アスペルガー・発達障害アズ直子

アズ直子(経営者・著者)
ADD(注意欠陥障害)の傾向が強いアスペルガー症候群。生活術と仕事術をお伝えします。

公式サイトを移転しました。最新情報はこちらからご覧ください。

asnaoko.com

テーマ:

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。


「あなたがアスペルガーなら、ありがとうと言っておけ」という話。


2016年8月5日、

群馬県館林市の館林高等特別支援学校で、

講演をさせていただきました。


この日のご依頼は面白く、


午前中は、保育園や小学校など、

比較的年齢層の低い子どもたちを担当する先生方へのお話を。


そして午後は高校生を担当している先生方へのお話。


2本立てというパターンも珍しいのですが、

対象を変えて話分けるという経験が面白かったです。


いままでも、当然講演会の趣旨によって毎回内容は変えていますが、

1日のうちに2パターンは、

違いがはっきりと私も意識できて興味深かった。


年頃によって困っていることが、

当事者も周囲で支える家族や先生も全く違ってくるのです。


そしてスライドは全く変えずに話分けます。


私が何を話したいかよりも、

相手が誰か、これが大事なのです。


さて、人前でたくさんの話をしてきましたが、


学校でお話をする場合、

実はこれまで仕事の話はあまりせずにきました。


本を書いたときやテレビ出演したときにもそう感じたのですが、

仕事の話をすると、自営業ということもあり、

どうしてもお金のにおいがします。


大切なことなのに、

それがあまりいいことではないというムードがあることが、

日本の特徴だと思っています、


そして、学校に通う年頃の子どもや親をターゲットにすれば、

目下困っていることは、学校生活の中で起こることなので、

ご商売での現場の知恵はあまりニーズがありません。



ところが、こちらの高等特別支援学校では、

お仕事の話をとても喜んでいただくことができました。


ひとつは、会場に来てくださっていたのが圧倒的に先生方が多く、

そして忙しくてたまらない、

たくさんのことをこなさなくてはいけない、

過酷なお仕事の現場での悩みもあるということを、

事前に知らせていただいていたから。


生徒さんたちのためのことと合わせて、

先生方の気持ちが楽になるような話をしようと思いました。


地域での就職を控えている子どもがいるこということも、

お仕事の話が役立つということで、私にはとても励みになりました。


主にお伝えをしたのは、

一度にいくつものことをやろうとするマルチタスクは、

子どもにとってだけではなく、

先生方にとっても苦しいことなのではないかということ。


本当なら、勉強を教えることに専念したいのではないか、

まるで人を育てる教育業ではなく、

サービス業のようになってはいないかという話。


そして、自分についても他人についても、

あまりにも個性や心情を考えすぎると、

どうにもうまくいかないことが多いのではないか。


ルールはルールだから守る。

それだけの方がシンプルで効率がよい。


先生、しっかり指示を出してあげてくださいとお話しました。


例えば、「人間関係で困らないよう、ありがとうと言っておきなさい。」など。


腹の中で何を考えていても、

「ありがとう」と言っておけば、その場で人間関係が破綻することはない。


腹が立つようなときは、

誤解や行き違いであること、その場の激情であることも多いのだから、


「ありがとう」と言っておけば、

自分にも誤解を解いたり、落ち着いたりする猶予を与えられるという話。


もしも職場で、何があったとしても、

怒り狂って手でも出せば、

そこには二度といられない、いられたとしても腫れ物を扱うようにされ、

いずれは去っていくことになる。


それを嫌というほど経験してきたので、

これから社会に出る人には心からそう教えたいのです。


自分の立場や生活を守るために、

「とりあえず、ありがとうと言っておけ」と。


仕事をしているときは、本当の気持ちなんてどうだっていい。

まずはそのお仕事、できるようになることが大事です。


まして、空気の読めないアスペルガーなら、

はじめはたくさん迷惑をかけるはず。


仕事に慣れて、貢献できるようになるまで、

だまって、コツコツ働くことが大事です。


もしもそこがブラック企業で過労死するのが心配でしょうか?

