こんにちは☆ 内田あつこです。

昨日告知のはずが、疲労でダウンしてズレてご迷惑おかけしましたm(_ _)m

大変お待たせしました。
鑑定の受け付けを再開いたします。
氣になる・迷っていること等、最善を尽くしてお答えしますので何でもお尋ねください^^





さて、久々の占星術記事です。

激動だったこの数ヶ月間のことに触れますね。なるべくサクッと説明するよう努めますが、たぶん長くなります。
覚悟してお読みください(笑)





2016年は、私の主要なポイントに
冥王星がほぼずっと
天王星が3・6・9月
土星が3・7・11月に
木星が3・6・8月に
トランジットするという、一生に一度あるかないかの大イベントが予想される年でした。

そうと知って、私は「人から誘いを受けたら極力乗る」と決めました。土星外惑星(=外圧)からの影響が強いからです。



3月の体験談は、過去に書いたか忘れましたが(ここ2年ほど強いストレスがかかり記憶がよく飛んでます^^;)
FBでこのセミナー↓へ招待いただき

{C9CFA278-ECD7-496A-A1FA-90D0F500E9E6}


ありのままの自分】がキーワードだと悟りました。



続く6月、何が待っているか確信した出来事がありました。

まず前月に前振りがあって
試しにある方の鑑定を受けたら、質問に対し結論が出ないプアな鑑定のなかで、ただ1点「心理カウンセラーにかかること」と。現在までこのアドバイスには従っていませんが、これを聞いて、取るべき行動を直感しました。

で何をしたか?というと
コレはブログに書いたかと思いますが、発達障害の当事者会にコンタクトして参加しました。
この判断が、先につながりました。

当事者会で私のHSPの特徴を話したところ、ドクターによるHSPを含む発達障害の勉強会があると教えてくれたのです。
勉強への初参加が8月。このとき、そのドクターが翌月に独立開業を控えていると知りました。

ここで確信は答えに変わりました。

星回りから診療予約が取れるのは必然で、実際、当然のごとく取れました。現在はもう新規患者の受け入れは制限状態なので、とてもラッキーでした。



そして9月、最終審判のとき。
正式に診断を受け、判明したこと。

私は、アスペルガー症候群、ADHD、そしてHSPもちでした。

アスペルガーは予想してたけどADHDもあった^^;  まさに天王星らしい「ユリイカ!」な事実でした。
(でも考えたら私、片付けられないオンナだったわ笑)



最初に書いたように、この一連の流れには「苦」をもたらす冥王星・土星・天王星とともに「楽」の木星が絡んでいます。

私は長い間【自分が何者か】を人生の命題としてきました。

「エイリアン alien 」は、意味がいろいろあるけど、要は「異分子」です。例えば出入国審査の際、国民でない者は“alien”の表示の窓口へ進みますね。

私は、何をしても、一見問題なくても常に「自分はエイリアン」という感覚があり、冥王星の影響が濃いこの2年ほどは体調に出るほど悩みました。(おかげで診断を受けた頃は鬱に近い状態でした^^;)

診断で「エイリアン」の種類がわかり、どれだけ楽になったことか。

私の月は11室にあり、太陽も4室ですから「自分がどこに帰属するのか」は大きな問題でした。今は、帰属先がある独立した存在となり、心に安全装置がついたカンジです。



トランジットの星が示したように、私は「激変」と「プレッシャー」 のなかにも「希望」を持ち「破壊と再生」の道を歩むことになりました。

9月のトランジットが起きたのは、太陽と月の統合点でのことです。また、今年の心象を表す満年齢のハーモニック(調波)図でも、太陽と月が接触していました。

心と人生観が統合され【ひとりの私】となり、【ありのままの自分】で生きていくスタートラインにようやく立ったのです。



この数ヶ月の顛末はこんなところです。



ただ、発達障害がどうあれ、私の基本姿勢は、これまでと変えようとは思いません。

これまでお伝えしてきたように、私は何者であろうと関係なく【みんな違ってみんないい】世界であってほしい。
ホロスコープがそうであるように。
そうあるために尽力したいと思っています。

そのためには、語りたいことは臆さず語ります。それが私の双子座のMCの方向性だと信じるからです。



発達障害の診断を受けて改めて認識したのが、私はアインシュタインと同類なんだなあと。

各種心理テストを試すと必ずアインシュタインが出てくるんです。コレ↓もそう。

{400B213C-B59E-4356-AABE-7833E25A6CA9}
医療機関の診断や海外の教育機関でも採用されている歴としたテストです。

{9FE1E7FE-2109-4611-8EC9-DF6F3B0553FD}

日本語版だと「論理学者」ですね。
アスペルガー人口もですが、該当者は約1%だとか。道理でエイリアン^^;



