日本新聞協会は、10月15日から始まる第63回新聞週間に向けて、新聞のあり方を示す「新聞週間標語」の募集を25日から始める。代表標語1編(賞金10万円)、佳作10編(同2万円)は9月上旬に発表する。締め切りは5月14日(当日消印有効)。

 応募は、はがき(1枚1編)、ファクス(1回の送信に1編)、電子メール(同)のいずれかで、住所、郵便番号、電話番号、氏名(ふりがな)、年齢、職業、性別を明記。応募先は▽はがき=〒100-8543東京都千代田区内幸町2の2の1 日本プレスセンタービル7階 日本新聞協会▽ファクス=03・3591・6149▽電子メール=shukan@pressnet.or.jp。

【関連ニュース】
枝野担当相:フリー記者に会見開放へ
ものがたり’10春:配達で知った、街の息吹 新聞奨学生・小林さん、東大大学院へ
枝野行政刷新相:記者会見オープン化 実績あればフリーランスOK
毎日新聞社、編集部門3年連続の受賞 石綿被害、一連の報道で

家庭負担、最大月579円=再生エネ買取導入で-経産省(時事通信)
皮肉?中井国家公安委員長、北教組の資金提供「うらやましい」(産経新聞)
「キング」に懲役20年=振り込め詐欺リーダー-東京地裁(時事通信)
<合掌家屋>屋根ふき替え 助け合い今も 岐阜・白川(毎日新聞)
全盲従業員の預金詐取=マッサージ会社社長ら逮捕-宮城県警(時事通信)
AD