岡山県玉野市と高松市を結ぶ宇高航路の廃止を表明していた四国フェリー(高松市)が11日、国土交通省四国運輸局に提出していた航路廃止届を取り下げた。

 運輸局によると、同社は少なくとも来年の3月までは、減便などはせず、現状のまま運航を続ける。

 同社は「一定の経営合理化のめどが立ったため」としている。

 別の1社の国道フェリー(高松市)も4日に廃止方針を撤回しており、航路は当面、存続されることになった。今後は航路の長期的な維持が焦点となる。

 航路は昭和63年に瀬戸大橋が開通するまで、四国と本州を結ぶ主要な交通手段だったが、景気後退や燃料費高騰などのほか、高速道路料金の割引の影響も受け、旅客数が激減。2月12日、2社が同運輸局に3月26日での廃止届を提出した。

 香川、岡山両県などは「住民の足が奪われる」などとして、航路存続維持を要望。国と関係自治体が連絡協議会を設置し、支援策などを検討していた。

【関連記事】
当面2社で宇高航路維持 四国フェリーも廃止を撤回
高速道路無料化 国策に翻弄、民業圧迫だ
フェリー1社が宇高航路の営業を継続へ 航路廃止届を取り下げ
宇高航路存続で連絡協議会 国交相、支援検討急ぐ
「宇高航路」3月で幕 高速値下げで経営直撃
20年後、日本はありますか?

ドラム缶2遺体事件の証拠紛失「捜査に影響ない」 大阪府警(産経新聞)
高校無償化法案、衆院を通過(読売新聞)
高速道路料金の上限制、参院選後に先送り(読売新聞)
山内議員元秘書を再逮捕 新たに4千万円詐取容疑(産経新聞)
小沢幹事長、趣味の釣りでリフレッシュ(産経新聞)
AD