まりも日和

動物ライターであり、心理学講師でもある、
すずき莉萌の日々の戯言。
子育てやどうぶつ、シゴトのことetc・・・。
さまざまな四方山話、お付き合い頂ければ幸いです☆


テーマ:

ちょっと前ですが、我が家としては幼稚園最後の運動会が無事に終わりました。


体育会系のマンモス幼稚園に通っているので、運動会はかなり盛大です。


夏休み前から猛特訓を重ねてきました。


ですから、入学してゆるーい、小学校の運動会に、親子で拍子抜けしてしまうくらい。



年長児K、マーチングバンドでは、150人の代表として


本部席でシンセサイザーを演奏しました。


100m走ではダントツの一位。ベル



組体操でも上のほうに乗る大役を引き受け、


リレーでは2回、走りました。旗


障害物競争では通常、1回のところ3回も登場。


Kが出場するとKコールが保護者席から湧くほどの大活躍!





・・・・・。


とまあ、親は盛り上がってたんですが、


運動会が終わり、本人に感想を聞いたら、無言。



ならば甘いものでもとファミレスに連れていって労をねぎらったんですが、


「何もいらない」と、お茶をすするばかり。


毎日、書いている絵日記には何を描くのか楽しみにしていたんですが、


こちらも

「今日は書くことがないから書かない」の一点張り・・・。



え?、でも、運動会、大活躍だったよね?


楽しくなかったの?と聞いてみたら、


「何一つ楽しくなかった」そうで。( ̄Д ̄;;



「Kもみんなと一緒にしゃがんで応援したかった」


そうです。



すべての競技に休みなく参加したK。


応援されるばかりで実は応援したかったらしい。




おまけに、根っからの勝負師なものですから、勝ち負けにこだわりすぎて


まったく楽しめなかったようです。


たしかに、みんなが盛り上がっている時に、


ひとり必死に得点を数えて舌打ちしてましたからね・・・・。




では、マーチングのシンセサイザーはどうだったかというと、


「ひとつ和音を間違えてしまった」と、


悶々と責任を感じていたようです。


君が思うほど、誰も聞いてないし、聞こえてないし(笑)。



演奏の最後に、正指揮者とシンセサイザーだけで校庭をぐるっと一周、行進して、観客に拍手されながら退場するというシーンがありました。


ここでも、退場門のあたりで先生に手を引っ張られ、大勢に前でコケてしまったらしく、プライドの高いKは大勢の前で恥をかかされたと根に持っていたようでした(笑)。



ちなみに!


ハハは運動会のかけっこで一位などとったことがありません。


花形扱いされて、いいなぁ、うらやましいなあー、と思ってましたが、スプリンターにはスプリンターなりの憂鬱というものがあるようです。



点数ばかりにこだわりすぎる性格は、私が育ててしまったのでしょうか。


これからは行事自体をもっと楽しめるようになってもらいたいものです。



先生や親が夢中になりすぎて、優勝することばかりに心が奪われた結果、


子どもの気持ちをおざなりにするような運動会もいかがなものかとも感じました。



とはいえ!


次の週末は、体操競技会に参加する予定のK。


志半ばで骨折してしまった兄Uの分まで、がんばってもらいたいと思います。王冠1


(しかも指の付け根が2本折れてたことが最近になって判明しましたあせる




おそろいのオレンジカラーで応援するチャッピー応援団長。






またね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
セキセイインコのピルルちゃん。

先日、二歳になりました(*´-`)


ひよこヒヨコ色のピルルちゃん。

ピルルル、、、と、いつまでもヒナみたいなキュートな鳴き声です。

かかりつけの獣医さんも、「あら、ほんとに名前通り、ピルルルって鳴くのね!」と、びっくりしていました。


そんな風に教えた覚えはありませんけどね。

少しならおしゃべりもします。

ピルルちゃん、とも言いますが、その日の気分で呼んでいた、「パインチャン!」、「レモンチャン!」など、適当な呼び名も、しっかり覚えてしまっています。ヒヨコ



目下の趣味は、かじること。



このあと、あっさり麻のひもをちぎりました。



洋服も破きます。

穴が開くまで、執拗にかじり倒します。

止めさせようとすると、すごい勢いでギャギャギャギャと猛烈抗議してくるので、毎度、根負けします。

執念深いインコなんです。


母のこのお気に入りの目玉焼きシャツも
、あっさり穴をあけました。(°Д°)



