宮崎県で口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、政府は17日夕、首相官邸で、鳩山由紀夫首相を本部長とする「口蹄疫対策本部」の初会合を開いた。会合では、感染拡大防止に向けて家畜の殺処分などの防疫措置の徹底や、被害を受けた農家に対する生活支援に万全を期すことを決定。政府の総力を挙げて口蹄疫問題に取り組み、対策を強化していく方針を確認した。
 会合後記者会見した平野博文官房長官は、感染の懸念のある地域で予防的に全頭殺処分する措置の導入について「現行の法律でどうなのかという議論もある。しかし今は封じ込めをして撲滅することが一番大事だ」と述べ、現地の状況を踏まえ、導入を検討するとの認識を示した。
 また、鳩山首相は同日夜、対策費を予備費から拠出することについて「額はこれからだが、迅速性を求められているとき(の活用)は正しい判断ではないか」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。これに関して政府関係者は、100億~200億円の予備費活用に言及した。
 会合では鳩山首相が冒頭、「口蹄疫の拡大が大変懸念される。危機管理上重大な課題だ」と指摘。「一刻も早く農家のみなさんに安心してもらえる状況をつくらないといけない」と強調した。 

【関連ニュース】
対応後手、与党からも政府批判=野党は責任追及へ
1000億円は疑問=口蹄疫対策で財務副大臣
誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望
首相をトップ、本部格上げ=政府、関連法の改正検討

遺体女性と接点確認されず=時計質入れの男―福岡県警(時事通信)
白い帆いっぱいに、東京開港記念を祝う(読売新聞)
レジ袋6557万枚を削減! 九州7県、今年度もキャンペーン (産経新聞)
裁判員裁判で全国初 求刑上回る判決 さいたま地裁(産経新聞)
<子ども手当>いるの?いらないの?申請書に年金番号 自治体で対応分かれる(毎日新聞)
AD