では客観的に家族や支援者が、

帰宅時間や休憩時間、仕事内容などを確認すればいい。


新人で、緊張して、混乱していて、疲れている本人に、

正しい判断なんてできるもんか。

どんなにいい会社や社長のことも、

くそみそにいう人をたくさん見てきました。


おそらく、傾聴なども学び、

私のようにハンディを持つ人たちに寄り添ってきた先生方ですから、

私がうれしくなるようにお話を聞くことも上手なのでしょう。


それでも、いつもはしない仕事の話を、

「本当に役に立つ」「うけていた」と言っていただけたことは、

とてもうれしいことだったのです。


ハンディがあるのに、不器用なのに、

がんばって、家族に支えられて幸せになれたアズ直子さん。


これは私が全然望まないキャラ設定ですが、

いつも求められるのはこの姿です。


ハンディがあるけれど、不器用だけれど、

家族をないがしろにしてまでがんばって、

立派な商売人になれたアズ直子さん。


こちらでいたいし、現実はこっちです。


次に本を書くときには仕事の話を書きたいです。

「アスペルガーだからできたシンプル確実な仕事術」


それを全国の学校で話します。

待っていてください。



(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー 

今月開催決定しました!
http://asnaoko.com/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。


AD
いいね!した人  |  リブログ(2)

テーマ:

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。


「もしもアスペルガーの私が、もう一度小学生に戻ったら」という話。


2016年の8月になりました。

この季節は毎年、夏休み企画の講演会が増えます。


福岡で500人規模の講演会がありますが、

人数の多い講演会では、

様々なコンディションの方の生きづらさと直面することになりますので、

なんとも説明しにくい、少し心が痛む状態になります。


本当にこんなにたくさん苦しんでいる人がいるんだなあと思うのです。

私もとても苦しいのですが、まるで他人事のようにそう思います。


本の中で、インターネットの中で、

困った困ったと多くの人が声をあげいるけれど、

本当にそういう日人が現実にここにいると、再認識するんですよね。


この現実感のなさも、

アスペルガーの人の気持ちがわからないという特徴の表れなのでしょうか。


道に迷って大混乱して、大幅に遅刻をしてたどり着く人。

カメラのシャッター音などにうるさそうにしている人。

大荷物で、だいたい最前列でそわそわしているのは多動がある人。

まだ話始める前から泣いちゃっているお母さん。


いろんな方がいますよね。


そして、サイン会のときなどに言葉を交わすチャンスがあると、

就学まもないお子さんが、

多動を鎮める薬を飲んでいる話など聞きます。


暴言や暴力が出ることもあり、

他の子に迷惑がかかるからそうせざるを得ないと。


私には大人になって、自分でなんとか逃げ場を探せるようになりましたが、

お子さんはそうはいかないですよね。


保健室の先生が読む専門誌に、

周りの人にしていただきたい気遣いを一生懸命書いていますが、

果たしてどこまで届くのか。


でも編集の方も、とても熱心に原稿を磨き上げてくださっています。


大人の私にも本当に楽になる突破口は見いだせていません。

大人としての知恵やお金を投入して、

なんとかやり過ごしているというのが現状です。


心療内科にいって、私も薬をもらっているけれど、

どうにもならない。


もしも私がもう一度小学生に戻ったら。

学校に行きたくないので絶対に戻りたくないのですが、

こんな風に過ごしたいです。


これは妄想なので、そのように読んでください。


基本的にみんなと一緒に勉強することは放棄。

通学や教室の環境に耐えられないので、

家でひとりで勉強したいです。


お母さんに見てもらえないなら、

人あしらいがうまい家庭教師がついてくれればいいです。


その家庭教師代は、高く感じるかもしれないけれど、

生きづらい大人になってかかる治療費や失敗の授業料のほうが、

はるかに高くつくと思います。


生活習慣を徹底的に整えます。


睡眠、食事、運動など。

テレビは見ない、ゲームもしない、スマフォもいらない。


運動は決まった散歩でいいです。

ひとりでずっと慣れた道を歩くのならなんとかできそうです。


ひとつなにか習い事、できればからだを動かす習い事をして、

それを大人になるまでずっとやりたいです。


それが好きなことにいずれなったらうれしいです。


将来お金がいるのなら、何か内職みたいなものを身につけたいです。

小学生のころからコツコツ貯めていたら、

少し社会に出る時間を猶予してもらえるかもしれない。


うまく話せるかなあ。


話せることは話せるのです。

アスペルガーでもうまくいく方法を、これまでもたくさん話してきたし、

それで喜んでくださった方もたくさんいます。


でもそれが、ご本人にとって幸せかどうかはわからない。

少なくとも私にはかなり努力が必要な方法です。


目の前に現れる小さなお子さんが、少しでも幸せになれる話をしよう。


とりとめのないこの頭を、

これから数日でまとめていくのです。


(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー 

今月開催決定しました!
http://asnaoko.com/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。


