2011-04-13 11:26:15

出会った犬たち その1

テーマ:福島


私が初めて20km圏内に入ったときのものです


その時は捕獲する術もなかったので


出会った犬に


餌と水を与えるので精一杯でした




今も


街の何処かをさまよっているのか心配です


無事にボランティアさんに保護されていれば良いのですが






みんな 


何とか生き延びて!


生きていれば きっと チャンスが来るから









うちのとらまる



信号のある交差点にいた子


人懐っこかった


耳が寝ているでしょ?






うちのとらまる


自宅につながれていた子


飼い主さんは餌をあげているようでした


もちろんそれにプラスして餌も水も置いてきましたよ








うちのとらまる



放し飼いのコーギー


しかし自宅の敷地内から離れません







うちのとらまる


放浪していた子


餌と水をやりましたが


お腹が膨れているのか食べませんでした


かわりに菓子パンをやると


そこそこ食べましたよ








うちのとらまる


津波で被害を受けた国道6号線にいた子


泥が渇き 砂埃舞い上がる 路上を


トボトボと歩いていました


喉が乾いてお腹が減っていたようで


水も餌もしっかり食べました








うちのとらまる


家につながれていた子


トラクターの下に もう1匹います


飼い主さんが餌をやっていた形跡がありますが


もう餌は残っていませんでした


たっぷり餌も水も置いてきましたよ








うちのとらまる


国道6号線より海側の家にいた子


家はかろうじて残っていましたが


地面は泥が乾いた状態


飼い主さんは面倒見ていたと思います











話は変わりますが


以前の記事で少し触れました


つらい出来事


その話をさせてください



最近になってようやく少し情報が出てまいりましたが


家畜たちのことです


人づてに 飼い主さんや行政に見捨てられた


牛や馬がいるということは聞いてました


今回 私一人ボランティアさんより早く入ったので


牛がいるところを訪ねてみました





道路から数十メートル入ったところに牛舎はありました


もちろんそこは20km圏内です


静かで不気味な雰囲気を感じながら歩を進めていきますと


私の足音を察知したのか


牛たちがいっせいに鳴き始めたのです


牛舎に辿り着き


中を覗いてみると


そこは地獄でした


約40頭いた牛の10頭ほどはすでに息絶え


残った子たちもやせ細り


しきりに私に向かって鳴くのです


これほど私は無力感を感じたことはありません


私が動けば 


柵の中ではあるけど後を追うようについてくる牛たち




私は ごめんよ ごめんよと


謝りながら写真を撮りました


その次に


怒りが沸いてきて


チキショー チキショーと


呟きながら写真を撮りました


この怒りは


私を含めた人間に対してのものです




大昔から生き物は 他の生き物を狩り または飼育して生きてきました


私は肉が大好きですし それを否定するものではありません


しかし


最近の人間の行動はどうなのか


口蹄疫 鳥インフルエンザ


何百頭 何万羽 という生き物を


いとも簡単に処分してしまう


そうするしかしょうがないにしても


あまりにも命というものを軽んじているのではないでしょうか





その極みが


ここです


飼育されている飼い主さんは


好きで放置しているわけではないのです


放射能で汚染された牛たちを


生かしておいても お金を生むわけではありません


たとえ汚染されていなくても 風評被害で出荷できないでしょう


そうなると


飼い主さんにとって助けるということは到底無理なことなのです


誰が飼い主さんを責める事ができましょう


ボランティアが救出するにしても


大量の牛や馬を運ぶ手段など持っていません


しかも 弱っている子達は 移動に耐えられず死んでしまう場合が多いそうです


私が見た牛たちは ここで餓死するしかないのです


死に方で一番苦しいといわれる餓死


彼らは訳も分からず


糞尿にまみれ


仲間の死体を見ながら


ここで死んでいくのです


ここが


地獄でなくて


どこが地獄なのでしょう



それならば



いっそ安楽死させてやりたいと思いました


しかし


持ち主の許可


安楽死が行える獣医さんに 


はたして立ち入り制限地区に入ってもらえるのか


問題は一杯あります



私にできることは


写真を撮り 今起こっている現実を


知らない 知らされていない方々に発信すること


それしかできないのです




今回写真は掲載しません


なぜかといいますと 今週のフライデーに一部写真を使って頂けたからです


その発売より前に写真を出すわけには行かないのです


金曜日が来たら


悲しい 辛い 写真になりますが


皆さんに見ていただきたいです


そして


撮影をした その翌日のお話も書きたいと思います





ちくしょう


ちくしょう



畜生は 私たち人間だ










AD
いいね!した人  |  コメント(86)  |  リブログ(0)

もうーすさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

86 ■悲しいです・・・

珊瑚さんのブログからきました。
こんな死に方、ひどすぎます(>_<)

85 ■無題

リンクさせていただきます。
一人でも多くの方に知って欲しいから

目なんか背けてる場合じゃない
そう思いました。

84 ■現状を

伝えていただき本当にありがとうございます。
ただただ辛いです。
人間は酷い生き物。自分がいちばんで、動物は都合のいいときにだけつかう物。許せない、悔しい、

83 ■家畜も、ペットも、放置され、つながれたままま、死んでいく

この事実を、この二日で知り、特に、室内外のペットの餓死、共食いに至っては、人間の犯罪です。

虐待以上のものです。

もうーすさんのように、現地の悲惨な状況を国民が知らなければ、犯罪行為は、闇に葬られてしまいます。

人間優先が第一は、わかっていますが、さりとて、無為無策により、生きている動物を虐待の環境に置いていいことには、ならない。

事実、真実を知ってこそ、国民も自らね判断することが出来る。

何も、惨たらしい映像、醜い映像、事件が、方座右完成で知らされないなら、言論の自由、国民の知る権利は、守られない。

後世に、今回の反省が生かされない。

無駄に惨たらしく死んでいった動物たちの事実を闇に葬らないでほしい。

82 ■無題

感謝します。
ありがとうございます。
一匹でも一頭でも多く。
人間が悪い…
動物達に罪はありません。
みんなごめんね。
ごめんね。

81 ■無題

助けたい!

80 ■無題

現状を伝えてくれて
ありがとうございます。

こういう時ほんとに、
人間って‥と思います。
体に気をつけて下さい。
何も出来ませんが、
応援しています。

79 ■無題

はじめてコメントします。
衝撃を受けました。
聞いてはいたけれど、悲しく残酷。
声を上げなくては、もっと大きな。

現状を知らせてくださり、ありがとうございます。
リンクさせていただきます。

78 ■無題

もぅーすさん、フライデーの記事 最後までしっかり目をそらさずに読みました。
絶望と怒りで涙が止まりませんでした。
これが日本の現実なのかと・・・
環境省が声高に謳っている「動物の愛護と適切な管理」は体裁だけのものと改めて思いました。
原発被災地の置き去り動物達は人災による犠牲者です。
この動物達の無念の死を決して無駄にしてはいけません。

77 ■もうすでに情報が出ていたらすみません

MSN ペットサーチ(以下転載)

http://eastjapaneq.jp.msn.com/petsearch
MSN ペットサーチは、東日本大震災で被災したペット(イヌ、ネコ)の写真・情報を掲載しています。震災によりペットと離れ離れになった飼い主は、写真や情報を元に飼っていたペットを探し、見つけた場合には記載の連絡先までご連絡ください。
また、飼い主を失った、あるいは飼うことができないペットについては新しい飼い主を募集します。これを機会に保護されたイヌ、ネコをあなたの新しい家族として迎えるということを考えてみませんか?

76 ■ありがとうございます。

これが現実。
何でも人間が優先されるのはわかりますが・・・。

75 ■山に登ろう

もう~すさん

偉い反響ですね。
動物の命、人間の命、今回の災害の悲惨さ
いろいろと考えさせられます。
ただなんでしょう。私を含めブログ読者が日々を過ごしたその後の事。このブログで感じた気持ちがどんな形で残ってくのかな~、なんて。
真摯に絶対に忘れずに生きていこうと自分自身を信じるのみです。

74 ■どうか現実を知らせてください。

牛舎の写真を撮るとき、
本当にお辛い気持ちだったと思います。
私は読んでいて想像しただけで
涙が溢れました。

心の中で私も「ごめんねごめんね」と
叫んでいます。
無力を感じます。。。(涙)

