内閣府は2日の政策会議で、2009年の自殺者数が12年連続で3万人を超えたことを受けてまとめた「いのちを守る自殺対策緊急プラン」の原案を与党に提示した。関係閣僚でつくる自殺総合対策会議(会長・平野博文官房長官)を5日に開き、正式に決める。
 原案では、例年最も自殺者数が多い3月を自殺対策強化月間(仮称)に指定。不眠で悩んでいる中高年男性に対し、医療機関を受診するよう呼び掛けるなど、自殺防止の啓発キャンペーンを実施する。失業者を対象にハローワークなどでの健康相談も行うとしている。 

【関連ニュース】
1月売上高、6カ月ぶり減=主力商品の品薄で
12月の失業率5.1%、2カ月ぶり改善=09年平均は悪化幅最大
自殺防止策強化へ=福島担当相
ドコモも学割キャンペーン開始
昨年の自殺者、5番目の多さ=504人増の3万2753人-9月以降は4カ月連続減

新一筆啓上賞の入賞作発表(産経新聞)
約40ブランド出展、日韓から女性モデル募集 福岡コレクション(産経新聞)
<センター試験>追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
民主、参院選公認は来月に 捜査波紋…「複数」二の足(産経新聞)
4億円通帳に「先生」記載、小沢氏は「知らない」(読売新聞)
AD