「人は1ヶ月で変われるから、夏休みの過ごし方を注意深く考えよう」という話。


もうすぐ夏休み。


心身過敏な私にとっては、暑さや冷房による寒さ、

電車の中が子どもでうるさくなるなど過ごしにくい季節ですが、


高校生だったある夏休みに、一夏毎日図書館で勉強をして、

ガタガタに落ちてしまった成績を回復できたという成功経験があり、


今年の夏休みをなんだか楽しみに待っているのです。


「1カ月で人って変われるんだな。」という実感は、

いまでも私の支えになっています。


・学力を取り戻した1ヶ月。

・旅に出た1ヶ月

・中国語を話せるようになった1ヶ月。

・健康を取りもどした1ヶ月。

・かたづけきった1ヶ月。


いろいろな1ヶ月がありましたが、

集中力が高く1点集中の私には、この1ヶ月のテーマを決めて、

そのことだけに取り組むと大きな成果になるようです。


普段は仕事や育児など様々な雑務がありますから、

なかなかこのようにはできない。


でもせっかくの夏休みですから一念発起してもよいかなという気持ちになりました。


どこかで決意して負荷をかけないと人は変われない。

それは確信があることです。


・健康を取りもどした1ヶ月。

・・・に以前取り組んだのは、


在宅仕事を長年続け、完全に自由時間、そして外に出なくてよい生活だったので、

生活リズムがめちゃくちゃに崩れ、


そして暴飲暴食とストレスがたたって胃潰瘍になり、

経営状態も悪化し、お金もなくなって、


介護のパートに出るために、がんばったものでした。


数年、朝起きてどこかに通うということから離れていたので、

起きれるか、身支度できるか、

そして介護という肉体労働に耐えられるか本当に不安だった。


夜は21時になったら全ての手をとめて必死で眠り、

朝は身支度のために5時に起き、

勤務中にトイレに行きたくならないよう排泄リズムも整え、

食事も倒れないように相当に気遣っていました。


介護の現場は本当に体を動かすことばかりで、

毎日8-14時の勤務で、万歩計はそれで2万歩を超えました。


でも2年、お勤めすることができたのです。

とても健康的になれました。


その経験があるので講演会などでは、

「過敏な心身をしている発達障害者は健康に気遣うよう、

それで必ず生きづらさが変わるとお話をしているのです。


昨年、一夏溜め込んだ冷房の冷えが引き金になって、

11月に顔面神経麻痺になりました。


そして最近では少し疲れてくると坐骨神経痛が出ます。


健康的な生活を送ることを大前提に、

何かに取り組んでみようと思います。



バッチフラワーレメディでの心のケアは、3週間1サイクルです。
家庭で簡単に取り組むことができます。


(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/bachspecial/

怒りや不安、パニックやトラウマなどのマイナス感情を、
言葉がけとフラワーエッセンスを使い、穏やかに鎮めることができます。
医薬品ではないため、副作用の心配もなく心のケアができます。

IMG_6006

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

セラピスト養成スクール、広尾88アカデミーのアズ直子です。


「葛藤はあるけれどドタキャンはやっぱり嫌だ」という話。


発達障害の関係者の方が多いと、

・ご本人そしてお子さんの急な体調不良

・予定をつめこみすぎて無理が出てきた

・申し込んだ時の熱意が冷めてしまった

・申し込んだことを忘れてしまった


そんな事情も理解できるのです。

そして私もそうした理由でこれまでドタキャンを何度もしたことがあります。


でも、多くの方に喜んでいただける催しを長く続けていきたいと思うと、

やはりドタキャンは痛手になります。


いただく参加費はなくてはならない運営資金になります。


お客様は「自分一人のこと」と思っていらしても、

それが10人にもなると、数万円の減収になることも。


もしも前もって欠席を知らせていただけたら、

キャンセル待ちを待っていた方に参加していただけます。

参加費のことだけではなく、誰かががっかりしている。


心をこめて準備した資料は捨てることになり(これも時には10人分以上)、


たくさんいらっしゃると思って頼んでおいたバイトの方も、

ひとり少なくてもよかったということにもなる。


本当に必要があって、参加を待ち望んでくださる方。

期日や時間をしっかり守って参加してくださる方。

いろいろな事情があるのは同じで、

様々な工夫をこらして、欠席のないようにしてきてくださる方。


・・・の方を優先します。


そういう方たちのために、長くしっかり会社運営をしていくために、

イベントは全て前金制。


お振込があった方からお席を確保することにしました。


あと嫌だったのは、私に憎しみの感情が生まれることなんですよね。

人ですから、「嫌だな」という気持ちは止められない。


申し込みだけしておいて、参加費は送金せず、

当日の気分で、参加するかしないか決めようと思っている方は、

大抵いらっしゃることがありません。


「次の機会」という言葉が出て、次に本当に会えることも稀です。


スタッフの間で「確信犯」というあだ名が飛び交うようになり、

ああ、これはよくないことだと思いました。


こちらの入金管理などの作業も増えますが、

それでも、手続きを踏んでくださる方と交流していきます。


本当に、当日まで参加できるかどうかわからない方は、

当日に空席がありましたらお申し込みの上お越しください。


お席を確保したい方は、お申し込みご送金の上、

来られるように万全にしていただき、

もしも参加できなくても、お席の確保代金と思って参加費をお支払いください。


これからもどうぞよろしくお願い致します。


(家庭でできる心のケア)

