で食べようと思っていました。

しかし、私がお風呂から出てきたら、
残り半分も娘が食べて始めていてびっくり!

しかも夫と
「美味しいからパパに半分あげる~」
「うん、ありがと~」
なんて会話をしているではないですか!

そこで思わず
「ママのは?」
と言ってしまったんです。

そしたら夫に言われました。

「あのね、いつも後になって『私の分がない』とか言うけど、
何も言わなかったら俺たちにはわからないんだよ。
考えていることがあるなら先に伝えてください。」


私はいつも
「家族なんだから、わかってくれているはず」「察してくれるはず」
と思っているので、

期待が裏切られると
「なんでわかってくれないの?」「どうして聞いてくれないの?」と感じてしまうんです。

私にとっては常に相手にお伺いを立てるのが当たり前なので、
家族にも自然と同じことを求めていたようで、


こういうことがあるたびいつも「わかってくれない」「寂しい」と思っていました。


でも昨日はハッと気が付きました!

メインカラーが違うということはこういうことか!と。

たぶん夫と娘は、私とメインカラーが違うのでわかるわけないんですよね。

夫には講座の話を少ししていたので

「私は察して欲しいと思うカラーなのです。
 でもあなたにはわからないことを知ったので、これからはきちんと伝えるように心がけます。」

と伝えました。

中級を学んだおかげで、週末の夕食がより楽しく過ごせそうです(笑)

ありがとうございました♪30日も楽しみにしています。

よーこさん、お忙しいと思いますが暑さと湿度に負けずお身体大切にしてくださいね。
 
Nさん、良かったですね〜〜(*^^*)

まさにまさに、そーゆうことなんですよね!

自分が当たり前にしていることが、相手も当たり前だとは限らない。

自分だったらこうするのに、なんであの人はそうしないんだろう?

いろんな人間関係で、そういったストレスありますよね。

今まではただ「分かり合えない」とか「あの人は苦手だ」と思っていた関係も、

コミュニケーションカラータイプを理解することで、圧倒的に相手への理解が深まり、人間関係のストレスが激減しますよ〜!

そして、相手にあった関わり方、声かけができれば、今まで以上によい関係になっていきますよ♡

width="350"

カラーごとに別れてのグループワークが楽しい楽しい!

次回は自分の元の家族や、今の家族をカラーで見ていきます。

子どもへの効果的な声かけも、お伝えしていきます。

この中級講座、名古屋・大阪の開催を思案しているのですが…

もしもご希望があれば、メッセージやコメントでお知らせくださいませ〜。検討します!

次回の初級講座、東京第7期を、9月に開催することにしました。

9月15日(木)、10月6日(木)、10月20日(木)です。

募集は7月末に開始する予定です。

是非、いらしてくださいね♡

叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法

無料メルマガ「ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!」ご登録
ご相談メニュー
お客様の声
お問合わせフォーム(ご予約ではありません)

子育ての不安イライラ解消、しつけの悩み、夫婦関係修復など、ご相談実績253名様
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 子どものイヤイヤ期は、常識と罪悪感の闘い

こんにちは、愛川よう子です。

私はママの個別相談で、ママが子どもにイライラしてずっと怒ってしまうお悩みについてお話を聴いています。

中でも「子どものイヤイヤがもう、た・え・ら・れ・ま・せ・ん!」

と、イライラがとまらず、猛烈に腹が立つ!でもそんな自分がイヤ(TT)というママのお悩みを、よく伺っています。

今日、心屋ぢんのすけさんのブログで、こんな記事を読みました♡

とーっても面白いので、読んでみてくださいませ〜




僕らは「常識」「習慣」に洗脳されて、

「不潔で」「病気に」「栄養が」「好き嫌いが」「集団生活が」と後付けの理由をたくさん持ってきて

自分で自分たちをカタにハメて、自分のクビを絞めていきます。

ほんとは、どーでもいいことなのに。



ですって。あは ( ̄∀ ̄)

そして、「あなたの中の常識と罪悪感とのたたかい」… まさに!

