1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-02-28 21:01:49

彼方の迷言集(12)

テーマ:彼方の迷言集
幸せには二種類ある。

「人から奪った幸せ」と「自ら作り上げた幸せ」

前者は脆く。
後者は堅い。

前者によってしか幸せを得られない人間は哀れである。
そのことに気づいていながら、己を見つめ直さない人間は愚かである。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-27 13:22:00

ネット友と

テーマ:日常
電話しました♪
ええ、某みろうさんです。
とても可愛い方でしたvv

ネット友と電話するのは、久しぶりです。
全く話したことが無い人と話すのはとても緊張するのですが、この「ドキドキ感」は良いです。
ドキドキというか、「ワクワク」という方正しいかもしれません。
もともと、寡黙でオクテな方なので、中々人と打ち解けることができないのですが、人と話すことが嫌いなわけでは無いのです。
いや、むしろ好きです。
好きだけれども、きっかけを上手く作れないだけです。

そういう点、ネットは良いですね。
利害関係も無いし、顔が見えないので緊張もしない。
それでいて、趣味は共通しているので、色々なことが気軽に話せます。
ある程度親しくなれば、「じゃあ会おうか」ってことになり、人の輪が広がるわけです。

よく「出会い系サイト」なんてものが問題になりますが、発想自体は悪いものじゃあない。
それが、犯罪に利用されたり、「男」と「女」に限定しているからダメなのです。
「シニア層」と「若年層」だったり、同性同士だったりしても、別に良いじゃあないですか。
「共通の趣味を持つもの」が出会える出会い系サイトであれば、それはとても素晴らしいものだと思うんですけどね。


・・・あ、話がそれた。

電話では色々お話しました♪
ゲームの話からそれぞれの地元の話からカラオケの話から・・・話題は尽きないです。
やはり、おしゃべりは楽しいです。
ありがとうございました♪
ぜひ!また今度お話しましょう!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-25 21:00:21

飲み会

テーマ:携帯から
下戸には中々辛いものがあります。おえっ。

あぁいう席でバカさわぎができる人間がうらやましいです。
正直、あのノリにはとてもついていけない・・・。
飲み会が嫌いってわけじゃあ無いんですけどねf^_^;

どうせ酒を飲むなら、親しい友人少数と、多少高くても美味しい酒を飲みながら、語らいたいと思うクチですね、私は。

皆さんはどうですか?
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-25 01:24:34

友達以上恋人未満?

テーマ:恋愛
下らん。

恋は夢
愛は幻

ほとほと恋愛関係というものに嫌気がさした。

友達以上恋人未満。

もし、そういう関係があるなら一番良い関係かも知れないね。
恋人としての制約無しに恋人気分を味わえるのだから。

もっとも、

恋人でありながら恋人という制約を平気で破るクズもいるがな。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-22 19:30:57

大学生の4割

テーマ:日常
正直、おいおいです。

まぁ、何を持って常識とするべきかって難しいと思いますが、4割も間違えているとなると、常識とも言えないだろうな・・・。

米国がどこか知らないってのは、もうどうしようもないですね。
どうせなら、日本の位置はどこですか?
って質問もすればよかったのに。
マジに1%くらい知らないんじゃないか?
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-20 04:31:24

浮気って

テーマ:携帯から
なんてーか、「したもん勝ち」って感じだよね・・・誠意を尽くしたのに裏切られるっていうのは、本当に辛いことだと思う。

「良い人生経験をさせてもらったと思え」などとふざけた事をぬかすヤカラもいるが、俺はそうわ思わん。
憎んで憎んで憎み抜いてやればいい。
絶対的に浮気をした方が悪いのだから。弁解の余地は無い。

最悪なのは、開き直ることだね。

「何が悪いの?」
「仕方ないじゃん」

とか言われた日にはマジでブチ殺したくなります。


・・・あ、ちょっと熱くなっちゃった♪てへっ☆

しっかし、浮気されると男は落ち込み考えこんでしまうのに対して、女は強いね。
「救急車呼ばずに済む程度にボコボコにしてきます☆」
とさ。
私もその強さがほしいよ。

明日は晴れのち(血の)雨です。
外出の際には傘を持ってお出かけになりましょう♪
ナム。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-20 00:59:02

騎士団退団~戦士団入団

テーマ:ラジアータストーリーズ
・ジャスネおじさんの親バカっぷりにより騎士団解雇
・戦士ギルドの入団テストに合格

まぁ、ストーリーは特に特筆するところもなく、淡々と進んでいます。

相変わらず、通り行く人片っ端から喧嘩を売っています。
今回、ジャスネにも喧嘩を売ったんですが、瞬殺されました。
あんなに護衛兵がうじゃうじゃいるのは反則だろ。

レナード探しは苦労しました。
いや、ラジアータ城のどこに何があるのかわかってないので。

部屋にいない→ガンツの部屋→訓練所→ナツメの部屋→部屋

とぐるぐる歩き回されたわけですが、
サマルトリアの王子を思い出したのは私だけですか?