人の手はぜったい噛んだりしない、優しいよいこなので、許します。


「クチバシの忙しい鳥は幸せな鳥」ということばもありますからね。ラブラブ






ピルルちゃん、これからも元気で穴あけ作業。頑張ってねヒヨコヒヨコ
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



周囲の不幸は自分のせい、消えてしまいたい(人生相談)



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



40代女性Aさんのご相談です。



夫がよその女性のところから帰ってこないのも、10代のお子さんたちの発達につまづきがあったり、人間関係に悩んでいるのも、実家に心配ばかりかけているのも、何もかも自分のせい。


自分さえいなければと思ってしまう。


いっそ消えてしまいたい・・・・・・。




聞けば、かつて若い頃、一緒に住んでいた男性から、激しいDVに遭い、それが不幸のはじまりだったそうです。



「彼が仕事を辞めてダメな男になってしまったのは私のせい。


結婚した主人が女性に逃げたり、借金を繰り返すのも、自分がしっかりしていないから。



自分で決めたことは自分で責任をとるよう、親にしつけられてきたから誰にも甘えられなかったんです。



生まれてきた子どもが人間関係に悩んでいたり、発達に問題を抱えているのも、私のせいです。



自分自身が悩みを抱えていて、おなかの子のことを、心から望んでいなかったんです。


だから、ばちがあたったのかもしれません。


きちんと産んであげられなかった。



外ではいい母親のふりして、家では、少しでも子どもに夫に似たところが感じられると、当たり散らしてしまいます。



<あなたなんか、産むんじゃなかった。もう要らない>


我が子にそこまで言ってしまうんです。


手をあげてしまうこともあります。


そんな自分が大嫌いで、お酒に逃げて・・・。


私は最低な母親です。



私さえいなければ、こんなことにはならなかった。


子どものために、がんばらなくちゃと思うけれど、もうがんばれないんです。


人生に希望がまったくもてません。



私が思い描いていた人生ってこんなものじゃなかったはず。


夫さえいなければと思い、手をかけようとしたことだってあります。



今は、もうどうしたらいいかわかりません。


このまま、消えてしまいたいです。



自分の首に紐をかけたり、包丁をあててみたけれど死にきれませんでした」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Aさんにとって、家族とはいったい何なのでしょう?



Aさんを苦しめるだけの存在なのでしょうか?




Aさんのやり場のない絶望と、Aさんに「要らない」と、存在を否定されているお子さんのことを思うと、思わず涙がこぼれてしまいました。



Aさんが言うには、はじめのDVのあった恋愛から、ずっと人生下り坂で、悪いことばかり続いてきたそうで、今の自己肯定感の低さや不幸な気持ちも、夫を含めた男性との付き合いで芽生えたものといいます。



しかし、念のためと思い、


Aさんのお母さんとの関係を聞いてみたところ、やはり母親に「あんたなんか産まなければよかった」と

口癖のように言われて育ったそうです。



「あんたがいるからクズ(夫)と別れられない」、


「お前さえいなければ、うまくいったのに。」と。


きっとAさんは幼い頃から両親の不仲に苦しみ、それを「自分のせいだ」と思って生きてきたのではないでしょうか。



何もかも自分のせい、、、という強い思い込みも、Aさんが言う、親の教えというよりは、こういった両親の元で育ったことに起因するものではないかと感じました。



それで、言葉は悪いですが、手に負えないタイプの男性ばかり拾ってしまい、こんなダメ男、私でないと立ち直らせることはできないはず!と、そういう男性に献身的に尽くすことで、自分の存在価値を見出してしまったのでしょう。


