名古屋市議会の二つの委員会は20日、河村たかし市長が提案した恒久的な市民税10%の減税条例改正案と、議員報酬を半減させる条例改正案を、ともに全会一致で否決した。両条例案とも、21日の市議会本会議でも否決される見通し。
 市民税減税は、河村市長の最大の公約。市議会は昨年12月、いったん恒久減税条例案を可決したが、今年3月、市財政への影響を考慮し、減税を2010年度に限定する改正を行った。
 これに河村市長が反発、減税を恒久化させる条例改正案と市議の報酬を半減させる条例改正案を提案していた。 

【関連ニュース】
恒久減税、議会に再提案=「1年限定」改正求める
首長ら「日本創新党」旗揚げ=党首に山田杉並区長、参院選5議席目指す
議会解散以外に方法なし=市民税減税の公約実現で
菅原文太氏が河村市長を応援=市議会解散問題で
議会リコールへ自転車街宣開始=河村たかし名古屋市長

第1類の取扱品目数、増やした薬局が32%(医療介護CBニュース)
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対-地元町長(時事通信)
老人保健施設で入所者虐待 市も調査に乗り出す方針(産経新聞)
<普天間問題>鳩山首相「5月末までに五月晴れ」(毎日新聞)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
AD