(*ここでいう「部活」とは、主としてスポーツを主体とする、いわゆる運動部(体育会)系のクラブ活動であることを前提として説明します。)





UBQの卒業生で、部活に打ち込んで全国的なレベルの好成績を収め、なおかつ、難関大学に進学した人がいます。


その人のことを、UBQのある後輩が、





「あれだけ部活をしっかりやりながら、それでも難関大学に進むなんて、すごいことだ」





と評しました。





私はその生徒に対し、こう答えました。





「それは違います。部活をしっかりしているからこそ難関大学に進んだのです。部活も満足にできない、部活でだらだらと練習するような人は、受験勉強でもやはりだらだらと時間を過ごしてしまうものです










これは何も、統計をとったわけでもありませんが、しかし、社会でリーダーとなって活躍しているような人には、学生時代、何かのスポーツに打ち込んでいたという方も数多くいらっしゃるようです。












そもそも、部活と受験勉強の両立という言葉自体がおかしいのではないでしょうか?







「部活が大変だから部活をやめて勉強に専念する」と言って、部活を中途半端にやめ、それで学業成績が上がったなどという話は、あまり聞いたことがありません。





部活をだらだらとしていたような受験生は、結局、部活をやめたところで、それで浮いたはずの時間までも、テレビを見たりゲームをしたりして、やはり、だらだらと過ごしてしまうものです。





はっきり言いましょう!





部活が大変だから受験勉強ができない、成績が上がらないというのは、部活を言い訳にしているのです。





何でもそうですが、自分に言い訳をするような人間が、受験勉強であれ部活であれ、うまくいくとは思えません。







長山も、スポーツ団体の指導員の資格を持っていますから、スポーツの重要性については認識をしているつもりです。





特に体育系の部活の効能については、以下の3つがあると思います。












(■1)部活で厳しい練習をしておれば、その厳しさに耐えられるだけの精神的忍耐力・判断力が養われることです。それは受験勉強にも社会に出てからも、活きるはずです。単に根性論だけで、無意味な体力を損耗させるだけの部活は否定します。





(一例:地獄の東海大学潜水訓練センター:数キロ泳いだ後で、足の立たないところで立ち泳ぎを10キロの重りをもって訓練させられると。少々の海が荒れても冷静に対応できる。東海大学潜水訓練センターの厳しさについてはみんな誤解している。私の時も数人夜逃げしたが、ただ根性論や精神論で厳しい訓練をしていたわけではない。すべてが科学的な理論に基づいている。だから、私はライセンスを取った後も、2回も受講した。(警告ダイビングは体力でやるものではない!体力の限界を知ることにより安全管理に繋げるための訓練である。))


「部活で疲れた」。それはそうかもしれない。疲れたれたけれども、そこで養った忍耐力によって、もう少し頑張って明日の授業の予習をする。勉強を続ける。これが部活の目的なのです。










(■2)スポーツというのは、単にいたずらに、しんどい思いをすれば上達するという性質のものではないことです。





たとえば、水泳を練習していると、力の使い方がうまくなります。


平泳ぎをするとき、初心者は息継ぎの時に大きく頭を挙げます。練習することによって、エネルギーの使い方がうまくなるのです。ぎりぎりまで顔を上げ、息継ぎをすることを身につけます。