73 ■どうか現実を知らせてください。

牛舎の写真を撮るとき、
本当にお辛い気持ちだったと思います。
私は読んでいて想像しただけで
涙が溢れました。

心の中で私も「ごめんねごめんね」と
叫んでいます。
無力を感じます。。。(涙)

72 ■無題

これから瓦礫の撤去など人力で行わなければならない事がたくさんあるはずです。
食肉にならなくても牛や馬はきっと物資や瓦礫の運搬などで役に立ってくれるはずです。餌も山の手につれていけば雑草も食べてくれそうだし。
歩ける仔たちだけでも連れ出せないかとやきもきして書き込んでしまいました。すみません。

71 ■ありがとう

今回の震災で、いてもたってもいられない人は多くいると思います。でもどうしたら、どうしたらいいんだろう、って思っている人も多くいることを知っています。

もうーすさん、行ってくれてありがとう。私たちに辛い現実を教えてくれてありがとう。
涙が絶えず、心がとても痛みました。。。

辛くても、悲しくても私たちは、知らなければなりません。
知ることによって、何か私たちに出来ることが、きと、あると信じます。
直接のお手伝いは出来ませんが、私の周りから不幸な動物を無くすにはどうしたらよいかを強く考えさせられました。

とらまるにあふれる愛情をそそぐもうーすさんのでっかさが、さらに身にしみました。
辛い辛い現実ですが、ずっとずっと、応援してます!

70 ■フライデー

見ました。
写真越しでさえ、あの馬の瞳が離れません。
現場にいたもう~すさんはどれほど辛かったかと
思うともういたたまれません。

もう~すさん。
現実を教えてくれてありがとうございました。
またひとつ知ることが出来ました。
感謝。

69 ■餓死も共食いもさせてはいけないです

もうーすさんの撮った写真が頭から離れません。
重ねて投稿してすみません。

今朝、犬猫救済の輪さんの記事が更新されていて、室内猫の生存率は10%くらいと・・
そして、餓死よりもっとかわいそうな「共食い」の犠牲になった猫さん達のの写真がアップされていました。

こんな死に方をさせていいはずがないです。
もうーすさんの「ちくしょう」という言葉が胸に痛いです。もうーすさんの写真と文章は人を動かします。
一人でも多くの人に、特に政府の人の目にとまるように願ってやみません。
もうーすさん、本当に言葉にならないくらい感謝しています。

68 ■フライデー読みました

こちらのブログ見てすぐフライデー買いにいきました。
今まで人の心配ばかりしていましたが、家畜がまさに地獄餓鬼畜生の悲惨な状態になっていることに非常にショックを受けました。
私は遠く離れた県外にいるので原発による避難の実感はなかったのですが、はじめて原発の避難の重大さが分かりました。
もう一度自分たちが何ができるか考え動きたいと思います。まずは家族、そして周りの人に伝えていきます。

67 ■被災地の被爆動物について

はじめての投稿です。
フライデー買ってきました。
言葉もありません。

売り上げにならない産業動物達を生かせ、だなんて綺麗事は言えません。
でも、畜産主さんが何もできないなら安楽死…と切に願います。脱水と餓死は一番つらいです。
こればかりは行政が動いてくれないと、ですよね…。

さて、皆さんがいろいろ書かれていますが、
被爆した動物の取り扱いは、きちんとした手順を踏めば問題ないということで…
日本獣医師会のHPから(PDFファイルです)
https://seo.lin.gr.jp/nichiju/suf/topics/2011/20110404_02.pdf
今後、保護したい方もいらっしゃるかもしれません。とても参考になると思います。

66 ■打ちのめされました

この記事を読んで、打ちのめされた気分になりました。
仕事中の休憩がてら読んでいて、その後しばらく仕事が手に着かず・・・。

でも、凹んでてもなんにもならないんですよね。
これは疑いようのない現実。目をそらしてはいけない。

泣くのがいやなら、さあ歩け(水戸黄門の歌)。
とっくに歩きだしている被災地の方々がいるのだから、
自分も前へ、前へ・・・!

65 ■感染?