必要とされている実感がありますから。



「ここになら、私、いていいんだ」と。




子どもに対してもそうなのかもしれません。


子どもがいるから夫とは別れられない。


子どもを育てなくてはいけないから、死ぬわけにはいかない。



でもこうなってしまったのは、すべて自分のせいだから・・・・と自分の行動を否定し、人生に深く嘆き、悲しみ、子どもに当たり散らす人生・・・・。



自分や周囲の不幸はすべて自分のせいだと思うことで、もしかしたら楽になれるのかな、と聞いたら、その通りだとおっしゃっていました。



だいすきな両親の不仲は自分のせい。


母が、父がわたしにだけ厳しいのは、私が悪い子だから。


母や父がわたしにだけ暴言を吐くのも、私がダメな人間だから。


そんな風に考えると、子どもって楽になれるんですよね。哀しいけど。



だって、


大好きなお父さんお母さんがいがみ合っているのは、心から憎しみあっているから。


両親が自分にだけ厳しく、暴言を吐くのも、自分のことが嫌いだから・・・。



そんな風に考えてしまったら生きていけないですから。


自分のせいということにすることで、どこかで自分を救済しているわけです。



結婚なんかしなければよかったというAさん。


子どもにもそう言っているそうです。



子どもの頃、家族といて、落ち着かなかった自分。


癒されなかった自分。


親の過干渉や暴言に傷つけられてきた自分。




でも、それがAさんの子ども時代のすべてだとすると・・・・。


今も不幸の中に身を置くほうが、体験したことのない幸せという未知へのチャレンジより、落ち着いて過ごせるのかもしれません。



他人から否定されるような人生を自分で選んでしまっているわけです。


幼少期の記憶に突き動かされるように。



かつて慣れ親しんだ負感情の中で生きることを



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



ひとりの女性に、ここまで・・・、と思ってしまうような、さまざまな不幸に見舞われて生きてきたAさんですが、今がいちばん辛い時期だと言います。

ということは、今が「底」であるとも考えられるのではないでしょうか。



わたしが何気なく発した、


「魂の死」、という言葉が、妙にしっくりくるというAさん。



だとすると、


その先にあるものは、きっと「再生」。



誰かのためだけに生きる人生は不幸でしかないことに気づいたのかもしれません。



あなたのために別れられない


あなたがいるから死ねない、


そう言われる、お子さん。



かつてのAさんご自身がそうであったように。




子どもこそ、誰より母親には幸せでいて欲しいもの。

自分のためにしょうがなく生きていると言われたら、かつてのAさん同様、辛いばかりで嬉しいわけありません。



今は前を向くのは難しいAさんですが、誰にも言えなかった辛い過去を打ち明けられたということは、カウンセリング的に考えると、ものすごい「前進」です。



ある精神科の先生はこう言ってました。


「勇気を出して、悩みを口にさえ出せれば、


そのカウンセリングはすでに8割、成功したようなもの」と。



不幸だったかもしれないけれど、どこかで自分の判断で選んできたともいえる人生。



そんな中、死を意識するほど、生まれ変わることを切望している、Aさんの魂。


ご自身のことを客観的に見れるようになってきているとも考えられます。



Aさんは、「自分を認めることはまだできないけれど、今日は来れてよかった、、、」といってお帰りになりました。晴れ



病気と同じで、Aさんのように長い期間をかけて、心が深く傷ついてしまっている場合、その心の傷が癒えるまで、少し時間は長めにかかってしまうかもしれませんが、必ず癒える日が来ると、確信しています。キラキラ




※プライバシー保護のため、内容にはいくつか手を加えてあります。



カウンセラーブログランキング ワンクリックお願いします☆


カウンセリングを行っています。電話、メールでのカウンセリングも承ります。

スカイプでの相談もはじめました。


お問い合わせはコチラから










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメーバの占いによると(*´-`)

これまでの努力が報われる幸運期到来、だそうです。

全国のしし座の皆様、盛り上がってまいろうじゃあありませんか滝汗ラブラブ


そういえば♪

今日は職場の上司に食事に連れていってもらいましたドキドキ


高層ホテルの最上階のフレンチレストランでした。

これも、もしやしし座的幸運のおかげ?



