東京都は6日、築地市場(中央区)マグロ卸売場の見学者エリアを8日から5月8日まで閉鎖すると発表した。この時期の閉鎖は初めてで、外国人観光客ら見学者が大幅に増え、市場業者の苦情を受けた措置。
 築地市場は、マグロの競りの様子を間近で見られるため、外国人観光客に人気が高い。しかし、5日に想定の2倍を超える見学者が訪れ、エリアの外に約100メートルの行列ができた。このため市場業者から、鮮魚の車両での運搬に支障を生じるとの苦情が出ていた。 

【関連ニュース】
マグロ競り見学、今年も中止=年末年始の繁忙期

自転車欠陥で大けが 損害賠償求め輸入元提訴(産経新聞)
生活への影響は? 神奈川県で公共施設の喫煙規制条例スタート(産経新聞)
新園長はウミガメ博士 須磨水族園 予備校講師から転身(産経新聞)
桜前線東北入り間近 民間3業者予想(河北新報)
「参院選後は政界再編」=民主・渡部氏(時事通信)
AD