「わーい、福島県人だー!逃げろ~」
「わー、原発犬たー!逃げろー!」

根拠ありません

今回、原発近くで個体が浴びた放射能はごく微量です
ヨウ素は半減期8日
セシウムは短期間で尿として排出されます

排出された尿からの放射性物質はさらに微量で、二次被曝は、考える必要がないほどです。
現在の動物達のスクリーニング数値は、除染が必要ないほど低いものです

64 ■Animal Finder

本当に胸が締め付けられる思いです。
動物については google の animal finder に登録されては如何でしょうか。現状、各種団体がばらばらに活動されているようなので。

63 ■助けたい!!

もうーすさんが伝えてくださった状況ににがあふれます。

横浜アニマルファミリーさんが呼びかけをしています。
環境大臣に被災地立ち入り禁止区域動物に国としての救助をお願いされています。
一人でも多くの方に、協力していただきたいとのことです。
私も環境省にメールしました。

http://www.animal-family.org/index.php?itemid=1368

62 ■無題

ここは、いったいどうなるのでしょう。
うすうす想像はしていましたが、恐ろしい事実に涙が止まりません。

61 ■この現場に

まずはもうーすさん、

いつもありがとうございますですが、

更に更にありがとうございます。

動画よりスチールのパワーの大きさに今更ながら気づかされています。

相当な勇気と信念と熱い思いがないと行けない、
もとい行かない現場です。

ボランティアさんも同じ。
「動物の救助に来ました。」

というと避難地域圏内もスルーなのだそうですね。
(知人も犬や馬を救助されてます)

ものすごい覚悟と強さと優しさです。

牛さんたち、
牛さん達はもちろん辛い、
けど多分一番辛いのは飼い主さんですよね。

気づきのチャンスをありがとうございます。

牛や犬や猫や自然界に恥ずかしくないよう、
しっかり大脳使って生きていきたいです。

ありがとうございます。

60 ■.

初めまして。
ランキングがあがっていたのでお邪魔しました。
私が目に出来ない現実を見る事が出来良かった半面、
やっぱり悲しくてたまらないです…
でも保護は出来なくてもえさと水を与えると言う行動は
凄く素晴らしい事だと思います。
本当は私も現地に行きたいし、出来ることなら
皆保護したいです…
でも寄付をするしか出来ません…でもその寄付でも
これからも続けていきたいと思っています。
この写真とこのブログとこの記事を書いて下さった事に感謝します。

59 ■救うことができるのも人間です

はじめまして。ブログを拝見させていただき大変ショックを受けました。
共感を持たれた皆様のコメントにも“泣いてしまった”と多数書き込まれていて…
これは「悲しみ」とは違う『くやし涙』なんだ!と思い至りコメントをさせていただきます。

表現が飛躍しますが福島原発の事故当時と同じこと(対処)が起きているのだと思います。(日本政府は海外の救援を断っていました)

土地や植物などは動けませんがもうーすさんが紹介してくださった家畜・犬と猫は居場所と世話をしてくださる人手があればどんなに遠い場所でも問題ないと思うんです。
日本国内だけで何とかしようとするのではなく(大袈裟に言えば政府から海外に要請して欲しいところです)
<財力のある方><人脈のある方><権力のある方><情報を多方面に発信できる方>に動いてもらわないと家畜たち、犬・猫たちまを救う力があっても、その力に気付いていない方たちがいるはず
一般の私たちには“S・O・S”という情報を発信する事しかできないから
だから今、日本で起きているこの現実をなるべくたくさんの方に知ってもらいたいです。

58 ■Re:Re:>はしくれさん

>はしくれさん

まず、放射能は人に「感染」するものではありません。
日本動物高度医療センター(川崎市)の院長で、放射線科科長の夏堀雅宏獣医師は「一般的に、放射線に対する犬や猫の感受性は人と大きな差がないといわています。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/110407/trd11040718230016-n1.htm

よく考えていただきたいのですが
今回の原発被災地の住民避難に関しては
もちろん人間が優先ですので人間が最初に避難するのは言うまでもありません。
ただ、その後 もう1ヶ月以上も経過しています。
政府は残されている動物に関してはまったく口を閉ざしています。
置き去りにされた犬猫はほとんど避妊去勢などされていないようです。
このまま放置しているとどうなりますか?
犬は野犬化し、繁殖していきます
それこそ弱肉強食の世界です。
被爆された大型犬達が町をふらつき、それこそ
避難区域でない町へも放浪するでしょう
現場で保護活動を行っている団体、ボランティアさん達はそういった今よりもっと悲惨な状況をくいとめてくれることにも繋がっているのですよ

57 ■無題

もっとランキングが上がりますように!!