その後、リドリーを危険な目に遭わせたという理由で、結局騎士団をクビにされ、ガンツに紹介された戦士ギルドの入団テストを受ける。
でもって、ガンツは落ちてジャックは受かる
なんか、現実にもありそうで切なかったです。
しかし、なんでガンツは不合格だったんだろう?顔か?背か?
意外と嫌いじゃ無かったんだけどな、ガンツ。

ありがとう、そしてさようなら、ガンツ。
君のことは一時間もすれば忘れるよ。

これからやっと仲間探しができます。
困っている人を助けると仲間になってくれるそうなので、片っ端から話しかけることになりそうです。

・・・ちょっとタルいかも。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-19 01:24:06

地の谷~二回目任務終了

テーマ:ラジアータストーリーズ
今回は割とサクサク進めましたが、まだまだ無駄なところで時間を使っていそう。
片っ端から蹴ってるしな。
それに加えて、このゲームの特色である「時間」の概念が影響してる。
ある程度時間が進まないとイベントが進行しないんだよね。
かと言って、寝てしまうとサブイベントがスキップされてしまいそうなので、それも怖くてできない。
よって、ぶらぶらだらだらげしげしと時間を過ごすことに・・・。

この時間概念、試みとしては面白いと思うけど、人によってはウザいかもなぁ。
時間によって、人が動いているのはキャラが生きているって感じがしてとても良いと私は思うんだけど。

ここまでの感想としては、

①いつでもセーブができないのは痛い
②ラジアータ城広すぎ
③ギャグはよし
④戦闘はぬるい

という感じでしょうか。
まだ、技もほとんど覚えてないし、リンクコンボなどが使えていないから何とも言えませんが、戦闘の爽快さという点においては、これまでのトライア作品と比べると劣るかな・・・ま、今後に期待です。

ここまでのストーリーについては、特に言うことないです。
言い換えると、あんまり印象に残っていないってことです。
相変わらず、おまけの部分に力を入れてるなって感じ。
そういうところが好きなんだけどねネ、トライア様。
でも、たまにはその労力時間
肝心な部分にも使って下さいネvv
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-18 01:09:27

スタート~初任務

テーマ:ラジアータストーリーズ
・ジャックが騎士団の入門試験を受けて、あっさりリドリーに完敗。
・でも、親の七光りで合格
・騎士団結成
・初任務に向けて出発

という所まで進みました。
って、全然進んでないですね、はい。
これから、暇を見つけて進めていきたいと思います。


・・・さて、今回の主人公ジャック君。

足グセ悪過ぎ。

部屋に入ったら、ある物片っ端から蹴る

人を見かけたら蹴る。

取り敢えず、蹴る。

あぁ、なんてオレ好みのゲームなんだ。

なんせ、蹴らないとアイテムが手に入らないんで、とにかく蹴ります。
会議室に向う間、部屋を一つ一つ念入りに蹴って回りました。
中には、新しい武器(ナイトエッジ)なんかもあったりしました。
あんなわかりにくいところ(他の置き物で見えない場所)に置いておくなんて・・・ちゃんと見つけることができた人は何人いるんだろうか。

途中、リドリーの部屋を発見。

「なに?この差は?」

なんか知らんが、やたらと豪華。
ジャックの部屋が蜘蛛の巣が張っていたのとは大違い。
なんか、ジャックの気持ちになってムカついたので、

リドリーのベッド蹴っ飛ばしておきました。10回くらい。


・・・と、「蹴り」システムは中々面白い。
では、内容はどうか。

いや~・・・なんて言うか、しょっぱなからギャグ満載ですねぇ。
好きですよ、こういうノリ。
ガンツとジャックの漫才にリドリーのツッコミ。
笑った笑った。
今後も、ぜひこのノリでいってもらいたいです。

・・・あ、ストーリー?

うん、大丈夫。

あまり期待してないから。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-02-15 23:22:39

HN

テーマ:日常
同じブログ内で、「彼方」という人を見つけてしまった。
う~ん、やっぱり多いよねえ、「彼方」って・・・コメントする時紛らわしいかなぁ。
どうしたもんか。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。