2015-02-01 13:16:53

悲しいときはいつも晴れ

テーマ:その他


2月1日

  

                                                      

                                                            

                                                              

                                                                 








うなるほど風の強い日曜日です












川面は流れも分からないほどかき乱され


私たちの心のよう













ざざざざ・・・


ゆれる枝葉の奥に広がる青空


悲しいときはいつも晴れていたような気がします




遠く離れた中東で ひとりのジャーナリストが処刑されました














後藤健二さん


直接も間接的にも面識はありませんが 書かずにはいられなかったので


失礼を承知で書かせてください



あなたのした仕事はずっと残り


私たちが弱きものたちに心を寄せる大事さを知り


日本が危ない方向に向かわないようなブレーキとなることでしょう


それほどたくさんの仕事をあなたは残しています


そう思えば


自分がしてきたことに意味があったのだと


きっとあなたは納得して逝けたのではないですか


私は そう思いたいのです



「自己責任」 「危ないと分かっているところに行くからだ」


そんなフレーズがあちこちで踊っています

けれど これから危ないところには誰も行かず

これで安心だね では済まされません

危険を承知で行かなければいけない やらねばいけない時があるのです

皆が 誰か他の人がやってくれる 伝えてくれる 

そんな気持ちで誰も何もしなくなってしまったら 行かなくなってしまったら 

そこで起きていることなど分かるはずありませんよね


そして そこで苦しんでいる人たちは


誰にも気づかれないまま消えていくことになりかねないのです






人間は必ず死にます


死ぬときに何を一番思うかはたったひとつ


自分がこの世に生きた証し


この時代に生きていたんだという証しを残すことができたか


私はそう思うのです


それはモノであったり記憶であったりします



先日 友人が亡くなりました


彼の葬儀に参列して


いよいよ出棺でお別れのとき


子供たちが 「先生!」 「先生!」 と泣きながら叫んでいたのです


いいおじさんたちも男泣きをしていました


そして20代の息子さん3人が


父自身が死んだら葬儀で一言ずつ皆さんにお礼を言えと言われたようで


悲しみをこらえて立派に挨拶していたのを見て


彼は「証し」をしっかり残して逝ったのだと胸が熱くなったのでした







証しを残す


原発20キロ圏内で苦しんでいた動物たち


彼らが苦しんでいたことを 必死で生きようとしていたことを


皆さんに知って欲しかった


福島だけではありません


多摩川河川敷の片隅で必死に生きようとしていた猫たちを知って欲しかった


家の周りで生きていた猫たちを知って欲しかった


彼らすべてが生きていた証しを残したかった


私が写真を撮るという原動力は これだったのです




今日は


彼らが生きていた証しを 残すことが


私が生きていた証しになるのだと そんなことを思い直した日でした







後藤さん そちらに争いごとのない世界があるのかどうか分かりませんが


安らかにお眠りください













ミヨコさま


この土地で20年近くも生きておられる


私がこの地に来る前から住んでいる大先輩


地域の方にずっと見守られて生きている幸せな猫


あなたも一生懸命生きていますね








AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

もうーすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

14 ■無題

今はただ、後藤さんの魂が安らかな眠りについていることを祈ります。
悲しくてなりません。

13 ■無題

後藤健二さんのご冥福をお祈り致します。
あなたの流した涙が遠いシリアの大地に
染み込み、やがて小さな草木の
花を咲かせますように
あなたが流した血は
人々の心に平和の花を咲かせますように
深い闇が支配するシリアの土で、
子供たちの心に届きますように
あなたが最期に見た空は
間違いなく日本に繋がり
私達は明日へと
正しい道を歩みます。
あなたを忘れません。

12 ■追伸

後藤さん、湯川さんは、あくまでISILが「処刑した」と宣言しているだけで
実際には、「刑に処される」ようなことはしていない。
それなのに、卑怯なテロリストたちに殺害されてしまいました。

すみません、もーすさんのお言葉遣いに対してつっこむつもりでなく、
ただ、一部のニュースが「イスラム国」が正統な国家であるように
報道しているような気がして、ちょっと気になりまして。
どんな主義主張があるにせよ、市民や記者を虐殺して
テロリズムを推奨するような組織を「国家」を名乗るなんて・・・

