2013-04-28 12:27:30

奇跡

テーマ:福島


奇跡ってあるのですね


偶然が重なり それが奇跡になる




そう思うと


今 いたるところで奇跡は起こっているのですね







ガガ と名づけられた牛


さまざまな障害を乗り越えて


生き残った牛 ガガ









ガガ がいたところは希望の牧場近くの牛舎


そこはメスならば乳牛となる ホルスタイン種のオス牛の牛舎でした




当然オス牛は搾乳も出来ませんので お肉になる運命


ガガは肉牛として出荷されるのを待っている牛でした





うちのとらまる

2011年5月1日 S牧場牛舎にて





しかし東日本大震災が起き


福島第一原発が爆発


飼い主は世話をしに行くこともできずに放置されることになります




私が初めてガガに会ったのは 2011年4月9日


もうすぐ震災から1ヶ月が経とうとしていました



飼い主さんがありったけの餌を置いたものもすでに食べつくし


水もない中 何とか生きていたガガたち


私が牛舎を訪れた時には すでに3分の1が死んでいた頃でした












うちのとらまる

同じく5月1日 S牧場牛舎にて




誰かによって柵を開放され


外に出ることは出来ましたが 


それでも訪れるたびに数が減っていく牛たち


そんな中で ガガはなんとか生き延びていたのでしょう




同じ頃 この牛舎の近くにあるM牧場の牛たちが


停電した電気柵を抜け いたるところに集団で生きていました


きっとガガはこの集団に紛れ込み 


一緒に生きていたのだと思われます



牛舎近くに残ったものはすべて死に


ガガと一緒にM牧場の牛たちと合流した数頭は (3頭は確認)


その後 吉沢代表が希望の牧場として飼養を再開するまで生き延びたのです




しかし 希望の牧場の牛たちは黒毛和牛で数も圧倒しています


種類の違うホルスタインたちは どうしても食い負けしてしまうのです


人間が気にかけてやりたくても 数人での牛の世話は限界があります




ガガの仲間だった牛たちは やがて事故も含めすべて死んでしまい


ガガは独りぼっちになりました













うちのとらまる

2011年7月17日 希望の牧場にて







そうして運良く (もちろんガガが必死で生きてきたのでしょうけど) 生き残ったガガ


「彼」 は頑張りました




吉沢代表は そういう苦労をしてきたガガを大事にしておられ


ガガも吉沢代表を本当に慕っています











うちのとらまる



うちのとらまる






うちのとらまる




うちのとらまる







うちのとらまる



ガガは生きています


絶望的な窮地を脱し生き残ったのです






ところで


私には常々疑問があって


昨日牧場を訪問したときに吉沢代表に思い切って聞いてみました



オスなのに 何故に ガガ?


吉沢代表の答えに私は驚きました


「ガガはメスだよ」


そんな馬鹿な あそこの牛たちはすべてオスのはず


メスならば乳牛じゃないですか との私の問いに


吉沢代表は丁寧に説明してくださいました



異性双子の場合 


メスの方は繁殖能力がなくなることが多いので


オス牛として扱われたのだろう と



(調べたらガガのような牛はフリーマーチンと云うそうです)





そうか


繁殖能力がないとなると妊娠がない


イコールお乳も出ないということか


そうだったのか



数奇な運命を経て生き残ってきたガガ


「彼女」 は吉沢代表のおかげで命を繋いでいます


そしてもちろん応援するサポーターの方々のおかげで生き残っているのです













うちのとらまる




2013年4月27日現在 ガガは生きています


ガガは自分の手で幸せを掴みました















もうーすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。