クロールでも、練習により力をセーブしながら速く泳ぐことができるようになります。上達している選手は、息継ぎの時に半分ぐらいしか水面に口を出していません。





このように、効果的な努力の仕方、すなわち、体力や時間をうまく使うこと、ひいては無駄な体力を使わないことを、部活をとおして学ぶことができるのです。





(■3)エネルギー・体力あるいは努力のバランス感覚が身につくことです。





どんなスポーツ(部活)でもそうですが、最初から最後までフルパワーでする必要はありません。





プロ野球の選手は、バッターボックスに立った時に、バットがすっぽ抜けて飛んで(飛ばして)しまうことがよくあります。


しかし、素人がそのようなことをすることはあまりありません。


つまり、プロ野球の選手は、比較的軽い力でバットを握り、瞬間的に必要な力を発揮しているそうです。





サッカーでも同じで、試合中、最初から最後までやみくもに全力で走っているわけではありません。


状況を判断して、ここぞという場合にこそ、全力を出しているのです。





ですから、たとえば、3時間練習をするとすれば、その3時間全部をフルパワーで練習するのではなく、効果的に乗り切ることのできる、バランス配分が身につくのです。












さて、以上の3点は、もちろん、スポーツだけに限った話ではありません。


勉強でもそうです。





ただやみくもに根性や精神論で、時間をかけてひたすら努力すればいいというものではありません。





社会に出てもそうですね。朝から晩までひたすら仕事をすれば成功するとは限りません。力の配分、時間の配分。努力の配分。





こういったことが身につくのが、スポーツの効能なのではないでしょうか。





これらはすべてにおいて通じることだと思います。







部活に打ち込み、その後難関大学に進学した、あるUBQの卒業生は、このような名言をおっしゃられました。





「部活というものは、それ自体が目的ではない。『努力をする」という才能を身につけることが目的である。受験勉強であれ、どんな仕事であれ、『努力をする』という才能は、いかなる仕事につこうが、どんな分野でも適用できるものである」








もう一つ:中学時代の陸上競技のコーチのお言葉です。20歳台までのベスト記録は・・・秒であった。それから。毎日、何時間も、練習を続けて引退するときのベスト記録は、それより1秒、縮めただけだ。1秒を縮めるために、毎日、何時間も猛練習を10年続けたことは無駄だとは思っていない。

























































































AD

世の中には数々の経営指南本があるが、


学習塾経営に大学院で学ばなければ習得できないような難しい経営理論があるわけではない。はるかに難しい毎日毎日の生徒に接している際に学ぶべき「生で体得する経営経験」があるだけ。この謂いは「塾の経営は円高・円安がどうかとか、ゼロ金利がどうかとか、国際経済がどうのこうのという以前に、すべての保護者(←断言します)は自分の子供のよりよい将来を期待してその塾を信頼して通わせている」ということである。

あるカレー・チェーンの創業者の言葉。

「お客様の待ち時間と待ち時間が長いというクレームは一致しない」

どういう意味だろうか?

つまり、すべては人間関係ということだろう。

注文してからカレーが出てくるまでの時間はたかだか5.6分くらいのものであろう。その間、水もすぐ出さずに、不愛想なら、たった、一分でも腹が立つ。

たった、2・3秒でも声掛け。「はい。カレーとハム・サラダですね。すぐに、お作りしていますからねぇ」「お水遅くなってごめんなさいねぇ」「お待たせしました、熱いのでお気をつけてくださいね」とにっこりされれば腹も立たない。カレーのお店というのはカレーを売っているわけではなく、カレーを提供するという体験を売っているのですから。

だから、同じ待ち時間でも、スタッフの表情や・態度でクレームがなくなるということだそうだ。


塾も同じ。同じ生徒指導でも声の抑揚・顔の表情で印象が変わる。生徒の、帰り際に・・・「…君・・・・の公式、あれから確認したのー?」との声かけ。

あれから・・・・前の講義や説明を覚えているという意味。
確認・・・・生徒を全否定していない。生徒が理解できていないとは云っていない。
のー・・・生徒の学習に対する承認欲求への婉曲的表現。

20年前の昔の生徒にあった。UBQにきたら、突き放したように「こ・ん・に・ち・は・・・」というから、あれで身が引き締まって・・・「いや、あれは君専用の挨拶だから・・・」だって君は…中学を落ちてどうしても・・・・大学付属高校に行きたいってことでしょう。君が知らないだけで中高一貫生の中学3年生とは、毎日ゲームの話をしてましたよ。


成功する塾の条件:きわめて小さな配慮をひたすら積み重ねること。具体例を言います。途中入会の生徒には、答えやすい質問をする。「あれっ?今度の月曜日は振替休日だったかな」

ここで、全国の個人塾の経営者に質問だ。女生徒がトイレに行きやすいように、どんなシステムを構築していますか?