バッチフラワーレメディスペシャルセミナー
http://asnaoko.com/event/bachspecial20160726/



(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。


IMG_6006


アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

感情を動かすと人生が変わる。


マイナス感情をハーブエッセンスを飲んで消す。

英国式植物療法、バッチフラワーレメディスペシャルセミナー。



・お金を受け取るのに、心にブレーキがあるのを感じる。

・子どものころのトラウマが影響して動けない自分がいる。

・言いたいことが言えず、自分の人生を生きていない気がする。

・自信さえあればうまくいくことがいくつもある。

・キラキラしている人を見るとうらやましい。



こんな風に感じることはありませんか?



”バッチフラワーレメディ”は、

ドクター・バッチが開発完成した植物療法で、


37種のハーブと、ロンドン郊外で採取される特別な湧き水1種を使い、

感情に合わせて、ひとりひとりに合ったブレンドすることで、


マイナス感情を自然に鎮めて、

自分の本来の魅力や実力を発揮できるようにしてくれるものです。



・自分の仕事に自信を持ち、お金も感謝をしながら受け取ることができる。

・辛い経験も自分の糧にし、新しいことにチャレンジする勇気を持つことができる。

・人に流されることも振り回されることもなく、自分の意見を自然に伝えられる。

・いつも自信を持って、最高のパフォーマンスをすることができる。

・ワクワクしながら朝起きて、毎日が楽しくて仕方がない日々を送ることができる。



私自身が、人とうまくつきあうことができず、

人の目を見て話すことすらできない日々を過ごしてきました。


仕事も転々として、どんなにがんばっても人に喜んでもらうことができず、

自分も疲れるばかりで、仕事に生きがいを見出すことが長くできませんでした。


すがるような気持ちでセミナーをめぐり、

高い教材や、時には開運グッズを買い求め、

ますますどうしたらよいかわからなくなり、依存心を高めるだけの結果に陥っていました。


お金も時間もなく、そんな自分に自信を持てるはずもなく、

毎日、ため息ばかりつきながら過ごしていました。



大きなお金の問題や、身内の介護の問題が一度に起こり、

もうどうしてよいかわからないときに、


ふと手にしたアロマセラピーとハーブの専門誌で、

”バッチフラワーレメディ”のことを知り、


翌日には、有楽町のデパート内の専門店にまで買いにいって手に入れて、

お守りのように使い続けたのです。



すると不思議なくらいに、


こだわり、甘え、怒り、悲しみがひとつひとつ消え、

混乱しきった心は落ち着き、



気力を取り戻して過ごすことがだんだんとできるようになりました。


すると不思議なことに、


家族や知人、友人関係、仕事の人間関係まで、

傷つけあってばかりだったものが、


応援してくれる人があとからあとから現れ、



いま仕事も独立起業という形で成功させることができ、


一人娘も健やかに育ち、希望の進路を進むことができ、


以前より物質的も豊かになり、


様々なことを楽しみながら、



大きなステージに立たせていただくことができるようになったのです。




夢中になって”バッチフラワーレメディ”について学び知ったことは、


感情さえ整えば、人生がこんなにも楽しい幸せなものに即変わるということ。



これは第一次世界大戦という過酷な時代に活躍した、

エドワード・バッチ博士という医師によって開発されたもので、


イギリス、フランス、アメリカなどで、

本当にたくさんのファンを持つ、信頼高い療法であるということです。



心身を知り尽くした医師が、長年の研究によって、

感情のケアを最も重視するべきと考えたもので、


薬ではないので副作用も依存性もなく、

英国ではどんな小さな薬局や売店にも置かれ、

世界60カ国に輸出され愛用されているものです。


イギリス王室との関わりも深く、

王族が愛用している姿が取材された記事もあります。



日本で発売されて20年目になりますが、そのうち15年間、

輸入実務から、主に有名販売店でのスタッフ教育や、

教材の開発に関わってきた、


私のライフワークと言えるものなのです。



はじめて”バッチフラワーレメディ”を知ってから15年の経験を生かし、

どなたにもわかりやすく、そしてすぐに使えるようにお伝えするのが、

スペシャルセミナーの役割です。


このセミナーで人生が変わったと喜んでくださる方が、

どんどん増えていることが、いまの私にとっての一番大きな喜びなのです。




~スペシャルセミナーではこんなことが学べます~



・人に備わっている感情の種類が学べます。


・自分の抱えているマイナス感情を見える化する方法がわかります。


・マイナス感情を消してくれる植物の種類がわかります。


・問題解決を阻んでいるマイナス感情の発見方法を学べます。


