2007-11-26 23:22:24

レオン誕生日祭終了

テーマ:レオン同盟

一応こちらでも(笑)


レオン誕生日祭にご参加くださった皆さん、ありがとうございました!

おらくるるーむ管理人のひーのさんやトミヤマケイさん達初めての方をはじめ、常連の皆さん、ご無沙汰だった皆さん、こぞっていらしてくださいまして、本当に感謝の念にたえません。


今年で3回目となるわけですが、いまだにこうして参加してくださることからもレオン人気はまだまだ健在ということですね、勇気をもらいました。


SO2のリメイクも控え、またSO2およびレオン人気が復活することを祈っております!

ありがとうございました!


ジークレオン!


P.S. 掲示板の返信は今しばらくお待ちください(^^;

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-08 21:55:37

祖父の日記を見る

テーマ:日常

人は見ていないようでしっかり見ていたことを知る。


父と母の言動、性格、問題点なども書き綴ってあった。

色々心配しながら何も云わず見守っていたのだろう。


祖父母を見ていると、やはり私は自分本位だよなと思う。

昔の人は奉仕の精神が旺盛と言うか、それを当たり前のものとして教育を受けてきたんだろうな。

それは日本人として最も誇るべき美徳だと思う。


祖父の場合はいかんせん馬鹿がつくほどのお人よしだったので、あそこまでとは言わないけれど、

相手のために率先して何かをしてあげられる人になりたい。

私は怠けものなので、どうにも人にしてもらってばかりで、感謝はすれど行動が足りないような気がする。

感謝は行動で示さなければ意味がないのだ。

祖父に恥じない生き方をしなければ。


教訓として心に留めておくことにしたい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-04 22:36:52

彼方の迷言集(104)

テーマ:携帯から
人は亡くなれどその魂はいつも心(ここ)にある。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-02 23:53:18

四十九日は

テーマ:携帯から
まだ生きてるんだそうな。
だから、それまではいつもと同じように暮らせば良いんだってさ。
誰が考えたのかは知らないけど、ありがたいことだ。
これはつまり、心の調整期間を設けてくれてるってことなんだろうなぁ。
だって、まだ実感が沸かないもの。


菓子職人(かっこよく言えばパティシエか?)だった祖父。
今日は昔のお弟子さんが来て、”親方”と呼ばれていた。色んな呼ばれ方をする人だよなと笑ってしまった(笑)
祖父の作る菓子は、基本的に全てが手づくりでまがい物を一切入れない、本物の菓子だった。
文字通り職人かたぎだったらしい。
昨今では、普通に売っている菓子の99%はまがい物なので希少だったと思う。

毎朝、5時には起きて仕事をしている記憶が残ってる。
配達についていった記憶もある。
やっぱり楽しい記憶しかないな。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-02 20:35:40

彼方の迷言集(103)

テーマ:彼方の迷言集
人の死に方はその人の生き方が決める。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007-11-02 00:19:30

訃報

テーマ:携帯から
本日夜。
祖父が亡くなりました。
享年85歳。
大往生と言って良いと思います。

祖父と過ごした期間は約20年。
昨今では三世代家族というのは少なくなっているので、一般の「離れて住んでる爺さんが亡くなった」というのとは重みが全然違います。

家族がいなくなる。
昨日までそこにいて笑っていた人が突然いなくなる。
実質的に、私にとっては初めて体験する”死”というものです。
どれだけの影響があるのか、今はまだ全然わかりません。
これから感じるのかな。


昨日の朝、腰が痛いと救急車で運ばれ、途中で意識が無くなり、緊急オペ。
原因は、動脈榴破裂。
その前日まではピンピンしてたのにね。
死ぬときは本当にあっという間だ。

正直に言うと、原因と様態を聞いたとき、「もうダメかな」と思った。
でも、それでも私は元気になることを信じて祈りました。

「泣くのは死んでからでいい」

それが私の信条だから。


待合室には、十人をゆうに超える親戚が詰めかけて溢れる始末。
こんなに思われて祖父は幸せだったと思う。

祖父が急に亡くなって凄く悲しいし涙はまだ止まらないけれど、悔いは全く無いんだ。
去年は私が祖父母を旅行に連れて行ったし、今年は親がやはり北海道に連れて行ってる。
どちらも、死ぬ前に孝行したいという自己満足ではあるのだけど、楽しんでもらえたと思っている。

常に明るく、前向きに、独立心の強くてちょっとおちゃめな人でした。
決して弱音をはかず、人に迷惑をかけることを嫌うひとでした。
そういえば、一度も泣いたところを見たこと無かったな。戦争で全ての涙は流してしまったのかも知れない。
本当に立派な人でした。

大勢の人に見送られて、あまり苦しまずに逝けて良かったね。
精一杯誠実に生きた人には、やはりそれに見合うだけの最後が与えられるんだね。


ありがとう。ありがとう。ありがとう。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。