バンクーバー五輪のスピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得した長島圭一郎(27)の地元、北海道・池田町の整備会社が、シルバーメタリックの軽自動車1台を、特価34万8700円で売ることを15日までに決めた。レースタイム「34秒87」と長島の名にちなみ、銀メダル圭一郎34秒87→“銀メタリック軽1両(けいいちりょう)34・87万円”とシャレた、おもしろ企画。21日に地元凱旋パレードを控え、故郷の町はまだまだ盛り上がっている。

 大会序盤に日本中を感動させた2月16日(現地時間15日)のレースから、ちょうど1か月。長島の故郷の池田町で、タイムにちなんだ値段の車が売り出されることになった。

 シャレた企画を実行するのは、池田町の自動車整備会社「榎本ボデー工業」。榎本茂社長(61)が「地元から、ああいうすごい人が出るのはまれだから、記念に面白いことはできないか、と考えた」と発案。シルバーメタリックのスズキの人気軽自動車「Kei」を中古で仕入れ、特価で売ることを決めた。

 「銀メダルのケイイチロウさんだから、銀メタリックの軽1両ということで…」(榎本社長)。長島がメダル獲得を決めた、五輪のレース2回目のタイム34秒87にちなみ、車検付き34万8700円。同じ車種の中古車相場は60~70万円ほど。社長が企画なしで売るとしても「50万円以上」の値段を付ける車というから、大安売りだ。「タイムがもっと遅かったら、もう少し高く売れましたが…。でも、お祝いなので、赤字覚悟ですよ」と苦笑いの太っ腹社長。整備をし、近日中に展示、予約を受け付ける。希望があれば、ナンバーも「3487」を付けるという。

 メダル獲得後に、地元店で「銀メダルお好み焼き」などが登場し、お祝いムード一色の池田町。21日には凱旋パレードが行われる。お好み焼きを販売していた喫茶「道楽」の店主・福島浩司さんは、所有する銀色のオープンカーをパレードの選手搭乗車として貸す予定で、すでに「3487」ナンバーを取得した。「まだ、池田町は盛り上がってますよ」と福島さん。五輪は終わったが、北海道の小さな町の“アツい冬”は続く。

 【関連記事】
小平が500で4位…スピードスケート
長島も田畑も穂積も!道産子メダリスト栄誉賞ラッシュ
長島巨人だ!バンクーバー銀メダリストが開幕戦で始球式
及川が連日の2位…スピードスケート

東ティモールPKOの川上氏急死(時事通信)
尿から覚せい剤成分検出=「使用」でも立件へ-JAYWALK中村容疑者・警視庁(時事通信)
<掘り出しニュース>きっと芽がでるせんべい 三陸鉄道で販売(毎日新聞)
別の強盗致傷事件で再逮捕へ=千葉大生殺害、10日起訴(時事通信)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
AD