・専門的な用具を使い、バッチフラワーレメディで実際にマイナス感情を消す実技を学べます。





~スペシャルセミナーではこんな変化が起こります~


・もやもやと説明のつかなかった気持ちがすっきり理解できます。


・他人に伝えられなかったマイナス感情をわかりやすく説明できるようになります。


バッチフラワーレメディを使いすぐにその場で気持ちを落ち着けることができます。


・核となっているマイナス感情を発見し、重荷を降ろしたように気持ちが楽になります。


・専門知識の持ち主として自信がつき、好奇心がわきます。




~このスペシャルセミナーを受けるメリット~


・バッチフラワーレメディを使いたい放題、好きなだけ試すことができます。


・専門家や長年学ぶベテラン講師のアドバイスをその場で受けられます。


・その場で、書籍や商品を特別卸売価格で購入することができます。


・心が優しく、向上心のある仲間を見つけることができます。


・セラピストとして仕事をするアドバイスを専門家から受けることもできます。






(日時)


下記のフォームよりお申し込み下さい。

昼の部と夜の部の内容は同じです。

都合のよい日程と時間帯を選んでください。



(参加費)

3,000円(税込)

3週間使えるオリジナルボトル1本付


(会場)


恵比寿駅徒歩10分・広尾駅4分


”広尾88アカデミー” 


〒1500012

渋谷区広尾5丁目21-5

ライツェント広尾200(2F・公園側入口)

電話)03-6447-7538 



(持ち物) 筆記用具



ーーーーーーーーーーー


(お申し込みはこちらから)


https://goo.gl/9X0v1R



ーーーーーーーーーーー




(主催)

有限会社アズ


(関連団体)

一般社団法人マスターセラピストトレーニング協会


広尾88スタジオ

1500012

東京都渋谷区広尾5丁目21-5

ライツェント広尾200(2F)

電話)03-6447-7538




いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

アスペルガー経営者で、

英国式植物療法を学ぶ広尾88アカデミー代表のアズ直子です。


今日は「前倒し行動でクオリティをあげよう」という話。


普段は、講座やそのための集客に時間を使うことが多いのですが、

今日は原稿の執筆に集中しています。


今年は連載にチャレンジ中。

書くことそのものもそうですが、

毎週、毎月の締め切り管理が大チャレンジです。


私は発達障害の影響もあり、常々時間管理が苦手です。


いつも執筆に限らず、申し込みや提出などが期限ギリギリになってしまったり、

ときには間に合わなくて後から滑り込むなど迷惑をかけたり。


大抵の方はとがめもせずに受け入れてくださいますが、

自分が主催者や、提出物などを取りまとめを何度か引き受けてからは、

締め切りというルールが破られることは、

すごく面倒で、嫌気や怒りを感じることだとわかりました。


なので、いま一念発起をして、締め切りがあるものすべて、

「次の次まで終わらせること」を念頭に置いています。


集客があっても、講座があってもです。

いま、私が最優先したいことは、「ギリギリ主義の卒業」なのですから。


少しずつですが、前倒し生活が実現してきてわかったことがあります。


時間に余裕があると、調べなおしたり、書き直したりする余裕もあるので、

仕事のクオリティ全体がとてもあがるということ。


ギリギリ主義では、最低限間違いがないことくらいが関の山。

それでも努力はしていますし、悪くもないのですが、

大抵が以前のものの焼き直しなどを多用することになり、

新鮮さも丁寧さも失われがち。


落ち着いてゆっくり丁寧に仕事ができる。

そして余裕があるので、人にお手伝いを頼むこともしやすい。


私はこんなに不器用な人間ですが、人に迷惑をかけることが本当に嫌なので、

ギリギリ大ピンチを人に迷惑をかけて切り抜けるくらいなら、

いっそ失敗したほうが気が楽だと、実は思っているのです。


最近、よく見かけるツルムラサキの花。


この形が「早巻き」という言葉とつながって、

目にすると、「そうだ、どんどんネジを巻いていこう」と、

前倒しへのチャレンジを思い出させてくれます。


この間、用事で表参道を歩いていると、

本当に私がいつか借りたいと夢見ている物件そのものの建物が入居募集をしていました。


hayamaki2


そしてそのそばには「早巻きの花」が。


hayamaki1


hayamaki3


もしかしたら、夢が叶うのも早巻きになるかもとうれしくなりました。

本当に、こういうのが神様のお告げだったりするのです。


ギリギリ主義を卒業したかったら、ギリギリ主義の人とのおつきあいも断つことも大切。

もっと余裕のある人とつながろう。

ダメなものに合わせる必要もありません。


さあ、次の次の原稿をがんばって書きます。



アスペルガー・発達障害による情緒不安定を、
英国式植物療法でケアできます。心のケアができるセラピスト養成。

「バッチフラワースペシャル講座」5月12日開講!