でも、これでよくわかりました。

パズルに取り組むように答えを直感的に導き出して証明するのが、私の特徴にして抜きん出た強みです。

脳の働きがコンピュータなんですよ。シンプルなDELLか最高スペックのMacbookか、判断はお任せしますが願わくば後者であってほしいですが(笑)

アスペルガーは“不撓不屈” で、ADHD は視点を未来に置きます。
両者とも「人と違う」ため、他の人にはない観点で問題の本質に迫り、さまざまな角度から見て、明るい未来のために解決策を出すのが私の基本姿勢となっています。

多くの場合、答えは一瞬で降りてきます。それを検証するのに、適切な方程式を組み立てるようなカンジでしょうか。


そういう意味では、私のスタイルはロジカル&クリエイティブで、ホロスコープの特徴とも合致します。(1室の冥王星・天王星・木星と3室の海王星と5室の水星のつながり)
実際、鑑定すると「他ではそう言われたことがない」とたびたび聞きます。

【人と違う】のは表裏一体ですが、占星学を通して人の役に立つ方向で発揮できているのを嬉しく思います。



ということで

“New Me”の試行錯誤はまだまだ続きますが、今後の人生にプラスとなるでしょう。

このブログを通して、私の成長を見守っていただけると嬉しいです。



結果として「どこが要点じゃい!」な長さになりましたが(爆)お付き合いくださりありがとうございました^^やぎ座




★いつでも鑑定お申込できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ
詳細はコチラをご覧ください

★予約なしでもOKの対面鑑定★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
コチラで行っております

★西洋占星術レッスン★
鑑定時に、またはメッセージかメール(uchiat☆gmail.com ←☆を@に)でお問い合わせください

この一ヶ月間、ブログをお休みさせていただいていたあいだも訪問や読者登録をしてくださり、誠にありがとうございます^^
 
 
 
さて、本日11月1日より活動を再開する予定でしたが、諸事情によりもう少しずらし、9日からといたします。
 
さらにお待たせしてしまうこと、申し訳ありません。
 
 
 
この数ヶ月間は本当に激動の人生でした。。検証したら、どこから切っても「人生の一大イベント」になっていて驚き・感動・納得でした。
 
世間では確かオリンピックとかいろいろあったかと思いますが、私はこのおかげでほぼほぼ感知しておりませんので話題についていけません^^;
 
また後日、もっと説明しますね。もちろん、占星術で。すんごいダイナミックでドラマチックなことになっておりますのでお楽しみに☆
 
 
 
・・・ということで
 
11月9日より、全ての受付を再開します。
 
 
 
ひとつ条件として、今後の返信は、コンタクトしていただいてから【72時間以内】とさせていただきます。
 
これは、私が体調不良になると最長で72時間持続し、この間はPCを見るのが辛いためです。この期間にかからなければ、たいてい翌日には返信できるかと思います。
 
一般的なビジネスの流儀とは異なりますが、何卒ご理解ください。
 
 
 
ご迷惑をおかけしますが、鑑定の再開までどうか今しばらくお待ちくださいませ。
 
 
 
内田あつこ
こんにちは☆ 内田あつこです。

いつもブログを閲覧くださりありがとうございます。



現在の状況のお知らせです。


10月の鑑定受付は誠に勝手ではございますが、本日で締め切らせていただきました。


10月中は、CAFEにて行っている定期鑑定・レッスンもございません。




なお11月1日より鑑定・レッスンのお申し込み受け付けを再開いたします。

その際、こちらからの返信は72時間以内とさせていただきます。


(※10月中にお申し込みやお問合わせをいただいても返信できかねますことをご了承くださいませ)



現在までに鑑定済の方で、まだ鑑定レポートをお渡しできていない方々には、
11月末までにお届けする予定でおります。
大変長らくお待たせいたしております皆さま、申し訳ございません。
今しばらくお待ちくださいませ。



誠に勝手ではございますが、以上のことどうぞご承知おきくださいませ。



こんにちは☆ 内田あつこです。


今年に入ってから、トランジット土星が私の4室の入口を出入りしているのですが、その位置はT土星がホロスコープの起点(ASC)とがっぷり四つになります。

ただでさえ太陽にT冥王星が乗っているのにT土星まで来たら、これはもう“体調に注意”で、案の定というか、昨年末あたりからポロポロと出る出る・・・。

まず、左半身に腰痛と肩痛が。
そのため整骨院に通うようになったことは、確か前に書いたと思います。

年が明け、左の膝と足首に痛みが。
整形外科では「関節の緩み」という診断で、「10代~20代の若い女性に多いんですけどね」と言われましたが、コレって喜ぶところですか?(笑)
今は暖かくなった(というか暑い)ため大分ラクになりましたが、それでも階段は無理がききません。

