菅直人副総理・財務相が3日の参院予算委員会で、自民党の林芳正政調会長代理と「対決」した。両氏は1月の予算委でも「消費性向」をめぐって論戦し、菅氏が答弁に窮した因縁があり、菅氏は「前回乗数効果と消費性向の質問があり、おかげで大変勉強させていただく材料になった」と皮肉で応酬した。

 一方、林氏はノーベル経済学受賞者の故ポール・サミュエルソン氏の代表作「経済学」を最近購入したという菅氏に「読んだか」と問うた。同書は上下巻で1千ページ近いが、経済学を学ぶ大学生の教科書とされる。菅氏は「10ページだけ読んだ」と述べ、失笑を買った。

 菅氏は昨年12月にサミュエルソン氏が死去した直後の記者会見で「サミュエルソン氏の考え方は日本の経済運営に大変参考になる」と絶賛していたが、林氏に「本を辞書代わりに使うのか…」とやり込められ、またも「経済オンチ」をさらけ出してしまった。

【関連記事】
3閣僚の遅刻に民主参院国対委員長「言語同断!」
首相「国民欺かない」 参院予算審議スタート
前原、仙谷、原口3閣僚が異例の予算委遅刻 予算成立確定で気の緩み?
霞が関にメス 菅財務相が財務省改革PT設置へ
菅財務相「霞が関は時代遅れのビジネスモデル」
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

「温暖化」米で懐疑論…政府間パネル失策続き(読売新聞)
<自民党>国家公務員制度改革への対応苦慮 党内で意見対立(毎日新聞)
津波到着なら、28日午後以降=チリ大地震で気象庁(時事通信)
<もんじゅ>再開微妙に 安全性の説明不十分(毎日新聞)
津波 東北3県で12万7064世帯に避難勧告や指示(毎日新聞)
AD