植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

basic

(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アスペルガー経営者で、

英国式植物療法を学ぶ広尾88アカデミー代表のアズ直子です。


今日は「長くおつきあいいただけるということは本当に素晴らしい」という話。


私の主要な仕事として、セラピストの育成があり、

中には講師としてトレーニングを積み、現場で仕事を担う方も数多くいます。


昨日、もう数年、「感情整理を学ぶ講座」を開講させていただいている、

川崎の障害者就労支援施設で、特別認定講師の高橋晴子先生が登壇されました。


koushiharuko2


ずっと私が講師を務めてきた講座ですが、

なんども受講してくださっている方もいるので、

新しい風もよいと思い、1年間の担当をお願いしました。


高橋晴子先生とは、もう3年以上のおつきあいになると思います。


発達障害を持つお子さんを育てており、

また大学では食事や栄養について学び、家庭科の先生の免許も持っていらっしゃいます。


先生はならず民間企業にお勤めになったそうですが、

人に教えることは大好きとのこと。


いつも講座や講演会をお手伝いいただき、

講師として必要なパソコンスキルや、スピーチのトレーニングなども受けていただき、


とにかく、まめに長く交流を持つことができたので、

一緒にお仕事をするうえで、素晴らしい信頼関係を築くことができました。


私をサポートしてくださった中で、晴子先生が関わった発達障害者は1000人を超えます。

今回、担当してくださった講座も、まずは受講という形で1年間通って、

たくさんの当事者の方、支援者の方と交流の機会を持ってくださいました。


私自身が発達障害当事者ですから、

こうして下さったことで、こんなことを共有することができたと思います。


・一体どんな人と接していくのか

・その人たちはどんなことで困っているのか

・どんな風にサポートすればその悩みが解決するのか

・様々な人がいる中で、誰に合わせて話をすれば全員が理解できるのか


そしてこんな方達をお迎えする中で、こんなことも感じていただけたと思います。


・運営者はどんなことに気遣っているか

・どんなことを手伝ってもらえたら助かるか

・晴子先生らしさが、どんな風に必要か


時には100人を超えるお客様をお迎えする中、

慣れないスタッフは右往左往しますから、かえって邪魔になることすらあります。


何も言わなくても、誰よりも迅速に動いていただけることで、

本当にいてくださると安心できる存在です。


私は演者ですから、いつもピアノの発表会に出る子どものような緊張感があります。

安心できるということは、それだけパフォーマンスの質もあがりますから、

とてもとてもありがたいことなのです。


長くおつきあいいただけると、

ほとんどすべての成功パターンと、失敗パターンもみていただくことができます。

これは机上の学習では提供しきれない貴重な経験になることです。


昨日の講座は、得意のお食事の話もわかりやすく盛り込まれていて、

とてもとても楽しく、わかりやすく、

一応、ゲスト講師として一緒に行ったものの、私はすっかり受講生気分で学ぶことができました。


本当に楽しかったです。


koushiharuko


もしも、どんな分野でも講師を目指す方がいれば、「教える」という仕事は全体の3割りですから、

ぜひ現場を見に来ていただければと思います。


心のケア、発達障害に寄り添うということでは、

この川崎の施設という現場は、本当に様々な背景の方が来てくださるので、

教え方も環境設定も、細やかな配慮が必要な高度スキルが必要な現場と思っています。

日々、就労支援という業務に就いている専門スタッフの方とも交流の機会が持てます。


「感情整理を学ぶ講座」は偶数月開講ですので、
無理なく通うこともできると思います。

心からお待ちしています。


【主催のFDAについて】

FDA(Future Dream Achievement)とは、障がい者、在宅勤務者、ひきこもり、ニート、ホームレス、うつ病患者、 シニア、ワーキングプア等の就労を目的とし、就労希望者・支援希望者の集える環境の創造と仕組みの提供を行うことを 大義(目的)として活動していく、非営利団体です。

FDA川崎は、障害者総合支援法に基づいた就労移行支援と

就労継続支援B型の事業所です。



アスペルガー・発達障害による情緒不安定を、
英国式植物療法でケアできます。心のケアができるセラピスト養成。

「バッチフラワースペシャル講座」5月12日開講!

