石川県小松市は、13~16日に行われる伝統のお旅まつりと全国子供歌舞伎フェスティバルを盛り上げるため、市職員がイメージキャラクター入りの法被を着て準備に励んでいる。
 これまでは、えんじ地に「小松曳山」とプリントされた法被だけだったが、今年は市制70周年を記念して制定したゆるキャラ「カブッキー」を背中にプリントした新しい法被も作製。庁内業務だけでなく、外での打ち合わせやイベント会場などでも着用しているという。また、来庁した市民を案内する係の職員らも一部着用している。
 フェスティバル期間中に法被着用で業務を行うのは、2000年度の第2回から続く恒例行事。観光政策課の職員は「肩が突っ張らないのでスーツより動きやすい。カブッキーの認知度も上がれば」と張り切っている。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕「萌えキャラ」電車、出発進行=北陸鉄道石川線
〔地域の情報〕400年前の旋律再び=仙台市
〔地域の情報〕県内コマーシャル曲のCD発売=沖縄県
〔地域の情報〕鬼太郎の住民票交付、1万人突破=東京都調布市
〔地域の情報〕タコ箱漁オーナー募集=北海道

神奈川クリニック眼科が破産=レーシック大手、事業は譲渡-東京地裁(時事通信)
<目白シンラート>夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
「イケメンCA」がエスコート JALが男性ばかりの「こいのぼりフライト」(J-CASTニュース)
【あすの「新報道2001」】(産経新聞)
味の素、37億円申告漏れ(時事通信)
AD