一時、はやったコンピュータを活用した素人塾に見学に行った時の事「H6年前後、いわゆるCAI」。


算数なら、計算問題のプリントが出てくる。答え合わせをして入力をすると点数が一定の基準以下なら同じような類題が出てくる。何回か正解基準を満たすと次の単元に移行する。


生徒・保護者にお知らせする書類に「処理中」とか「処理打ち切り」とか書いてある。


訊いてみると。

・未処理・・・まだ学習をしていない
・処理中・・・プリント学習をしているところ
・処理済み・・・基準点を超えた分野
・処理打ち切り・・・・コンピューターだから、計算が〇点なら、同じような類題プリントが出てくるのだが、いつまでも〇点ならば「処理を打ち切る」そうだ。

これが理解できない塾講師は、自分の塾を作って独立しようなどと思わないこと!私のTAP在職時代、(後の)サピックス創業者が最初に言われたこと、

「別に、指導経験が少なくても心配はいらないよ、とにかく、生徒のことを考えて、全力で教えたら、絶対に生徒はついてくるから、人間関係ってそういうものですよ。」

「能力のある人間が、いい加減に教えるより、未経験者の講師が全力で教える方が生徒は伸びる」とまで言った。

ああ、ごめんなさい。また、昔の話。教務主任をしていた中堅塾で、ある学生講師(東大生)が、酸化数を間違えて教えた。生徒の信頼を裏切ったのである。だが、訂正をすれば信頼関係は取り戻せるのか?

単純な言い間違えだ。東大の学生講師が根本的に間違えるはずがない。だが、私が現場の責任者をしてる以上許されないミスだ。

収拾に動かないといけない。(こういう時に、「鬼のような形相」で対応してたと後で言われるが、仕事だから当然)

塾は講師ではない?教務だといつも言っている!

ご理解いただきたい。

受講生徒の面談結果「・・先生があれだけ、汗まみれで懸命に教えられるので、信頼しています。ちょっと言い間違えたのは気が付きまして、みんなで確認しましたが、だって、どーせ、そのうち長山先生が説明に来るのはわかっていますから・・・」


この件で却って塾に対する信頼は高まったとまで塾長に言われた。

本当に、保護者は誤解されている。塾は講師ではない?教務だといつも言っているという一例である


AD

ネットのでたらめなうわさに答えます。

 

UBQについてネットの掲示板に、「曜日の都合が選べないのでうちの子は入塾しませんでした」とかかれている。

 

学習塾において、新入会希望者の面談は大変な業務です。特に、まったく初めての方に納得のいくまで、直接、代表が説明するのですから、一人当たり、数時間かかることも稀ではありません。

 

3月ごろに、10人、20人と面談すると過労死するくらい大変なのです。

 

したがって、面談や入会審査は、時間割を公開する以前に行っていません。

 

上記の書き込みは、入会を許可されたことを前提に書かれている点で、事実無根です。

 

また、UBQでは入塾なる言葉は、使っていません。入会と言います。

理由は、ブログを見ているか、相手に合わせた言葉使いができる保護者かどうか、チェックするためです。賢い保護者なら、会費と書いてあれば、月謝とか塾代という言葉は、私の前では使いません。

 

 

 

 

 

 

AD

白バイ追跡のバイク男性死亡 国道逆走し別のバイクと衝突事故・・・・・

 

という新聞の見出し。

 

スピード違反を見つけて停止命令を出したのに逃げたら追跡するのは当たり前。

 

白バイから逃走中のバイク男

 

とするべき。

一度聞いてしまうと、忘れようといっても忘れない些事がある。

 

例:高校生の時、徒然草は243段からなります。皆さんに古文を教えている私は伏見です。

例:モンゴルの版図は13世紀に拡大しました。モン…ゴルゴ13ですね。

 

 

で、「さすがは、東大生なるかな」の見出しでの新聞コラム記事。昔の事です。東大に非常勤講師で教えに行かれている先生が、トイレの個室に入ると、⦅回文求む⦆との落書き。

 

最初は、たけやぶやけた・・・という程度なのだが、だんだん落書きが進化してくる。どこまで進化するか?注目してみていると、ついにここまで来た。最終形態であろう。

 

 

ヘア・リキッド 尻(けつ)につけ、ドッキリ、アヘ!