植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

basic

(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アスペルガー経営者で、

英国式植物療法を学ぶ広尾88アカデミー代表のアズ直子です。


今日は「うらやましいと思ったら素直に真似る」という話。


最近、ブログをがんばって書くようにしています。


実はブログを書くのがとても苦手です。

フェイスブックやツイッターは、気軽にどんどん投稿するのにいい。

あまり考えずに、インスピレーションで行動することも多い私には向いている。


本を書くのも好きです。

編集者と綿密に打ち合わせ、決まりきった枠の中で書くので、

そこには迷いや葛藤は起こりません。必要なのは書くスタミナだけです。


それと比べるとブログは難しいのです。

中途半端に自由で、中途半端に形式がある。


短すぎたり即時的な記事では、ブログの長所を生かしきれない。

記事の保存や検索性が高いので、

読み返される可能性の高いブログにあまり刹那的な記事は残したくありません。

カテゴリーなど決めて書くと、生き方に変化が起こると収まり切らなくなる。


ソーシャルメディアを扱うのは得意なほうですが、

ブログは苦手という課題が実はいまでもあるのです。


実はブログの更新頻度を上げたのには理由があって、

ある人を見習っているのです。

白状すればアロマ風水®の創始者である横井靖弘先生。


まあ、ブログもメルマガも書くこと、書くこと。

1日、2回も3回も更新される。


しかも、とてもたくさんの講座に登壇されているので、

この頻度には驚きです。


「あんまりたくさんくるから解除しようと思って」というある読者の方の声を聞き、

なんてもったいないことだと思いました。


真似ればものすごい数稽古になるのに。


講座もいつも満席、生徒さんたちの人気抜群、

講座の中身も面白くためになり、

ライフスタイルもうらやましい限り!


素直にうらやましいです。


うらやましいと思うと、噛み付くタイプの人もいますが、

私は素直に真似るタイプです。


人の欠点や弱点なんてひねり出そうと思えばいくらでも言えるもの。

そんなことはしないで、「うらやましい」と思ったら素直に真似て、

後についていけば、確実に自分も変われます。


ですから、私を変えたいと思ったら、私をうらやましがらせるのが一番早道です。


「いいなあ」と思った瞬間動きますから、

まず魅力的なあなた様を見せてもらえるとうれしいです。




アスペルガー・発達障害による情緒不安定を、
英国式植物療法でケアできます。心のケアができるセラピスト養成。

「バッチフラワースペシャル講座」5月12日開講!

植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

basic

(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アスペルガー経営者で、

英国式植物療法を学ぶ広尾88アカデミー代表のアズ直子です。


今日は「お金ちょうだいと言える友達はありがたい」という話。


私はフェイスブックがなければ、人前に立つことなど絶対になかった人間で、

フェイスブックの本まで書かせていただいたフェイスブックおたくです。


そんな関係で、フェイスブックをテーマにしたビジネス講座を今でも行いますが、

フェイスブックでつながる人を「友達」と呼ぶことから、

「友達とはなんだ」という話をする機会が多いのです。


フェイスブックがなければ友達ゼロだった私がです。(笑)


ひとりぼっちでしたから、友達になってくれる方は本当にありがたいし大好きです。

言葉をそのとおりに受け止めますから、フェイスブックの「友達」はそのまま「友達」と思います。


ただ、もう一歩踏み込んだ関係性だととたんにハードルを感じます。


助け合うなど、お互いにパワーを出す必要があるとき。


人と関わるくらいなら、何か困っても自分で解決したいです。

アスペルガーの特徴として「人間関係の構築が苦手」というのがあるくらいなので、

人と深く関わることに苦手意識があるのかもしれません。


「本当の友達とはなんだ?」と聞かれたら、

今の私は「お金ちょうだいと言える相手」と答えます。


いまのところ、生活に困って人にお金を無心することはありませんが、

精魂込めてつくった商品を買ってもらいたかったり、

本を出版したときなど、本当に応援してもらいたいときに、

「ちょっと手伝って(買って)」と言える相手は特別なように感じています。


まず、「買って」と言える自分である必要があります。

本当にいいものを渡せるから、応援してもらえたらもっと成長して次はお返しできるから。


そんな確信がないと、なかなか「買って」とは言えません。


そして、相手のあたたかい心や、

頼んでも大丈夫な落ち着きや経済力を信じられるということも必要。


「頼んだら悪いかも」と思う時点で、相手様のパワーを信じることができていない、

どこか見くびってしまっている自分も感じます。


”私も大丈夫、相手様も大丈夫、そして恩返しできるよう関係性を維持できるそれも大丈夫。”


