大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室で行われていたとされる一連の不正経理疑惑で、研究室側が数年前から男性講師にも「カラ出張」を求めていた疑いのあることが14日、関係者への取材でわかった。この研究室では、非常勤の「特任研究員」がカラ出張を求められていたとされるが、指導する立場でもある講師も関与していた疑いが強まったことで、研究室ぐるみで不正経理が続けられていた可能性が強まった。

 阪大の調査委員会は男性講師からすでに事情を聴いており、金の使途について調べている。

 男性講師は約10年前からこの研究室に所属。自身の研究も続ける一方で学生の指導に当たっている。

 男性講師は産経新聞の取材に対し、カラ出張について「一昨年や昨年に何度かあったと記憶している」と証言。さらに「今年の2月や3月にも少しあった」と説明した。

 男性講師によると、数年前から、他の特任研究員のケースと同様、研究室の事務担当者から事前に出張費の振り込みがあることを告げられ、その後、出張費が自身の口座に振り込まれていた。入金後、男性講師は全額を事務担当者に手渡していたという。

 男性講師は「(カラ出張を)強要されたというより、勝手に出張したことになっていたという感じだった」と証言。ただ「自分は一円も受け取っていない。この金がどのように流れて、使われたのか全然知らない」と話した。

【関連記事】
阪大院研究室、メールで給与返金指示 別の非常勤研究員に
阪大院不正経理、大学側の出張費管理にも問題 「新たな仕組み必要」
阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
大阪大学医学部 研究室で給与をキックバック

亀井氏辞任「異常な事態」=自民の大島幹事長(時事通信)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
九州全域での対策強化=口蹄疫で合同本部―国交省(時事通信)
北朝鮮へ化粧品不正輸出、商社社長ら逮捕 兵庫・山口両県警(産経新聞)
賭博開帳容疑で弘道会幹部ら逮捕 大阪府警(産経新聞)
AD