 

 

 

作業仮説とは京都大学入試でよく取り上げられるテーマである。





この言葉は分かりにくい。原因はworking hypothesis の訳です。





「科学は仮説である」というのは。


・科学においてはこれが最終的で万古不変・絶対無謬のものはあり得ない。


・もしあれば、全ての科学者は、失業してしまう。大学に物理学研究室は不要になる。





という事である。





ところが説という漢語の響きより。契約・建設・設住宅のように非常に脆弱な・危ういものとしてとらえられがちである。





飛行機の揚力は羽根の上下で粗密が生じる(ベルヌーイの法則)という仮説に基づくと、いわれると、今にも墜落しそうな気がしてくる。








次に作業というのは、ほとんど誤訳に近い。


work というのはここでは「機能する」という意味である。





My mind works well today.(今日は頭がうまく機能する=さえている)という用例で、決して労働するのwork ではない。





作業というと倉庫で荷物を運んでいるようなイメージになってしまう。





ここでworking を調べると「一時的に機能する」という現在分詞から派生した形容詞とある。





しかし、現在分詞の意味を考えれば





a sleeping baby といえば「一時的に寝ている」にきまっている。





例を取ってみよう。(*極めて荒っぽい例であることはご理解ください)





小学生の実験である。水のなかに植物があります。光を当てて出てくる泡を採集しましょう。光合成で生じた気体は酸素かしら?(作業仮説)マッチを近づけるとどうなるかな?明るく燃えましたね。酸素でした。(検証)





ところがこの実験には酸素には助燃性があるとか、酸素は泡の形で出てくる、元素とは何かといった膨大な理論(仮説)の上に成り立っている。





科学自体が仮説だから、様々な研究を進めていくうえで、仮設の上に構築され「とりあえず今この研究で一時的に決めた仮説」ということ。

2015-08-26


先日、公共の広場で、北方領土の返還を求める啓蒙活動をやっておりました。

もちろん、そのようなイベントを行うことはもとより、その趣旨自体についても、何の異論もありません。



さて、私が看板を見ておりますと、女子大生のアルバイト(*)が来られて、


「クイズ・ラリーをやりませんか?」


と笑顔で言われました。



どんなクイズ・ラリーなのかというと、北方領土の地図を出して、どれが何島であるかというクイズがいくつかあるそうです。

ですから私はその女性に向かって、


「クイズ・ラリーをすれば、北方領土をプーチン大統領が日本に返還すると思いますか?」


北のひめゆり事件(正式には間岡郵便電信局事件。以下「北のひめゆり事件」とする)を知っているか?」と聞いたら、知らないと答えましたので、これまたびっくりしました。


「北のひめユリ」」の画像検索結果


と質問しました。


もちろん彼女には責任はありません。彼女は、


(*)「私は単なるバイトの大学生ですので、責任者に聞いてください」


と答えました。


そこで、その場にいた責任者に、私は申し上げました。


「ウクライナのドネツクでマレーシア航空機が撃墜されたり、正体不明の武装勢力による大量殺戮が行われたりしていますが、それらが、プーチンの意向なしに行われているとでも思うのですか。クイズラリーをしたり、ゆるキャラを作ったりして、それをプーチンが見て、北方領土を返すなどということがあるでしょうか。こんなことは、税金の無駄遣い以外の何物でもありません


と、抗議しました(税金の無駄遣いは皆言うが、現実にその場で抗議する者はほとんどいない)。





竹島、尖閣、北方領土の3つの領土問題について、北方領土は決定的に違うところがあります。


それは、北方領土は日ソ不可侵条約を一方的に破棄され、軍事占領され、その際、日本人が何人も死に追いやられている歴史的事実があるからです。




さて、プーチン大統領は元KGBの出身です。世界の指導者の中で革命を経て、あるいは.国家が崩壊した後も権力を持ち続けている例は、あまりないはずです。


それほど、したたかな権力者がゆるキャラで領土を還すでしょうか?