そんな風に関われる人を数えてみてというと、

異業種交流会などに行って、たくさんの名刺交換をしている人でも、

10人いるかいないかとなることがほとんどなのです。


私など本を買っていただいたり、講演会に来ていただいたり、

たくさんの方に、買ってください、来てくださいと声をかけているので、

そう考えると、この貴重な関係性に数多く恵まれているといいえるのかもしれません。

ビジネスってそういうことが幸せなのかもしれません。


熊本に支援品を送りたいと、数十年来の仕入れ先に連絡をし、

たくさんの商品を無償でいただきました。

ずうずうしい申し出に、即答でご協力をいただけました。


やはり深い信頼関係のあるお取引先の方と出し合って、

さらにたくさんの支援品を仕入れることもできました。


「ちょうだい」とまっすぐに言えることがうれしかったです。
そこにはなんのマイナス感情もありません。


アスペルガー・発達障害による情緒不安定を、
英国式植物療法でケアできます。心のケアができるセラピスト養成。

「バッチフラワースペシャル講座」5月12日開講!

植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

basic

(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アスペルガー経営者で、
英国式植物療法を学ぶ広尾88アカデミー代表のアズ直子です。


今日は「感情の起伏はできるだけ抑えてちょうどいい」という話。


2016年4月14日起きた九州熊本の大地震。


熊本は講演会で一番回数多く呼んでいただいており、

長年のお取引先様もあることから、私にとっては特別な地です。


お取引先様にも、講演会に関わってくださった皆様にも

”育てていただいた”という感覚がある。


ビジネスも講演会も、どちらも「本番」のチャンスをたくさんいただきました。

経験を積んで、スキルを磨いていくためには、

「本番」を数多く踏むことが何よりも大切と考えています。


練習を繰り返すことは不可欠ですが、「本番」には練習時にはない何かがあります。


人間ですから、いつもベストは尽くそうとするけれども失敗することもある。

100%満足なことのほうが少ないです。

そんな試行錯誤に、おつきあいいただいてきていることに心から感謝をしています。


全国を講演会で巡ることから、私は「県民性」の話が好きですが、

熊本の方々は、親しみやすく親切で、義理堅い印象があります。


フェイスブックであたたかいコメントをいつもくださる方、

サイン会で声をかけてくださった方、

大きなお土産を持ってきてくださった方もいました。


今回の地震のニュースには大変心を痛めています。

つぶれそうな心は確かにありますが、

熊本のみなさまに何かご恩返しがしたいと思えば、どんどん冷静になる自分がいます。


空気が読めないので、人の心に寄り添うことが苦手です。

情緒不安定もひどいので、辛い時もうれしいときも感情をむき出しにすると迷惑をかけます。

何かをしたい衝動にはかられますが、それが人を振り回す失敗もたくさん経験しました。


緊急の時期はそんなときの采配がうまい方にお任せしようと思いました。

事態が少し落ち着いたら、長く落ち着いて続けられる支援に関わろうと考えています。


言葉をうまく選べないので、私は物やお金を動かします。


自分によく分かること、人をまきこまずに責任を取れる範囲のこと、

まきこむなら迷惑をかけても挽回できる信頼関係のある人とだけ組みます。


失敗したくないときほど、感情の起伏を抑える必要があります。

これが「感情整理」です。


bachcargo

ヤマト運輸集荷センターに確認。
熊本への到着は遅れるが、出荷しても大丈夫とのこと。
命綱になる物流の妨げにならないよう待っていました。支援品を発送。




アスペルガー・発達障害による情緒不安定を、
英国式植物療法でケアできます。心のケアができるセラピスト養成。

「バッチフラワースペシャル講座」5月12日開講!


植物の力でマイナス感情を変える
「認定バッチフラワーレメディベーシック講座」

basic


(読者の皆さまへ)

英国式植物療法バッチフラワーレメディは、
1936年に医師であるエドワード・バッチ博士により完成された、
伝統的で信頼性の高いメソッドです。
38種の植物エッセンスを飲んでマイナス感情を変えていくことができます。
アスペルガー・発達障害の影響による生きづらさを、
私は1998年よりこのメソッドでケアしていきました。
専門的な勉強ができる講座を広尾88アカデミーで開講しています。

11960067_877234489039260_8265503329714697828_n

アスペルガーと似ている状態には、
認知症でも、貧血でも、老化でも、愛情不足でも、教育不足でもなります。
薬があるわけではないので、
生活習慣や人間関係の工夫など、共通の対策でずいぶん楽になります。
私がお伝えする事に、
「私と似ている」と思う事がひとつでもあれば、
このブログはとても役立つはずですから、ぜひ継続して読んでください。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。