JR西日本福岡支社は、九州新幹線の全線開業に合わせて増設工事を進めている博多駅(福岡市博多区)の新幹線ホームを3月31日から暫定使用すると発表した。来春以降は鹿児島中央-新大阪を結ぶ九州新幹線「さくら」も停車するホームが、まずは「のぞみ」や「ひかり」のホームとしてお披露目される。

 博多駅では、JR九州が整備する駅ビルとは別に、鉄道建設・運輸施設整備支援機構がホーム1面を増設中。新幹線のホームは現在の2面と合わせて3面、11~16番線となる。

 増設ホームの暫定使用はレールやポイントの整備に伴い現在の14番乗り場が閉鎖されることに伴う。期間は約3カ月の見通し。

【関連記事】
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」
温泉に匹敵する観光資源を 大分で初の旅行サミット
つながる青森~鹿児島 3月に九州新幹線レール連結
JR九州が九州新幹線の駅名発表 博多~熊本間
鉄をつかめ! JR九州がブルトレ復活に車両基地ツアー、車内音楽CDも

<将棋>久保が3勝目 74手で羽生降す 王将戦第4局(毎日新聞)
消費税 「景気が後退」「必要なら」…閣内に温度差(毎日新聞)
<ホッキョクグマ>さよならママ 双子の送別会(毎日新聞)
ボンドの2000GTも…往年の名車、夢の競演へ(読売新聞)
沖縄基地検討委の延期申し入れへ=与党3党国対委員長(時事通信)
AD