自民党の谷垣総裁が12日、さいたま市内の党埼玉県連本部で、党再生や次期参院選に向け、地元議員ら約100人との意見交換会を行った。

 「参院選までの3か月、死にものぐるいで真正面から戦い、与党多数を許さない」と訴える谷垣総裁に対し、竹並万吉・同党県議からは「日本のために総裁を辞めて、舛添要一・前厚生労働相にその座を譲ってほしい」との意見も。

 谷垣総裁は「今辞めるのは無責任と考えている」と答えたが、出席者からは「ゴタゴタする暇があったら、下部組織にしっかり情報を流して」「国会議員が全国各地でもっとやる気を見せて」など厳しい注文が相次いだ。

 谷垣総裁はこの日、川口市内の鋳物関連工場も視察し、地元の企業経営者らの声に耳を傾けた。

藤谷治さんのチェロ盗難「何としても見つけて」(産経新聞)
首都高の上限900円 高速新料金、エコ割も(産経新聞)
熊本県知事が水俣病未認定患者救済で謝意(産経新聞)
<ウナギ>完全養殖に成功した仔魚を初公開 三重・南伊勢(毎日新聞)
空港懇紛糾、橋下知事らに「じゃんけんで決めて」(読売新聞)
AD