ちなみに、この症状は、背中で手を組めたり(←私w)、マイコーのゼログラビティが得意なタイプだと出やすいらしいです@Google。


↓ゼログラビティ。



・・・で、最近、今度は右側に肘の痺れと手首の痛みが出てきました。
整形外科にかかったら、肘は前にもあった関節部の神経の狭窄が再発、手首の方は腱鞘炎という病名を頂戴しました。


T土星にホロスコープの主要部分をアタックされると、弱い部分の健康問題が浮上するものです。

私のホロスコープだと頭部がそれにあたり、なので何かというと偏頭痛が起きます。
でも、さらにヤバイ部位があって。
それが今年浮き彫りになった「関節」なのでした。


私の山羊座の太陽は、他の星とのメジャーなつながりが土星との凶角のみ。明らかに「山羊座」の象徴する部位が弱点です。

山羊座に象徴される身体の部位は、骨・膝・関節・歯・皮膚。

私はこれらの問題をもれなく持っています。
腰痛は昔からあるのでしゃーないやってカンジですが(いや良くないけど^^;)、もっと年をとったら腰も膝ももっとヤバくなる可能性が高いです。
歯は、常人の3倍出っ歯で顎変形もあって手術しました。
皮膚も弱いし、吹き出物はしょっちゅうだし。
腱鞘炎や関節の神経は想定外でしたが、山羊座の象意だから「あー土星のせいだな」ともはや諦観の境地でした。


山羊座に象徴される症状の大きな特徴は、どれも「昨日今日に発生した問題じゃない」って点ですね。
山羊座は時間を司るサインだけに、長いあいだに習慣化した身体への負担が蓄積されて、ある時点で表に出てくるのです。
ある意味、自分の管理不行き届きの結果の、自業自得なワケです。
したがって、治療もサクッとはいかず、時間をかけてじっくり取り組む必要がありますし、劇的な回復も望めないでしょう。

山羊座の問題はとにかく「時間」の影響が大きいのです。

となると、手術は最後の最後に来る選択肢(手術を表す火星を支配する牡羊座は山羊座とスクエア、一か八かの賭けみたいなもの)。
それまでは、鍼灸・整復(山羊座が象徴)や代替医療(魚座が象徴、山羊座とは吉角)などでゆるゆると改善に取り組むのが最善でしょう。
食生活や生活習慣の見直し(牡牛座・乙女座は山羊座と吉角)、カウンセリングを受けて精神面の負担を軽くする(蠍座も吉角の関係)のも有効と思われます。


健康問題を西洋占星術の観点から解決しようとすると、こういうカンジですね。

モチロン、重症化した場合は、迷わず病院にかかって手術など受けることですが。


一度出ると元に戻りにくいのが山羊座的な疾患です。
もしホロスコープで山羊座や土星が強調されているなら、たとえ今が無事でも、普段から負担をかけていないか警戒し、対策を考えた方がいいでしょう。
「備えあれば憂いなし」です。(←山羊座あるある諺)

私の場合は、ここ1年ほど体幹トレーニングを続けています。
おかげで前よりもしっかり歩けるようになり、床に躓かなくなりました。

姿勢も改善され、以前は猫背だったのですが、今では「堂々としている」と言われます。初めて会う印象だと獅子座の人に見えるらしいですよ(笑)私の月は獅子座なのでまあ当たってますが、嬉しいですね^^


ということで、この夏は、獅子座っぽく胸や背中をバーンと出して(片手が痛いので着替えがラクなワンピを着てる)、毎日整骨院に通っていますが、他のお客のオッチャンから露骨な視線が来て面白いです(笑)



★いつでも鑑定お申込できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ
詳細はコチラをご覧ください

★予約なしでもOKの対面鑑定★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
コチラで行っております

★西洋占星術レッスン★
鑑定時に、またはメッセージかメール(uchiat☆gmail.com ←☆を@に)でお問い合わせください


蝙蝠

こんにちは☆ 内田あつこです。


私の2016年は、ホロスコープの起点(ASC)に冥王星が乗る配置です。

これは教科書だと「カリスマ」で、確かに時々注目を浴びてる感が。
ただ、私はもともと「自我」の1室の冥王星がASCとはゆるく合で普段から覚えられやすいタイプなので、今年それが強まってるか?というと、ウ〜ン・・・1室の事柄は自覚しにくい^^;