11 ■はじめまして

いつもブログ拝見してます。

今回は本当に悲しい結果になってしまいましたね。
「自己責任」という便利な言葉で人質を見捨てるような世論も
本当に残念でがっかりしました。
3.11の時と同じ・・・。
原発利益が欲しくて誘致したのだから福島の方々の自業自得だとか。
立ち入り禁止区域に入るボランティアは自己責任なのだから、
放射能で周りに迷惑をかけるなとか。
自分さえ安全なら、他者の痛みに無関心な人が多いこと…

と言いつつ、私も人のことは言えないです。
震災直後は募金したり、被災地のために
自分が何をできるか考えていたのに、
最近は、平穏な日常の中で、海外の紛争も、東北も、
自分とは別世界の出来事のような気がしてしまっていました。
誰かがなんとかしてくれるだろう、
じゃダメなんですよね。
自分で考えて行動しないと。

後藤さんの御霊が安らかでありますよう願っています。
どうか後藤さんが今まで伝えてきたことが
「一粒の麦」のように実る時が来ますように。

10 ■無題

いつも楽しく読ませていただいてます。
もしかしたら後藤さんは生きているかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=6qAwesxQUek
http://ameblo.jp/0405ryu-i-s3017/

9 ■無題

本当に残念です。
後藤さんを亡くすという事はイスラム国の子供たちにとっても大きな損失なのではないでしょうか。
後藤さんが取材した国の子供たちが後藤さんを覚えていてくれたらいいなと思うし、私も後藤さんの尊い取材を忘れずにいたいと思います。
こんな事がこれ以上起こりませんように。
亡くなられた事は凄く悔しいけど、後藤さんのご冥福を心よりお祈り致します。

8 ■無題

余りの悲しさにニュースをしっかりと見られない私が居ました。でも、自分にこういうことは誠心誠意を持って、記憶に残さなければいけないのだ、無理やり まともに向き合おうと必死で画面を見ていました。
ジャーナリストと言う過酷なお仕事、私たちに真実を伝えてくださる方々に頭が下がります。
自分がきっと死ぬと分かっていても、突き進んでいくのですね。伝えることを使命と思い、、。
あなたへもですよ、もうーすさん。
いつもありがとうございます。

7 ■快晴でしたね

福島で同じ事を思っていました。
悲しいくらいに綺麗な青空だなと。
そして、風は怒っていると。

6 ■無題

無関心なのが一番の悪・・・
そんな言葉が今、頭の中を駆け巡っている
かと言って自分に何ができる?
何を発信できる?
悶々としています

5 ■無題

本当に、無事に帰ってきて欲しかったです・・・この状況で初めて知った方でしたが、大変立派なお仕事をされてきたと・・・ろくに知らないのに、ものすごく悲しいです。

4 ■無題

ジャーナリストが事実を発信しなかったら、
市井の人は、何から情報を得るのでしようか。
誰も分からない事をジャーナリストが、世に伝えなければ、真実を覆い隠す事は簡単になるでしょうね。

「自己責任」と言う言葉は、自己が自己に問う為にあるように思います。
子供ではない、物を考えられる大人が、深い事情の分からない他者に使う言葉ではないと思います。
まして、真実を世に発信する為に、現場にいるジャーナリストに、情報を得ている者が言うのは
どうかと思います。

名誉欲や金銭で、命がけの現場にいる事は出来ないでしょう。
ジャーナリストの使命感がなくては、出来ない事と思います。
使命感で、情報を発信し続けシャッターをきり続ける彼等彼女等に、「自己責任」とさえ言えば、
自分には何の責任もなく関係ないと思えるのは、情報を得ている側としては、恐ろしい事だと思います。
彼等彼女たちが何の為に、真実を発信し続けるのかを考えるのが、情報を受け取った者の役目だと思います。

ここでこんな事が起きているんだよと言う、命をかけた叫びを見て聞いて、自分の頭で考えなくてはと思います。


3 ■無題

とても悲しい結末になってしまいました。
無事に後藤さんが帰国できることを
祈っていたけれど
それはもうかなわぬことになってしまいました。
突き抜けるような青空が中東の国にもつながっていると思い、私たちの気持ちも
イスラム国へ届くといいのだけれど。

ご冥福をお祈りします。

2 ■無題

ヨーロッパなどでは 人質となっていた人が
解放され無事祖国へ帰ってくると
よかった と拍手で迎えられると聞きました

日本はさんざん非難されますよね

自国民の無事を喜べないなんて
冷たい さみしい人ですよね

後藤さん お子さんのことが
どんなに心残りだったでしょう

心からご冥福をお祈りします

1 ■無題

残念です。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。