政府は8日、今国会に提出する地球温暖化対策基本法案に、原子力発電の推進を明記する方向で最終調整に入った。二酸化炭素(CO2)排出削減に原発は欠かせないとする鳩山由紀夫首相の意向を踏まえた。連立政権の与党で「脱原発」を掲げている社民党の了承を取り付けた上で、12日の閣議決定を目指す。 

【関連ニュース】
「温暖化対策」連携で合意=日・デンマーク首脳会談
住宅エコポイントを開始=省エネ配慮の新築・改修対象
原発利用を明記=温暖化対策法案に
決着先送りなら連立離脱も=普天間で国民新・下地氏
温暖化防止、テレビで呼び掛け=首相、声で出演

7年前の大阪3人死傷火災 出頭男「自分が放火」(産経新聞)
82歳奔走 ハイチで34年前から慈善活動 女性医師「第二の故郷、復興尽力」(産経新聞)
【話題の本】『葬式は、要らない』島田裕巳著(産経新聞)
首相「政治とカネ、今後も説明」…参院予算委(読売新聞)
新幹線「脱線防止ガード」を公開=大地震に備え140キロ整備-JR東海(時事通信)
AD