席をソファに移して、下界を臨みながら戴いたデザートはこんな感じ~。

デザートもそうですが、他のメニューも何がはいっているのかはさっぱりわからないものだらけでしたが、どれも美味しかったです。



上司も同席したお仕事仲間(ドクター)も、何度もこのお店に来ているらしく、、、ポーン

せっかくのご馳走でしたが、感動を共有できる仲間(庶民)がいなかったのが唯一、残念でした。ヒミツ


そして昨日は、ムスメKと習い事の帰り道、久しぶりのカフェめぐり。

秋も深まって参りましたが、Kの強い希望でかき氷専門店へgoくつ

(並ぶのがイヤでずるずる後回しにしていたら、すっかり季節をはずしてしまいましたガーン。忘れさせようと思っていたのにえー。Kの粘り勝ち!)


練乳の苦手なKは、パイナップルのかき氷。

パインとパイン絞り汁だけの、実にシンプルな一品です。

歯の抜けた口でバクバク。



母はしっとり、いちご味をチョイス。

気のせいかKより、だいぶ小さいような。

美味しかったですが、風邪気味で冷え性のアタクシには、ちと冷たすぎました。ゲホゲホお茶

実は、こちらのかき氷、ひとつで夜店のかき氷が三つ四つ買えてしまう高級スイーツだったりしますお金お金お金トロピカルカクテル


ムスメKは大喜びで、また来る長音記号2ヒヨコとはしゃいでましたが、家計を預かる主婦といたしましては、この氷の原価は一体、いくらなわけよ!?などと、浅ましいことばかり考えてしまい、心から楽しめませんでした。ダウン


ごめんよ、K。

次は父ちゃんに連れていって貰いなさい。





しょうもない場所で留守番していたチャッピーさん。見つかっちゃったとばかりに、いい笑顔しています。
笑顔に免じて赦してやりました(⌒‐⌒)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

久しぶりに人生相談いってみます☆




チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫


Q、毒親からの呪いが解けない


チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫


わたしの母親は、いわゆる「毒親」でした。


母やわたしが何をやっても認めてくれず、


ひたすらわたしの努力をけなすことを生きがいとしていました。



何をやっても「お前はダメな人間」だ、と。



そうやって、自分はダメ人間だと思い込んで大人になりました。



社会人になり、家を出て生活するようになり、


少しずつ自由を手にしていきました。




そんな中、今の夫と知り合い、結婚しました。


義理の両親が、とても良い人たちで、わたしのことも、


息子である夫と同じように、大切に扱ってくれました。



そこで。激しく衝撃を受けてしまったのです。



自分の親は、一体なんだったんだろうって



その後も実家の両親とはいろいろあり、


嫁に行ったわたしを、いつまでも支配しようとする母に


こころから絶望し、絶縁しました。



やがて子どもが出来、慌ただしい中にも小さな幸せがたくさん詰まった


毎日を送ることができるようになりました。



すると、忘れよう、忘れようと思っていた毒親の悪夢がよみがえるのです。



今、小学生と中学生の子どもたちは、


生意気ですがまだまだ可愛いです。



子どもがかわいいと思えば思うほど、毒親だった母からの仕打ちが思い出されます。



どうして血を分けた我が子であるわたしに、


あれほどまでに愛情のかけらもないひどい扱いができたのかと・・・・。



10年以上前に母とは絶縁して自分を変える努力を続けてきました。



そして、自分を奮い立たせてきました。


自分はダメな人間なんかじゃない。


親には愛されなかったかもしれないけれど、


このまま生きていていいんだ、わたしのままでいいんだと。



夫は優しく、我が子はかわいいです。


この幸せを大切にしていこうといつも自分に言い聞かせています。



しかし一人っきりになると、涙が溢れるのです。



わたしも、母の子として、ふつうに愛されたかった、と。


もう終わったことなのに、どうしても忘れることができません。



毒親からかけられた呪いは、


死ぬまで消えることはないのでしょうか?






チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫


A.母親である前にひとりの人間であったことを受け入れましょう


チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫チューリップオレンジチューリップピンクチューリップ紫




御相談者の女性、Aさんは、絵に描いたような幸せな家庭を手に入れて、


ご自身の恵まれなかった境遇を比較してしまうとこのこと。



今の幸せな家庭は、ご自身の努力で築きあげた賜物。


その点は高く評価して良いのではないでしょうか。



ただ、自分の現在が幸せであるがゆえに、


愛情いっぱいに育っているお子さんを目にし、


親の心無い言動で傷ついた心のまま生きてきた


幼かった自分自身が居たたまれなくなってしまう・・・・・。



母親とは絶縁もし、とっくに決別したはずなのに。




お母様はご存命とのことですから、今が最後のチャンスかもしれません。


その今のお気持ち、伝えられないでしょうか。


お母様に。



子どもの頃、とても傷ついていたこと。


他のきょうだいのように、ふつうに愛されたかったこと。


本当はお母さんにこころから甘えたかったこと。



今、子どもが成長するにつれ、


甘えられなかった苦しかった幼少期を思いだし、


今も苦しんでしまっていること・・・・。



会うのが躊躇われるのであれば、手紙でもかまいません。


心の整理のためのものですから。



毒親というからには、一筋縄ではいかないことも考えられます。



暴言を吐かれ、腹が立つかもしれませんが、それ以外にも、



子ども時代とは違って、感じる何かがあるはず。




あるいは、ここぞとばかりに再び支配しようと脅してくるかもしれません。



再び、母親の支配下に置かれてしまうか、


あるいは毒親から独立する機会にかえるかは、あなた次第です。



絶縁までして決別したはずの母親との関係で苦しんでいるのですから、


それは決別できていない証拠。



自分自身のために再び真っ向から対峙してみませんか。


怪物のように大きな存在である母親からの呪縛から逃れるために・・・・。



親と暮らしていた頃は、まるで世界のすべてのように思えた母親。


しかし、ふたを開けてみれば、


その母親もただの不完全なひとりの人間です。



あなたの人生を支配する力はないですし、


あなたに呪いをかける魔術も持っていません。



きっとそこにいるのは、


最愛の娘に見捨てられ、孫の成長も目にすることができない、、


老いた寂しいお年寄りです。


恐れず、かつての毒親の真の姿にどうか気づいてください。



娘を失ったことを、心から後悔しているかもしれません。


その時こそは、どうぞ和解してください。


辛かった気持ちをすべて吐きだして。



新たな親子関係を構築する最後のチャンスになるかもしれませんから。



毒親だった母もまた、


時代や環境に人生を翻弄され、人生を狂わせてしまった、


心の弱いひとりの人間にすぎません。



過干渉、ネグレクト(無視)、アルコールやギャンブル依存etc・・・・。


そういった子どもへの精神的虐待を虐待と知らずに、


負の連鎖として断ち切れないまま、繰り返した結果、


娘との関係がこじれてしまったケースは、正直とても多いです。



あなたは、被害者の立場でありながら、


その負の連鎖を見事に断ち切った勇敢な女性です。



親の偏った価値観にとらわれるのはやめましょう。


親の承認が得られないことに悩むのはやめましょう。


すでにそれは親の問題ではなく、あなた自身の問題なのです。



残された人生、自分自身の価値観に自信を持って、


自立への一歩を踏み出してください。


その時、毒親からの呪縛から解きはなたれているのではないでしょうか。






1351341455465.jpg

そのこころの仮面、脱いでみませんか。





カウンセラーブログランキング ワンクリックお願いします☆

カウンセリングを行っています。電話、メールでのカウンセリングも承ります。

お問い合わせはコチラから


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
小学三年生の息子U、左手の掌にヒビが入ってしまいました(°Д°)