ですから、ゆるキャラを作る(これも多額の税金がかかっていると聞いております)とか、クイズラリーや輪投げをして北方領土が返還されるとは、まったく思わない。


↑エリカちゃんです。



いずれにせよ、世界の外交というものは、そんな甘いものではありません。



それよりむしろ、北のひめゆり事件に関わる写真を並べて展示会を開くとか、ロシア大使館の前に犠牲者を悼む記念碑を建てたりしたほうがよほどいいのではないでしょうか。




このことに異論があることも承知しています。


しかし、ゆるキャラを作ってイベントを開き、さらにそこでクイズラリーや輪投げをしていることをプーチン大統領が知ったところで、北方領土を返還するとは、まったく思えません。


むしろ、


「日本人というのはこれほど馬鹿なのか、着ぐるみを着て踊って、いったい何なのだろうかこいつら・・・・・」


としか思われないのがオチでしょう。





さて、ドネツクでマレーシア航空機が撃墜された時に、オランダ政府は犠牲者の家族に、クレジットカードの廃止届を出すように国民に呼びかけたと聞いております。


外交インテリジェンスの欠如だと思います。


これはドネツクでマレーシア航空機が撃墜された時に、その御遺体から貴金属やクレジットカードを盗むということがあったからだと聞いております。


なぜそこでクレジットカードを止めなければいけないか、わかりません。


もし盗まれたクレジットカードが不正利用されたとすれば、ドイツやフランスでということはまずありえない。


不正利用は、その大半がロシアの実行支配下で行われるはずです。


そうなれば、火事場泥棒の犯人はロシア政府に関与するものだということで、国際的に非難を喚起することができると思われるのですが、いかがでしょうか。




注:

北のひめゆり事件については、日本軍が自決を命令したという、とんでもないでたらめをネットで流布している人がいるようです。



8月15日に玉音放送が流されているわけですから、その後一方的な侵略。8月20日に玉砕命令が出るわけがありません。大体、8月20日に日本軍は存在しません。尚、「生きて虜囚の・・・」というのは軍人訓で民間人には当てはまりません。



もし玉砕命令を出した人がいるならば、昭和天皇の勅命を無視して出したことになります。


そのようなことをあえて行ったのは、玉音放送を聞いた後、周囲の制止も聞かず、未来ある若者を道連れに「特攻隊」を組織して出撃した宇垣纏(まとめ)(岡山県出身。第五航空艦隊司令長官、元連合艦隊参謀長・海軍中将)ただ一人であります。


Ugaki Matome.jpg



*正確に言えば、勅命が下った段階で、もはや海軍中将でもなく「特攻隊」でもありません。玉音放送が武装解除の命令かの法的解釈以前に、内容をきいて、エリート軍人に理解できないはずがありません。帝国憲法にもとづく天皇陛下のお言葉を無視した段階で反乱軍です。 テロリストが私兵を率いたというべきでしょう。


ポツダム宣言受諾の後、旧軍人がアメリカ軍を攻撃したら、国際法上、戦争を再開されても、予定通りもう数十発の原爆攻撃(京都も含む)をされる口実にもなりかねなかったのです。これほどの過ちを犯したのです。




:尚このブログは内閣府や東大のHPを書き換えさせる力がある。提言だ。税金を一円も使わずに、世界中に訴える方法がある。wikiの(北のひめゆり)の英語版をどなたか作成してほしい。



https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E5%B2%A1%E9%83%B5%E4%BE%BF%E9%9B%BB%E4%BF%A1%E5%B1%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6



自決というのは「forced suiside(強制自殺)と訳してください。」


ロシアから、文句を言われたら、「広義の強制性があった」と反論しましょう。



























芸能人がバラエティ番組で英単語を並べただけで海外を旅行したという設定。これを見て「文法など必要ない!」という意見を聞いた。

 

 

もちろん。その通りだ。97%正しい。

 

私もカタコトのドイツ語でずーっとドイツに滞在していました。

 

どこが間違っているかと言えば:

 

・言葉はツールですから、あなたはそうであっても国家レヴェルの外交には当てはまりません。それともあなたは日本の代表者ですか? TPP交渉は片言の英語でできますか?

