まりも日和

動物ライターであり、心理学講師でもある、
すずき莉萌の日々の戯言。
子育てやどうぶつ、シゴトのことetc・・・。
さまざまな四方山話、お付き合い頂ければ幸いです☆


テーマ:

わたしのように働く母親にとって、学童はありがたい場所です。



息子Uの通っている学童はNPO法人ですが、


施設は新しくて立派、雨の日でも走り回れるスペースもあり、


本物のピアノをはじめ、おもちゃや漫画も充実していますし、


先生方は学童教育に理解と情熱のある方ばかり、


学校の校庭は目の前という、ほんとうに申し分なしの施設です。



そんな完璧に近い学童ですが、


文句を言う人というのはどこにでもいるものでして。ハートブレイク



年に二回、合宿があるのですが、


夏に高学年女子が勝手に湖に入り、泥に足をとられて


転倒したという、ちょっとした事故が起こってしまい、


次の3月の合宿の存続が危ぶまれております。



詳しくはコチラ①



コチラ②


(事故の話とその後の話し合いの様子を綴ってあります)




合宿を真っ向から反対している親が


ズバリいるわけではないんですが・・・・。ヒミツ



指導者の数を倍に増やすべきとか、引率者同士で


チームを組んで、事前の打ち合わせを密に行うべきとか、


方針が改善されるまでは、わが子を合宿に行かせられないから


合宿中も一部の指導員は残して、


合宿にいけない子のために学童は開けておくべきだとか、


正論ともわがままともとれるような要望がわんさかあがっていて


春の合宿が暗礁に乗り上げております。船



何度か話し合いの場もあったのですが、


モンペのような方たちの一方的な発言で


学童の先生たちは、ただただ平謝りするシーンも散見。汗



モンペさんたちが引率されれば、


それが一番だと思うのですが、


それは「仕事の都合」で、できないらしい。。


(2か月以上前に日程が決まってるんだから、

そんなに子どもが心配なら、どうにかならないんですかね?)



引率者の親は、子どもの倍の旅費がかかりますから、


(それでも破格のお値段ですが)


他人の子どもの面倒をみにいくなんて、


疲れに行くのと同じ。


そんなことにお金を払うなんてイヤむかっ、という発想かもしれません。NG



そんな中、数少ない夏の合宿の引率者でもあった私は、


時には矢表に立ちつつ、


先生方の援護射撃を続けてきました。銃



モンペさんたちのいう夢のような希望をすべて叶えていたら、


とてもじゃないですけど、


予算内で、バスチャーターのホテル泊で三食つきの旅行


なんて実現するわけがないからです。



それができるなら、とっくにやってるのに、



モンペさんたちには、内情をわかってもらえません。




わりと裕福な家庭のお子さんが多いのは事実ですが、


学童ですから、余裕のないご家庭だって当然あります。



お金には糸目をつけず、とか、


高額な旅費を払えるご家庭だけどうぞ、


というわけにはいかないわけです。



一年生と六年生の保育費が同じなのは不公平だと


食って掛かる人たちですから、お金にはうるさいんでしょうけどね。


(人件費はそうかもしれないけど、おやつ代は高学年のほうが
はるかにかかってます、と運営側に指摘されおとなしくなってましたが)



今週末も、学童で保護者と運営者側の話し合いがあります。


その時にもらう資料を先週末、先生から渡された私。



「スズキさん、あのね、ここだけの話だけど・・・・。


来週も話し合いがあってそこで決まるのだけど・・・・。



実はわたしたちは誰がなんといおうと、


行こうと思ってるんですよ。合宿。


子どもたち、とっても楽しみにしてますから。



希望者だけ参加というのも考えてません。


子どもたちの間に、そんな不公平はあってはならないからです。


旅行なんて、学童でしか行けない子だっているし、


全員そろって行くことに意味があると思ってますから。



下見も今まで以上に念入りに行いますし、


人手が足りない分は、教育学部の大学生を


アルバイトで雇ったりして


保護者さんたちにとっても納得のいく旅行にできるよう


わたしたちにできる限りのことはするつもりです。


だから、手を貸してください。



っていうか、心強い助っ人ってことで、


もう頭数に入れちゃってますから(´∀`)


スケジュール調整(当日の)よろしくお願いします!!」



あれよあれよで、また引率者として春の合宿も


参加予定になってしまいました。(・ω・)/



わたしはこの学童の先生方が大好き、


子どもたちの自由を重んじる教育方針にも


心から賛同しているので、


仕事はそっちのけで、もちろん、


喜んでお手伝いさせて頂くつもりです。ラブラブ



だいたい、今どき少ないですよね。こんな先生たち。



モンペの親にあれだけコテンパンに言われても、


子どもたちが楽しみにしているからと、がんばる先生たち。



とりあえず今年の春は中止って学童側もいうかな、と


思ったんですけど、


旅行は今年で最後の子たちもいますからメラメラって。




できる限りのお手伝いはするつもりですが、


息子U、2年の夏休み終了とともに学童も卒業予定です。ヒミツ



うちの場合、学年があがれば1時間程度の留守番で


済む予定でして、習い事も忙しいですし、


カギの管理さえきちんとできるようになれば


学童の枠は、1年生の親御さんに譲るべきかな、と思い・・・。



ということで、


今、あまりしゃしゃり出てしまって、後の人たちが


困るようなことにならないよう、


ほどほどに協力していきたいと思います。OK












AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。