JAおやま(栃木県小山市)は29日、元職員が顧客の定期貯金などを勝手に解約し、約1億5000万円を横領していたと発表した。元職員は3月に交通事故で死亡しており、JAおやまの鈴木喜代志組合長は「遺族のプライバシーにかかわる」として、元職員の名前や性別、年齢を明かさなかった。刑事告訴しない方針という。

 JAおやまによると、元職員は顧客宅を回り、貯金を集める調査役などを担当。小山支店や国分寺支店(栃木県下野市)に勤務していた06年7月~今年2月、顧客10人の定期貯金証書を偽造するなどして解約した。横領と穴埋めを繰り返し、実質被害額は約4500万円という。JAおやまの役員が弁済する。

 今年2月、顧客から「定期貯金が勝手に解約されている」という苦情があり、不正が発覚した。JAおやまは元職員に計3回事情を聴いたが、元職員は横領を認めず、3月15日に事故死したという。【岩壁峻】

【関連ニュース】
八幡浜漁協:女性職員が顧客定期7000万円分を無断解約
ノリタケ子会社:元社員が横領認める 名古屋地裁初公判
ノリタケ:子会社元社員を追送検 横領額は1840万円に
業務上横領容疑:客の預かり金着服、元銀行員を逮捕 山形
NOVA:猿橋元社長の特別背任は不起訴 大阪地検

訃報 阪神、大毎で活躍の田宮謙次郎さん=82歳(毎日新聞)
<普天間移設>政府案を知事らに説明 首相4日に沖縄訪問(毎日新聞)
<雑記帳>吉幾三さんがふるさと親善大使に 青森・西目屋村(毎日新聞)
水俣病患者「チッソ分社化」に不安(産経新聞)
鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」(産経新聞)
AD