10.位以内に!せめて50位以内に、

残酷な現実を知る人が増え、波紋が広がりますように。

知人に見てポチットするよう口コミがんばります

56 ■無題

本当に畜生は人間ですね・・・
動物も人間も同じ大切な命なのに、どうしていつも犠牲になるのは弱い者達なのでしょうか。
現場入り、とても辛く大変と思います。
事実をお知らせ下さり有難うございます。
このように尊い命が失われていくこと、もっともっとたくさんの方に知ってもらい世の中変わっていかなければいけないですね。
特に動物に対してもっと優しい国になってほしい。

55 ■いいんじゃないですか?

救いたいと思う人は行動をおこせばいい。
救いたくないと思う人は放っておけばいい。
「感染」したくないと思う人は近づかなければいい。
自分の価値観をぶつけるなら、自分のところでやってください。
ただ、それだけのことです。

54 ■Re:>はしくれさん

>ちょびさん

私もくどいようですが。
動物と人間は肉体構造的に違うと思います。
そこを理解して、確かな安全を確認してから保護すべきです。安易な保護から新たな悲劇が生まれないと、あなたがたは断言できますか?

私は餌やりなどの現地での活動までにした方が良いと思います。

53 ■はじめまして

読ませ頂いて、涙が止まりませんでした。

テレビでは放映されない現状。
悲しすぎる。

微力ながらリンクを貼らせて頂きたいのですが、
よろしいでしょうか?

52 ■>はしくれさん

くどいようで申し訳ないですが、全てきちんと読んで理解してからにして下さいね。
あと、「感染」という言い方、この場合は不適切だと思いますし、あまりにも失礼に聞こえてしまいます。
tさんの言う通り、福島の方々にも同じ事を言うおつもりですか?
被爆してるから連れ帰るな、保護もしません、というのは、お金だけ集めて実際の活動はしてない、緊急…本部やその他の”やらない言い訳”でしかありません。
実際行動していない人は色々と勝手な事を言いますが(納得できる部分もあるとはいえ)、そうやって実際に動かれている方々の足を引っ張って、救いを求める沢山の命を死なせるような事がないようにと願います。

もうーすさん、またまた横レス、勝手にすみません。

51 ■無題」

餓死しつつある家畜の写真を撮り、フライデイに写真を掲載して、そして、いくばしかのお金をもらう。
これぞ、まさに、ヒューマニズムと動物愛護の精神の現れと、言える。

50 ■人間が畜生…ですね

人間のライフスタイルのために贅沢のために原発が稼働し、事故を起こし、「想定外」だと言い放つ電力会社???
人間は何の権利があってこの地球を我が物顔で支配しているんでしょうか?
無力感で一杯です。
動物たちの気持ちを思うと涙が止まりませんが、どうしようもできない無力感が自分が悔しいです。
「自粛しないように」というけれど、これからのライフスタイルを根本的に変えないといけないのではないでしょうか?
本当の豊かさとは何なのでしょうか?

49 ■被曝・・

被曝って感染するものなのでしょうか?
動物たちを被曝を原因にして連れ去るなと言うのなら、福島県の人にも感染するからと同じことを言うのでしょうか?

48 ■ありがとう

ありがとう。本当にありがとう。本当に辛い思いをさせてしまったけれど、私たちに今起きていることを知らせてくれてありがとう。
あなたがしてくれたこと、傷ついたこと、けして無駄にはしません。
死んでいく動物達へ私たち人間が知らずに犯してしまった罪を、私たちは背負っていかねばなりません。
一人で苦しまないで。思いは同じです。
My thought is always with you.