今年はそれよりも、冥王星の別な象意の「突き詰める」方が強いかも。
トランジットで冥王星が4室で太陽と合なのに加え土星もICに来たこと、さらに木星がASCにヒットしていることとも相まって、「自分を突き詰める」のが佳境を迎えたカンジです。


以前記事にしたNVC(Non Violent Communication:暴力的表現をとらないコミュニュケーション)とのつながりは、その流れですね。
ワークで「それだけ感じるなら生きづらいでしょう」との反応をもらい、やっと私の感じ方が通じる場と出会えたと感動し、自分の敏感さを再認識しました。

また、発達障害を持つ方やその疑いのある方を観る機会もあり、自分と“普通の”他者の違いを見つめることにつながっています。
私は発達障害は未診断なので自己申告ですが、当事者として自助グループに参加させていただくようになり、他の方々と一緒にどうやったら生きづらさを緩和できるか考えています。
発達障害にとても近い不便さを持っているのは確かなので(極度の方向音痴とか)、自分と似た特徴を持つ人との交流は、NVC同様、ありのままの自分が認められる「安心安全な場」を得ることにつながるので必要なことだと思っています。

そして、すぐ前の記事で紹介したHSP(超敏感な人)についての長沼睦雄医師の講演会も、そうした自分掘り下げの一環として、聴講できたのはとてもいい体験でした。

HSPと発達障害が重複するケースは珍しいことではありません。
長沼先生も自身がそうだと講演会で仰っていましたし、私が複数の自助グループに参加しての印象でも、HSPを知っている人はそれなりにいるようでした。
なので、どちらについても理解を深める必要性を感じています。

私が講演会があると知ったのも、まず自助グループのメンバーのひとりが私がHSPではないかと指摘してくれたことでした。
その方が長沼先生とつながっていたことで、長沼先生とのやりとりのなかで講演会のご案内をいただき、聴講できたのです。
その自助グループの方はHSPの勉強会の存在も教えてくださり、また別の自助グループでも同じく教えてもらえたので、来月に参加する予定です。


{699D2A60-32A9-45B7-8E90-324BB9A28402}
講演会でいただいた向日葵。
暑さに負けずまだ元気^^


こうして書くと、これだけ一氣に広がったのは、なんだかんだ言っても冥王星−ASC合の配置どおりにも見えますね(笑)
こちらから求めたら得られるものだなあと、トランジット冥王星と太陽の合の効果も実感しています。


発達障害とHSPは、似通った特徴があるとはいえ名称が異なるだけあり、やはり両者を大きく隔てる点はあるはずです。
それぞれの当事者に訊ねて返ってきた答えは「共感力」でした。

HSPの「共感力」とは自分と他者の境界線が限りなく薄くて他者の考えが手に取るようにわかることですが、自己分析するに、私にはそのような共感力はないでしょう。
ストレングスファインダーという自分の主な特徴が5つ挙がるテストでは、共感はおろかコミュニュケーション関連の特徴はただの1個もありません(確か特徴は30強はあるのに^^; )。このテストは、何度やっても結果は大差ないそうです。

ただ難しいのは、発達障害者でもアダルトチルドレン(AC)の傾向があると、相手の顔色を窺おうと努力した結果“共感”できてしまう場合があり、判断は一筋縄ではいかない印象です。
ACは、ざっくり言うと幼少期に親子関係になんらかの問題があり、自分を抑制して大人になった人。私自身、ACに思い当たる節はあり、現在進行形の問題であるため、なんとも判断しがたいです。。


発達障害? HSP? 
私はそれらに該当するのか?

結局、疑問が残ります。

たぶん、医師の診断を受けても「グレー」で終わるでしょう。
実際、私のホロスコープを見ても、そのように受け取れます。


私のホロスコープは一見、偏りがありません。陰陽は中庸で元素も程よく分散し、柔軟宮が弱めな程度で、教科書的には「目立つ特徴のない人」。
つまり、どこにでも属せるタイプ。

でも、「自我」の部分が冥王星・天王星・木星在住と非常に特徴的で、この点だけで十分、人と大きく違います。
特殊なのか、普通なのか、ここでも微妙なのです。

この特徴ゆえに秘書的な仕事が長年できたのだと思いますが、一方で、このような自我を抑えて人に合わせようとすると、次第に苦痛になり、心身にダメージが出るとわかりました。
「自分はエイリアン」という感覚が常にあるのも、このためでしょう。

蛇足ですが、もし発達障害&HSPならマジョリティから外れ、HSPとしてもHSS(強い新奇追求)も併せ持つためこれまたマジョリティから外れます。
だから「エイリアン」なのよね^^;