つまり「その常識って、ほんと?って疑う」=「自分が正しいと信じているマイルールを見直す」

なんですよね♡

でね、自分の子どもへのイライラがどんなときに起きてるか、よく観察してみてほしいのです。

例えば、なんでも「やだー!」って言って子どもが言うことをきいて動いてくれないとき?

例えば、ママの言うことをきかずに、勝手にお菓子をいっぱい食べてしまったとき?

例えば、あー言えばこう言うで、口答えをしてきたとき?

(もちろんこれはあくまでも、今回のテーマに沿ったほんの一例ですよ。)

これって、イライラの根っこには、ママの中にある「こうあるべき」「こうしてほしい」という子どもへの願い、希望、要求、ルールなどがてんこ盛りなんですよね。

それが強ければ強いほど、自分以外のやり方、自分の望んでいない行動などを許容できなくなり、怒りに変わります。

これは相手が子どもだけに関わらず、夫でも親でも、他人でも。

width="350"

この「怒り」「イライラ」をゆるめるには・・・

「自分以外の価値観やルールを受け容れていく」こと、なんですよね。


「へ〜、そーゆうやり方もあるんだ」(私はそれしないけど、それでも問題おきないのか〜)

「あなたは、こーゆう順番がいいのね」(じゃ、それで試してみるか)

「あらそう、どうしてもやらないのね」(ま、いっか。死ぬわけじゃないし)

「え、それやっちゃう?」(じゃ、あとはどうなるか様子見でいっか)

という考え方を持つ。


自分以外のやり方を、受け容れていく心の状態を作れるといいですね。

しつこいようですが、相手が子どもであろうと、大人であろうと、同じです。


自分の正義、「ダメ」とか「こうするべき」というルールが多すぎないか、見直してほしいんです。


ただ、それはあなたの「ルール」は「正義」でもあるので、正しいと思い込んでるわけで、なかなか緩めにくいんですよね。

でもそれってお互い様。

相手だって相手のルールや価値観がある。

あなたの価値観やルールは、確かに間違ってはいないけれど

「正しさはそれだけではない」と理解し、たとえ相手が子どもでも、他者のやり方を受け容れていく。


そのためにもね、ママのルールをゆるめるためにも、子どもを信じることです。

子ども自身の成長を信じること。

今はできなくても出来る様になるとか、たとえ出来なくても別に大丈夫と信じること。

(それが出来なくても、誰かが助けてくれるとか。他のことが出来てればいいとか。)

でも

「ダメなことはダメって言わないと、不安でしょうがない」 

「この子のためによくないんじゃないか」 

常識や罪悪感との闘いですね・・・

結局、自分自身が不安なんですよね。

自分自身を安心させたいから、相手を怒っちゃうんだよね。

たださ、それがママの安心につながるとしても、子どもの人生のすべてをコントロールは出来ないんですよね。

だから、この子が自分で出来ることを促す。

この子のやり方を、尊重してみる。

それができないとしたら、この子の成長する力を信じれていない、ということになる。

「この子は私がやらなければダメだ」という前提で育てていることになる。

だからやっぱり大切なのは「子どもを信じる」こと。

く〜〜、ママ苦しいっす!(あ、自分のことです)

怖いよね〜!どうにかしなきゃって思っちゃうよね〜!

いいですいいです、それも親の愛の形ですから。

って、開き直れる心があなたにあれば、大丈夫です♡

開き直れないかたは、あなたのルールを緩めるためにも、相談しにきてね♡(宣伝しちゃった)

width="350"

叱るより信じる子育て!子育てがどんどん楽しくラクになる方法

無料メルマガ「ママの心と子育てがどんどん楽になる、信じる子育て!」ご登録
ご相談メニュー
お客様の声
お問合わせフォーム(ご予約ではありません)


子育ての不安イライラ解消、しつけの悩み、夫婦関係修復など、ご相談実績256名様
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)