7日午後10時20分ごろ、相模原市南区東大沼の国道16号で、神奈川県座間市の無職の男性(23)=カンボジア国籍=の乗用車が、バス停に止まっていた神奈川中央交通の路線バスに追突した。この事故で、バスの男性運転手(29)と乗客10人が首や腰などに軽傷を負い、乗用車の助手席に乗っていた男性(40)が左足の骨を折る重傷、カンボジア人の男性も足首を打撲した。

 神奈川県警相模原南署によると、現場は片側2車線の直線道路。カンボジア人の男性は「たばこに火をつけようとした瞬間に追突した」と話しており、同署は前方をよく見ていなかったのが原因とみて、自動車運転過失傷害の疑いで調べている。【木村健二】

【関連ニュース】
電動車椅子:バイクに追突され男性死亡 大阪
都営バス:左折の際にはねた男性死亡…容疑の運転手逮捕
ひき逃げ:女子高校生重体 京都の男を逮捕…岐阜・各務原
交通事故:衝突2人死亡、身元分かる 長野の国道
事故:貨物車が対向の3台と衝突、2人死亡 長野の国道

1歳の三女虐待、頭揺さぶり死なす…両親逮捕(読売新聞)
<神奈川不正経理>元職員、授受のたびに場所変更(毎日新聞)
<警察庁>警官不祥事に長官「遺憾」(毎日新聞)
ホストクラブ1回700万、公正証書も書かせる(読売新聞)
兜町の覆面強盗3人逮捕(産経新聞)
AD