となると、私はホロスコープ上からも「特殊な自我を持ちながら誰とでも渡り合える人」なワケですが

「コレ、イソップ寓話の『蝙蝠』だ」

と、最近ふと思いました。

どこにも属せて、どこにも属さない存在。
器用なのか、不器用なのか。

蝙蝠は最後どうなったんだっけ?
とググったら、「八方美人はダメだよ」って教訓でした(爆)
でも、類似の話で『蝙蝠と鼬』というのもあって、「状況によって豹変して絶対絶命の危機を逃れる」→「同じところにとどまっていてはいけない」教訓になっているようです。
なーんだ、蝙蝠は悪くないじゃん。
蝙蝠を悪い目で見る人と良い目で見る人がいるってことで。

蝙蝠上等♪ 私を良い目で見てくれる人のところへ行くよ、私は
円山動物園にいるインドオオコウモリは、可愛いコなんですよ〜黒マント姿のきつね顏で^^
飼育員に「今日はインドオオコウモリいないんですか?」 と訊く人が私以外にいるなら、そーいう人を友達にしょうってコトですね(笑)


真面目な話、KYとか和とか、もう聞き飽きました^^;

精神医学では近年、発達障害の定義が変わり、アスペルガー障害・広汎性発達障害などと個別化していたのが、広く『自閉症スペクトラム』となりました。
これは「特徴があるとわかれば後はそれでいい」という解釈です。
「違っていて、広いグループに属していい」という方向に世界は変化してきています。

日本はどうでしょうね。
先日の相模原の殺害事件の犯人は、特殊な例でしょうか?

各国の調査で、職場に求めるものが、日本だけ「人間関係」重視なのだそうです。

皆が“和”のために必死に個性を抑え、空気を読みまくっているのが現代の日本社会の姿ということになります。
自己の充足よりも他者との一体化の方が大事なのですね、日本人は。
私から見ると、まるで何かに洗脳されているかのようです。。

一方で、HSPも他の国より日本で多いらしいですね。

日本は太陽も月も風サインで、風が非常に強調されています。
言い換えると、すっごく偏ってます。
てことは、良くも悪くも「コミュニケーションが特異」ってコトです。

「空気読めすぎ」でも「KY」でも社会不適応。
多様性がないから疲れるんです。

日本は、特殊な国ですよ。
「日本の常識は世界の非常識」というのは掛け値なしの真実です。
海外の空氣を吸った人なら、私個人はともかくこの言葉には100%同意するでしょう。(たぶん射手座カンケイの人もかな)


“蝙蝠”の私としては、どの側にもイケますけど、“エイリアン”として俯瞰できますのでウーン・・・なんとも^^;
大体、「『中庸』を持つ者への報酬はどうよ?」と思いますね。こーいう社会では架け橋となれる貴重な存在のハズですが。

でも考えたら、元職場で私はまさに“架け橋”でしたけどめっちゃ神経使いましたね。で、堪えて陰でイロイロした割にはホント報われなかった。あの立場は二度とやりたくないですわ。

・・・やっぱし私、蝙蝠でよかったや(@北海道弁)ってカンジですね〜
日本以外の国に住むゾーっと(笑)


でも、日本沈没を見るのもチョット忍びないので、お願いなんですが、私のブログを読んでくださっているのは、たぶん繊細で敏感な方が多いと思います。

だからキツイだろうと思うのですが
もし何か見聞きして「これオカシイんじゃない?」って感じたら、その感覚を無視せず大事にして欲しいのです。
そして、それに物申す勇気を出してください。

「物申す」とは、対象者に面と向かって対峙し玉砕することとは違います。モチロンそれが必要なケースもあるでしょうが。
そうではなく、私が今試みているみたいに、自分の胸にしまっておかないで積極的に他の人とシェアして欲しいのです。

魚座の海王星と山羊座の冥王星が「集団」の定義に焦点があたる一方、天王星は「個」の意識を変えつつ今後は身体的・感覚的つながりを求める牡牛座へ。
これからの世界は、人とのつながりが重要となるでしょう。

私以外にもアラームを発する人が増えることを切に願っています。やぎ座





HSPの本、参考に出しときますね。

{570EFA6F-768F-4C1B-9233-E81109079AF3}




★いつでも鑑定お申込できます★
対面鑑定・スカイプ鑑定
お申し込みフォームはコチラ
詳細はコチラをご覧ください

★予約なしでもOKの対面鑑定★
毎月1,3,5水曜日 13時~20時
コチラで行っております

★西洋占星術レッスン★
鑑定時に、またはメッセージかメール(uchiat☆gmail.com ←☆を@に)でお問い合わせください