47 ■ごめんね。。。

切ない。。。
彼らの目が、思いが。。。

それでも尚、人間を信じているって。。。
胸が詰まりました。

46 ■無題

FUKUSHIMA6うちの姉妹犬の飼い主さん
見つかってよかったですね。
事情があり引き取れなくても
申し出てもらえるとほっとします。
愛されてたんだなぁと。

ツイッターを見てたら山路さんが牛に餌を届けてくれるそうで、
この人は本当に力のある人なのだと思いました。
猫のハナちゃんやトラちゃんに夢中なのは思わず吹いちゃいましたが、
尊敬してしまいますね。
もうーすさんもですよ。

45 ■無題

初めまして。
ぷるーん様の記事を拝見して微力ですが転載させて頂きました。
多くの方々にこの現状を知って頂き一日も早くこの子達が助けられることを願いたいです。

44 ■無題

現実を知りたい方に知ってもらいたいのでリンクさせてくださいね。

43 ■牛さんの餌

はじめまして。
山路徹さんが牛の餌を手に入れたとツイッターに上がってました。また他で牛の保護もあるようです。http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=japandisasteranimals&articleId=10861025320&frm_src=article_articleList&guid=ON

飼い主はどうお考えなんでしょうか?
望みがあるならば一番惨い餓死を選択させなくても良いのでは無いでしょうか。。
国からの補償の問題とか考えると望みを託す事も出来ないのでしょうか。。

どうぶつたちも苦しいと涙流します。
助けられるのは我々人間だけなのに。。

42 ■はじめまして

辛いです!
涙が出てとまりません。
何とかしてあげたくても出来ない自分がもどかしい~。
動物達ごめんね!!
良かったらリンクさせてください!

41 ■無題

この取り残された牛たちの映像は見ました。海外でも厳しく非難されています。
原発周辺の動物達に目を背け避難も救出もしない行政、置き去りにした農家
自分が牧場農家だったら何が牛たちにとって一番幸せなのか
考えてしまいます。やっぱり出来る限りの苦痛を与えたくはない。飼い主もこの震災の被害者、でもせめて、避難が長期化になるとわかれば、一度現場に戻り、牛たちを自由にしてほしかったです。
家畜に対して「感謝」の気持ちを持っていても生き殺しです。自由を奪われ力を振り絞って水のレバーをなめ続ける牛。
餓死した母親から離れない子牛
報道で見かけた道路を歩く牛たちとは暗雲の差です。この牛たちのおかげで生活ができのだから、酪農家はせめて最後くらいは自由にしてあげてほしいです。

40 ■無題

ある方のブログから来ました。

10日程前電車に乗っている時、前に座っている
おじさんが読んでいたスポーツ新聞にこの記事が出ていました。
本当に苦しくて胸が抉られる悲しみに嗚咽しました。
心の中で何度もごめんなさいと繰り返し…
牛も犬も猫も鳥もみんな生きているのに。
人間は勝手すぎますよね。

39 ■記事を紹介させてください。

初めまして。
動物達の現実を知り、悲しさ、無力さで一杯です。
そして怒りさえ覚えました。
自分に、人間の傲慢さに・・・

そして改めて、ボランティアさんの行動に頭が下がり、感謝で一杯です。
私にできることは微々たるに過ぎませんが
こちらの記事を私のブログでご紹介させてください。

どうぞ、よろしくお願い致します。

こんな私ですが、

38 ■無題

悪夢であってほしいような体験、まるでその場にいるようなリアルさで伝わってきました。
酷すぎる牛たちの地獄とそれを目の当たりにしてしまったもうーすさんの地獄が見えました。
心身ともに、大丈夫ですか。
写真を公表することしかできないと書いていらっしゃいますが、「フライデー」に載るなんて、すごい影響力だと思います。
ネットを見ない世代にも届くと思うし、ときに世を動かす事もある雑誌でこの事実が公開されるのはもうーすさんのおかげです。
ただ、最前線で色々見ている方が、心労でダウンする話なども目にしますのでどうぞお体をいたわって下さい。(出来る範囲で)

37 ■無題

先日知人ボランティアさんが現地入りした時もなぜか
もうーすさんの写真みたいな雑種や中型、大型犬ばかりだったそうです。

今回の地震がもたらしたものは人に対しても生き物に対しても大きすぎて厳しい現実に胸が苦しいです。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。