浜松市にある「静岡県浜松労政会館」をめぐり、同県は28日、管理を委託した協会が勝手に閉館時間を早めていたと発表した。指定管理者となった06年度以降、開館日数の約8割にあたる1071日で、規定の午後9時より1~4時間早く閉めていた。協会の担当職員は「夜間の利用予約がなく電気代なども考えて閉めた」と話しているという。県は委託費の返還要求を検討している。

 この協会は財団法人「県労働福祉事業協会」(静岡市葵区)。県によると、協会が3月、職員の業務実態を初めて調べたところ、閉館を早めていたことが分かったという。

 同館では協会職員4人が五つの貸し会議室を管理し、早く閉めた1071日の5割近くは午後5~6時台に閉めていた。協会事務局は毎日新聞の取材に「チェックに落ち度があったことを深刻に受け止め、今後は適切に対応したい」と答えた。【竹地広憲】

<訃報>みな子姐さん90歳=最後の吉原芸者(毎日新聞)
<質問なるほドリ>無煙たばこって何?(毎日新聞)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)
首相動静(5月24日)(時事通信)
文芸・美術評論家の針生一郎さん死去=前衛芸術評論で活躍(時事通信)
AD