読書の感動を絵で表現する「第21回読書感想画中央コンクール」(全国学校図書館協議会、毎日新聞社など主催)の表彰式が26日、東京都千代田区の如水会館で開かれた。

 式には、応募総数52万506点の中から選ばれた最優秀賞の横手舞さん=島根県江津市立松平小2年▽竹田悠希さん=仙台市の私立仙台白百合学園小4年▽小西輝彦さん=奈良県橿原市の私立聖心学園中等教育1年▽木村喜久美さん=東大阪市の私立大阪商業大高3年--ら上位入賞者29人が参加した。

 入賞者は緊張した面持ちで賞状を受け取った。小西さんが代表してあいさつし、「うれしさと感謝の気持ちでいっぱいです。コンクールは良い本を読む機会を与えてくれた」と笑顔で語った。

 横手さんは作品制作の感想を朗読し、「この本の作者は、建物を作る名人なのでしょうね。こんなすてきな建物をかけるのだから。私もこの建物に住まわせてくれるかな」と述べた。【馬場直子】

【関連ニュース】
感想文コンクール表彰:皇太子さま「良い本と巡り合って」
社説:読書感想文 対話力育成につながる
特集:第21回読書感想画中央コンクール(その1) 感動シーン、思い重ね
青少年読書感想文全国コンクール:物語に自分を重ねて 毎日新聞社賞の2人--表彰式
青少年読書感想文全国コンクール:皇太子さま「読書習慣を続けて」--表彰式

元警察官、発砲受け負傷=帰宅時に襲われる-福岡(時事通信)
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判(産経新聞)
自民、審議復帰を模索=国会正常化へ動き(時事通信)
<雑記帳>苗代田祭「ベブがハホ」 宮崎・高原(毎日新聞)
首相動静(2月24日)(時事通信)
AD