郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の刑事裁判で、大阪地裁(横田信之裁判長)が村木被告の弁護側が申請していた元係長、上村勉被告(40)の弁護人2人の証人申請を却下していたことが分かった。弁護側が12日、明らかにした。

 これまでの公判で、村木被告が偽証明書の作成を指示したとされる検察側主張について、上村被告は「私が独断で作成した。指示はなかったと主張したが、検事が聞き入れなかった」と証言。上村被告の「被疑者ノート」にも一貫して指示を否定する取り調べの経過が記載されていたため、村木被告の弁護側が「ノートの信用性を立証したい」として証人申請していた。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正事件:副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁
郵便不正:元局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言
郵便不正:障害者団体の元幹部、起訴内容認める
郵便不正事件:枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」
障害者郵便割引不正:枝野氏「検察の間違いが濃厚」と批判

<遺体発見>車の中に身元不明の男性 死体遺棄で捜査 長野(毎日新聞)
新党 「たちあがれ日本」旗揚げ 平沼元経産相が代表就任(毎日新聞)
沖縄返還文書訴訟 日米密約認め、国に開示命令 東京地裁(毎日新聞)
小沢幹事長のGW訪米中止 米側が難色か(産経新聞)
牛丼店に強盗、8万円奪う、革手袋にはどくろマーク(産経新聞)
AD