スポーツクラブ中の事故です。

跳び箱の着地に失敗していまいました。

はじめ、夜間でも診てもらえる整形外科に連れていったのですが、レントゲン検査の結果、「異常なし」。

湿布も痛み止めも貰えず帰宅。ハートブレイク

しかし、腫れがひくこともなく、夜もよく眠れないということで、病院を替えて2日後に受診し、再度、レントゲンを撮影したところ、ぱっくりヒビが入ってました。


まったく、いやになっちゃいます。

ムスメKも小児科の誤診続きで、敗血症になるまで放置された経験があるので、ああ、またか、という感じです。チーン

最初の整形外科では、「子どもだからよくわからない」というようなことをドクターが言ったらしいのですが、わからないならわからないなりに紹介状のひとつも書いて欲しいものです。。。

たしかに、患者さんにはやたら高齢者が多い病院だな、とは思ってはいたのですが。

ギブスが外れるまで四週間あせる

スポーツクラブはもちろん、ピアノも水泳も体育の授業もおやすみです。

体操競技会も近く、張り切って練習していたのでちょっとかわいそうなU。


今どきの忙しい小学生Uに、神様が与えてくださったつかの間の休息の時間。

こうなったら、心から楽しんでほしいと思います。



こちらは折れる前の写真。
とりさんたちには、もっと頑丈になった、Uのギブス型の止まり木に、はやく慣れてくれるとよいのですが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オオハナおーじろう、秋もふけてきましたが、朝シャンならぬ朝の行水を好んで日課にしつつあります。

朝っぱらから寒いのにね。雪の結晶

ここだけの話、こっちも忙しいのに。むかっ爆弾



おーじろう氏の爽やかな一日のはじまりはじまり。





でもほんとはちょっとやせ我慢してるご様子も。




乾いたら、待ってましたのおめざ登場。


これだからやめられませ~んニヒヒ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

気温も下がり、すっかり秋らしくなってきましたね。


うちの狆ころさんも、ほら、この通り。

睡眠の秋を満喫中。




人肌が恋しいようでして(  ̄▽ ̄)

忙しいハハより、

ヒマで椅子の滞留時間が長い娘Kを、

シェスタの仲間に選んだようですUMAくんUMAくん





Kにしがみつくようにしてニンマリするチャッピーさん。


それはいいけど、Kのシャツ、脱がさないでよね。






何を言っても、このK抱き枕は離すまいとばかりに、にやりとほくそ笑み返すだけのチャッピーさんなのでした。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
幼稚園と小学校の運動会や学園祭などを控え、ドタバタしております。


そんなハハを尻目に、イチャイチャするインコず。




とても仲良しです。

ケージの中ではよくやりあってますが、外に出てくると、このとおり、ずっと一緒にいます。


二羽の重さでブランコが傾いていても、お構い無しです。




年齢は五才も離れていますから、恋人というよりは、もはや、親分子分、あるいは、母娘みたいな関係ですかね。


ピヨちゃんがUに連れていかれ、ひとり残され、窓辺で佇むピルルちゃん。



なかなか絵になってますね♪



リース台に造花をくくりつけただけの手作りブランコですが、小鳥さんたちの、いこいの場になっているようです。


ハンギングタイプのはずのブランコですが、こちらの巨漢が乗ると、たった一羽でもこの通りひっくり返って、「おかめインコつきリース」に早変わりするのでした。ニヤリ

鳥さんの寛ぎっぷりに、私も家にハンモックが欲しいなあと物色中です。




おまけ画像。

チャッピーさんの肉球。

かわいいと思いませんかラブラブ

拇印のようにスタンプに使いたいくらいですしっぽフリフリ

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。