インターネット上の有害情報を監視する「インターネット・ホットラインセンター」からの通報を受け、警視庁、大阪府警、千葉県警など8都府県警は31日、ネット上に児童のわいせつ画像などを掲載した児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの疑いで、16~45歳の男計18人を摘発(うち14人を逮捕)、32カ所を家宅捜索した。警察庁によると、児童ポルノに絡む一斉摘発は全国初。

 警察庁から業務委託を受ける同センターには、児童ポルノ画像などの違法情報が多数寄せられており、昨年の通報件数は特に増加傾向にあった。

 児童ポルノ対策をめぐっては、業者による違法サイトへの接続の強制遮断(ブロッキング)導入が決まっており、関係省庁は5月27日に捜査や削除要請の結果を待たず、違法画像を発見したら即座に遮断できるようすることで合意した。

【関連記事】
児童ポルノ誘導で新たに7サイト削除依頼 警視庁
【News解説】子供の保護優先 画像拡散を防止
携帯SDカードでわいせつ動画 「気軽に見られるのでヒットする」 
わいせつDVD3万枚押収 男3人逮捕
悪質サイト管理者取り締まりへ ネットの違法情報95%増で警察庁

中島みゆきの名曲をテーマにした犬童一心テレビドラマ開始
「米国型」など3タイプ提示=共通番号制度案の概要判明(時事通信)
前橋会社経営者殺害、新たに暴力団組長を逮捕(産経新聞)
<岡本倶楽部>系列ホテル11カ所など捜索 出資法違反容疑(毎日新聞)
二輪車通行禁の道路があるのはなぜ? 背景に暴走グループ拡散と中高年事故(産経新聞)
AD