無所属の平沼赳夫元経済産業相、自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相ら新党「たちあがれ日本」結成に参加する国会議員5人が8日午後、都内の平沼氏の事務所で、10日の旗揚げに向けて最終調整した。基本政策として(1)自主憲法制定を目指す(2)日本郵政は全国一律サービスとする(3)消費税を引き上げ、福祉目的税化する-ことなどで合意した。また、10日午後に都内のホテルで結党会見を開き、両氏を含む5人で旗揚げすることを確認した。
 会合には、平沼、与謝野両氏のほか、自民党に離党届を提出済みの園田博之前幹事長代理、藤井孝男元運輸相、中川義雄参院議員の計5人が出席。石原慎太郎東京都知事も加わった。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

改憲・消費税上げが柱 新党、保守層掘り起こし(産経新聞)
「国家公務員の働きに感謝」新人キャリアに首相訓辞(産経新聞)
<太陽光発電>リニア跡地利用し実験場 宮崎に施設が完成(毎日新聞)
政治資金監査、収入は調べず領収書照合のみ(読売新聞)
横尾忠則さんと渡辺篤史さん、大学教授に(読売新聞)
AD