 

願望を事実認識に絡めてはいけませんね。これって人類の過ちの歴史ってことで多いよね、ドイツ人は優秀な民族であってほしいという願望と、実際に「ドイツ人は優秀な民族である。劣った民族は抹殺すべきだ」というのに結び付けてはいけませんよね。

 

 

元に戻って:

・なぜ、英語なんですか?アラビア語の単語を並べても番組が成立しませんよね。

・英語だからまだよいので、女性名詞・男性名詞や格変化(屈折)のある外国語では名詞の単語だけを並べても、誤解されますよ。

 

 

このブログの方針です。具体例です。海外に行くにはパスポートが必要ですね。有効期限がありますから、海外滞在中に失効したら不法滞在になりますね。

 

パスポートには有効期限が書いてありますね。失効するというのはexpireです。「date of expiry …月・・・日」と書いてあったら。その日なのか、それとも、前の日まで有効なのでしょうか?公文書ですから。知らなかったではすみません。うっかりでも不法滞在になりますよ。当番弁護士も呼べませんよ。

 

さて、中学校程度の文法です。

 

「状態を表す動詞」とか「動作を表す動詞」って習いますよね。

雨が降るというのは何時間でも雨は降り続けるのであって、It is rainning.

と進行形になりますよね。

 

学校は4月から始まる

 

というのは in か from なんて高校入試によく出るところですね。

 

文法の基礎ができておれば、「4月じゅうを通じて始まり続けることは不可能です」とわかりますね。

 

言語って物理現象ですから、文法ってのも自然法則です。

 

辞書では用例が大切なのです。パスポートがいつ失効するかも用例を見れば書いてありますよ。電子辞書で見出しだけ見てはいけませんね。最近、スマホを片手に、図書館で英語の問題集を見ている高校生を見てびっくりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔は海外に行くには、クレジット・カードは必須と言われた。その際、署名は漢字の方が安全だと言われた。理由は非漢字文化圏から署名の模倣が不可能だからとのことである。

 

時代は変わった。デジタル署名である。

 

タブレット型端末に、署名してくれと言われると躊躇する。

 

デジタル・データを乗っ取られると筆跡鑑定どころか。書き順や筆圧までも乗っ取られる可能性がある。

 

暗証番号は変えられるが、本名は変えられない。

 

 

そこで次のように対応した。

 

むしろ漢字で書く方が危険なのです。たとえば簡単な例です。もりたひろし さんという名前の場合。この名前でFBで検索しても見つけのは困難でしょう。

 

もりた といっても漢字では 森田 盛田 守田・・・・ひろし といっても 博 浩 浩 寛・・・・

 

漢字での表記がわかれば、FBでピンポイントで特定されかねません。

 

そこで次のように対応した。

 

・旧漢字を入れる。

・部分的に漢字と仮名を混ぜる。

・カードやFBによって字体を変える。

 

 

サイトウさんなら、斉藤 齊藤 齋藤 使い分けてもよいですね。

 

お断り:以上の記事に関してはクレジット・カードの会社や法律上の署名の有効性に関しては弁護士等にお問い合わせください。

 

 

 

三次函数は、変曲点に関して点対称だから、変曲点を原点に平行移動して偶べきの項をなくしてしまえば(係数を0にする)極めて扱いやすい。





東京大学文系数学の基本技法である。こういう場合には「変曲点を原点に平行移動しても一般性を失わない」とかくのも基本。








何故。一般性を失わないかというと、もともと座標の設定は人間が勝手に決めたものだからだ。








そこで、次に3次函数が変曲点について点対称の証明。





一般の3次函数の変曲点を原点に平行移動して証明している先生が多いようだが、これは計算が面倒である。





変曲点を原点に平行移動しても一般性を失わないということの本質を考えれば良い。





y=a(Xの三乗)+cX の方を先に考える。





変曲点が(0,0)なのは自明。「入試で自明って書くな」という教師がいるようですが、自明なものは自明なのであってしょうがない。ある現象をどのように見るかは自由だ。解釈の総体にまで数学は口を挟むものではない。





これをどこに平行移動しても一般性を失わないから


XをX-d,yをy-cに置き換えたら任意の3次函数がでてくるからね。