鳥取県で男性が連続して不審死し、元スナック従業員上田美由紀容疑者(36)が2人に対する強盗殺人罪で起訴された事件で、県警鳥取署捜査本部は、昨年10月に鳥取市内のアパート自室で死亡した無職田口和美さん=当時(58)=について、殺人容疑での立件を断念することが24日、捜査関係者への取材で分かった。捜査本部は近く解散する。
 捜査関係者によると、昨年の司法解剖の結果、田口さんの遺体から睡眠導入剤の成分が検出された。捜査本部が死亡した経緯を調べていたが、持病があったことから他殺を立証するのは困難と判断した。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
20キロ歩きコンビニ強盗=「疲れた」と自首
タクシー襲い売上金強奪=男3人逃走、運転手重傷
名門高校野球部員お手柄=逃走男取り押さえる
死因は窒息死と判明=手か柔らかい布で首絞める-78歳女性強盗殺人・山口県警

着陸直前、機首下げ操作=「標準からずれた操縦」-米貨物機炎上・安全委(時事通信)
火山灰拡散26カ国影響 東欧やロシアにも(産経新聞)
欧州の日本人も、成田の外国人もSOS(読売新聞)
<あしなが募金>遺児の進学・就職率ダウン(毎日新聞)
<OBサミット>核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島(毎日新聞)
AD