9年後に日本で開催されるラグビーのワールドカップ(W杯)で、近鉄花園ラグビー場への試合誘致を目指している東大阪市は21日、誘致活動の概要を発表した。来月から署名活動を開始するほか、来年3月にはシンポジウムを開催、誘致機運を高める。

 署名活動は5月5日に同ラクビー場で行われる「東部大阪こどもラグビースクール交歓会」からスタート。9、16両日に開催されるラグビー関連のイベントでも行う予定。市は国内の試合会場が平成26~27年に決定すると見込んでおり、それまで継続的に署名活動を展開する。

 市役所一丸で誘致活動に取り組む姿勢をアピールするため、6~9月のクールビズ期間、今月発足した「ラグビーワールドカップ誘致室」の職員がラガーシャツを着て公務にあたり、ほかの部署の職員に対しても着用を呼びかける。

【関連記事】
中学生の全国大会新設 日本ラグビー協会
5・1韓国戦へ向け、ラグビー日本代表発表
ラグビー日本代表 菊谷主将ら31人を選出
ラグビー学校開校、小学生ら35人参加
代表合宿打ち上げ「いい練習ができた」

宮崎の1例目、口蹄疫確定=農家支援策も拡充-赤松農水相(時事通信)
新聞記事や割引券…実用的学力重視 学力テスト(産経新聞)
女性警察官に痴漢した男逮捕「手が当たっただけ」と否認(産経新聞)
事業仕分け 第2弾は47独法 JICA、入試センターも(毎日新聞)
全国的に冷え込み 寒気26日ごろまで(産経新聞)
AD