薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いを紹介します。

薬膳インストラクターと薬膳マイスターは民間資格です。

調理師や栄養士のような公的資格ではありません。

民間資格ですが薬膳の知識と技能を「食」の仕事に活かせるので注目されています。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座の修了で取得できるのは国際薬膳食育師3級です。

一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する資格になります。

薬膳インストラクターは、一般社団法人・日本能力開発推進協会の認定資格です。

薬膳インストラクターは、一般社団法人・日本能力開発推進協会認定の技能審査に合格すれば取得できます。

次に、薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いについて紹介します。

1)民間資格

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは、一般社団法人が認定する民間資格だということです。

薬膳インストラクターは、一般社団法人・日本能力開発推進協会が資格認定します。

国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)は、一般社団法人・国際薬膳食育学会が資格認定します。

一般社団法人・日本能力開発推進協会が認定する薬膳インストラクターには上位資格はありません。

一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)には上位資格が3つあります。

国際薬膳食育師2級・国際薬膳食育師1級・特級師範です。

民間資格ですが「食」関連の仕事で活かせる資格です。

2)日本能力開発推進協会認定

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは資格認定団体の違いです。

薬膳インストラクターは、一般社団法人・日本能力開発推進協会が認定します。

薬膳インストラクターを取得するには、日本能力開発推進協会認定の教育機関実施の講座カリキュラムを修了する必要があります。

日本能力開発推進協会認定の教育機関で教育訓練の全カリキュラムを修了すれば受験資格が得られます。

日本能力開発推進協会実施の技能検定に合格すれば、日本能力開発推進協会から資格認定されます。

3)国際薬膳食育学会認定

薬膳インストラクターと薬膳マイスターの違いは資格認定の民間団体の違いです。

国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)は、一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定します。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)を修了すれば資格取得できます。

「がくぶん」のの通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)を修了して資格取得をしてから、国際薬膳食育師2級・1級・特級師範などの上位資格に挑戦する人もいます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で和漢膳の知識と技能を学びませんか。

一般社団法人・国際薬膳食育学会認定の薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)は「食」の仕事で役立ちます。





AD
薬膳マイスターの通信講座は「がくぶん」にあります。

標準受講期間は6ヶ月です。

多くの受講生が6ヶ月間で和漢膳の知識と技能を学んでいます。

東洋医学理論を取り入れた薬膳の知識は「食」の仕事や家族の健康に役立ちます。

「がくぶん」薬膳マイスターの通信講座では和漢膳を学びます。

和漢膳とは日本人に合うようにアレンジされた薬膳です。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)は、一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定講座です。

日本の薬膳の第一人者で一般社団法人・国際薬膳食育学会の理事長である板倉啓子先生が監修・指導をしている講座です。

マイペースで学習を進められる通信教育講座で和漢膳のことを学びませんか。

次に、薬膳マイスターの通信講座の紹介をします。

1)マイペース学習

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座はマイペースで学習を進められます。

マイペース学習で一般社団法人・国際薬膳食育学会認定の国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)資格を取得できます。

一般社団法人・国際薬膳食育学会認定の国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)は、調理師や栄養士のような公的資格ではありません。

民間資格ですが和漢膳の知識と技能を証明する資格として「食」の仕事に役立ちます。

通信教育のメリットはマイペースで学習できることです。

勤務スタイルやライフスタイルに合わせてマイペース学習ができるので、家事・育児・会社勤務で忙しい女性でも受講を続けられます。

2)和漢膳を学ぶ

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了して和漢膳の資格を取得してください。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)では、板倉啓子先生監修・指導の教材を使用しています。

板倉啓子先生監修の教材はテキスト・DVD・サブテキストなどです。

テキスト4冊・DVD2巻・サブテキスト「薬膳レシピ集」を使って和漢膳の知識と技能を学びます。

3)薬膳マイスター

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で学びませんか。

勤務スタイルやライフスタイルに合わせたスキマ時間活用で受講できます。

日本人の体質・味覚に合わせた和漢膳の知識・技能は、食育・生活習慣病予防改善に役立ちます。

忙しい家事・育児で忙しい女性でもスキマ時間を利用して講座を修了しています。

標準学習期間の6ヶ月期間を楽しみませんか。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)は次のような人におススメします。

・子供の食育に役立てたい

・生活習慣病予防&改善食つくりをしたい

・ダイエット効果のある料理をつくりたい

・専門の生薬を使った和漢膳料理をつくりたい

・自宅で薬膳の資格を取得したい

・通学制講座に通えない人などです。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了して、一般社団法人・国際薬膳食育学会認定の国際薬膳食育師3級(薬膳マイスター)を取得しましょう。

通信教育なのでマイペース学習で和漢膳の知識を身に付けられます。





AD
薬膳マイスター合格率・合格ラインを知れば合格間違いなしですね。

合格可能性ラインは、一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスターのサイトで確認してください。

薬膳マイスターは、一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスター講座と「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座で取得できます。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)では東洋医学理論を取り入れた和漢膳を学びます。

和漢膳とは日本人に合うようにアレンジされた薬膳のことです。

人気の通信教育機関の「がくぶん」の通信教育講座は、薬膳の第一人者の板倉啓子先生の監修・指導の学習教材を使っています。

学習サポートシステムも充実しているので、マイペース学習で和漢膳の知識と技能を学べます。

一般社団法人・国際薬膳食育学会の認定する「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)を修了しませんか。

次に、薬膳マイスター合格率・合格ラインについて紹介します。

1)養成講座の修了

薬膳マイスター合格率・合格ラインは、一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスターのサイトで紹介してあります。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)は、一般社団法人・国際薬膳食育学会が認定する講座です。

「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)受講期間は6ヶ月(標準受講期間)です。

薬膳や和漢膳のことを知らない人でも、6ヶ月の受講で和漢膳の知識と技能を身に付けられます。

6ヶ月期間(標準受講期間)で5回の通信課題があります。

薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)資格を取得するには、5回の通信課題と修了認定試験に合格する必要があります。

2)合格ラインは70点

薬膳マイスター合格率・合格ライン(修了認定試験)は70点以上のようです。

合格ライン70点は「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)をマイペースで学習すればOKです。

多くの受講生は標準受講期間6ヶ月期間に70点(合格ライン)をクリアしています。

「がくぶん」には合格するための教育システムがあります。

・板倉啓子先生監修の分かりやい4冊のテキスト

・DVD映像で和漢膳の習得をサポート

・質問メールサポートで疑問を解決

・添削指導システムで弱点克服

3)監修・指導

薬膳マイスター合格率・合格ラインは70点のようです。

板倉啓子先生監修・指導の「がくぶん」の通信教育講座(薬膳マイスター養成講座)で学べば合格ラインの70点はクリアできます。

板倉啓子先生は一般社団法人・国際薬膳食育学会の理事長です。

「気・血・水」のバランスを考えた東洋医学に基づいた和漢膳の知識を学びませんか。

通信教育講座では、

・薬膳(和漢膳)とは
・食材と生薬について

・体質の見方と季節の薬膳
・目的別薬膳について学びます。

「がくぶん」の薬膳マイスターの通信講座を修了して一般社団法人・国際薬膳食育学会の薬膳マイスター(国際薬膳食育師3級)を取得してください。

通信教育講座6ヶ月(標準講座期間)には、5回の通信課題と修了認定試験があります。

板倉啓子先生の監修・指導の通信教育講座で和漢膳の知識と技能を学びませんか。




AD