結婚詐欺をした罪などで起訴された無職女(35)の知人男性が相次いで死亡した事件で、東京都千代田区の会社員大出嘉之さん=当時(41)=を練炭自殺に装い殺害した疑いが強まったとして、埼玉県警は28日、来月初旬にも殺人容疑で女を再逮捕する方針を固めた。
 捜査関係者によると、女は殺害への関与を否定している。
 女は昨年8月、大出さんに睡眠導入剤を飲ませて昏睡(こんすい)状態にし、埼玉県富士見市の駐車場に止めたレンタカー内で、しちりんで練炭を燃やして一酸化炭素中毒死させた疑いが持たれている。
 2人は昨年7月、インターネットの結婚紹介サイトで知り合った。
 これまでの調べで、大出さんは遺体で見つかる前夜、レンタカーを借りて女が当時住んでいた板橋区のマンションに行ったことが判明。女が処方された睡眠導入剤と同じ成分が大出さんの遺体から検出され、女が練炭やしちりんをネットで購入したことも確認された。 

【関連ニュース】
パロマ中毒死、5月判決=元社長ら改めて無罪主張
桑田元投手の父、火災で死亡=誕生日に住宅全焼
詐欺容疑で女を送検=男性連続不審死
不審死男性から四百数十万円=詐欺容疑で女を再逮捕
不審死男性への詐欺容疑=女を再逮捕へ

冬のボーナス、12%減=減少率最大-厚労省調査(時事通信)
昏睡強盗でスナック経営者ら逮捕 手製カードリーダーで暗証番号盗み見る(産経新聞)
【中医協】NSTや呼吸ケアなど、チーム医療で3加算を新設(医療介護CBニュース)
<谷垣総裁>消費税10%以上必要(毎日新聞)
「掲示板は生活の重要な一部」事件直前まで書き込み続け(産経新聞)
AD