まりも日和

動物ライターであり、心理学講師でもある、
すずき莉萌の日々の戯言。
子育てやどうぶつ、シゴトのことetc・・・。
さまざまな四方山話、お付き合い頂ければ幸いです☆


テーマ:
一泊二日の弾丸研修会ツアーも無事に終わり!!

のぞみに乗って独り、打ち上げビールなど飲んでおります。


子どもと離れてのお泊まりは初めてでして、

しかも、地震まであったそうで(´・ω・`)


おちおち名古屋を楽しむこともできませんでした。


二日間の研修会は、八時半スタート、

終わりは6時過ぎと超ハード。


こちらは、脳科学の講義で作った、

脳のペーパークラフトです。


なかなかキレイに作れました(^_^)v


ぜんぶ英語なのが残念!
(日本語なら息子Uの土産にちょうどよかったのに!(T_T))


この模型を使い、最新の脳科学と認知発達の関係を学んできました。


お昼に味噌カツかきしめんが食べたかったけど、時間がなくて、そばの神戸屋ダイニングでランチ。




おいしかったけど、名古屋にいるのに神戸屋。。無念!



名古屋駅から離れた場所にある大学で、

周囲にホテルもなく

(あっても予約できず、、、)

お化けホテルとの往き来もたいへんでした。


以前、有明の病院にセカンドオピニオンをとりに来るたびに、私に逢いにきてくださっていたクライアントさんが岡崎にいました。


数年前、病魔に倒れ、若くして急遽されました。


彼女から教わることがどれだけ多かったことか。


というより!!

カウンセラーとして育てて戴いた恩人と思っています。


ぜひお線香だけでもと、ご遺族に連絡をとらせて戴いたのですが、残念ながらお留守ハートブレイクハートブレイク


ブロ友であり狆友のうにんちゅさんが名古屋にお住まいとのことで、夜遅くてもいいよ、と誘っていただいたのですがクラッカー

道に不案内ゆえ、名古屋に戻ってきたのは10時近くになってしまい、こちらも残念ながら、叶いませんでしたダウンダウン


会いたかったな~、うにんちゅさん(;_;)/


しょぼんとホテルにチェックインし、気分直しにそばのマッサージやさんでアロマトリートメントを堪能ドキドキ


気持ちよかったんですが、マッサージしやすいようになのか、私がデブでやりづらいのか(まあ、コッチでしょうね)、断りなく紙ショーツにハサミをチョキチョキ入れる外国系のマッサージおねえさん。あせる


まな板の鯉カメゆえ、やめてとも言えず、あられもない姿です施術を受けてきました。

(もちろん個室ですよ)


その後。

ホテルに戻り、すっかり、そのことを忘れ、大浴場で着替えをしているときの周囲の痛い視線禁止たらありませんでしたよ。


なにか事件性を感じさせる、刃物でずたずたに引き裂かれた紙パンですから。


しかもこのオバサン、何事もなかったかのように、そのまま履いてるし!!(爆)


びっくりさせてごめんよ~。

お化けホテルのお客さんたちオバケ





とぼとぼ歩いているときに見えたテレビ搭。


行きも帰りも道に迷い、地元民ぽい人に聞いたら、みんなとっても懇切丁寧。

名古屋の人はいい人ばかり(^^)



大学が遠く帰りもギリギリ。


名古屋駅構内では、家族とご近所への不義理を果たすべく、お土産屋選びに奔走。


ある商品の賞味期限を聞いたら


「当店では、そのような商品は取扱いがございませんが」

と、つれない返事。


あるだろーがよ!と、もう一度、商品のところで確認したところ!


おたふくじゃなくて赤福でした(´・ω・`)


なんとなく予測はついたはず。

せめて鼻で笑って欲しかったな、もう。。。



名古屋はいい人しかいない、という結論で
帰れるところだったのにミソがついてしまいましたよ。


ま、この店員さんは変人慣れしたJRの人だから、カウントせず。




もうすぐ横浜。

旅も終わりに近づいてます。


寂しいような気もしますが、

早く子どもたちや、鳥狆たちにも会いたいです合格

またゆっくり観光できたいなあ、名古屋に。ねずみ男やや欠け月


※お化けの話は長くなるのでまたこんどラブラブ



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

4時台の始発に乗り、

のぞみで名古屋に向かっています。

立派な富士山に思わず写メをとりまくる

おのぼりさんなアタクシ。(*'∀`*)vてへ






今日と明日、某大学に通い、

朝から晩まで心理のほうの講習会に参加します。


なにか大きなイベントでもあるのか?

ホテルがなかなか予約できず、

生まれてはじめてのカプセルホテルデビューとなるか!?

ひじょーに焦りましたが、

旅行会社のビジネスパックで

ようやく、三ツ星ランクのホテルがおさえられました。


ほっとしたのもつかの間。。。

ネットでホテルの口コミでも読もうかと、

ホテル名を検索したところ!

。。(°Д°)


なんと、「出る」らしい。ドクロ




ムスメKは急に心配しだし、

息子Uはおなかを抱えての大爆笑。


「あれだけ探して見つからなかったのに
、あっさりホテルがとれたと思ったら、こわいヤツがいるところだったってこと?
(σ・∀・)σ」


そんなUへの土産は心霊写真にしようと思ってます。



しっかり勉強してきますラブラブ





出るらしいと聞いて、ムスメKがお守りに!と、ハハにささっと描いて持たせてくれたオオハナインコの絵。

なかなか可愛らしく描けていますが、なぜに、赤バージョン?!

(オオハナは♂が緑、♀は赤なのです)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


オオハナインコのおーじろう。

お庭でとれた金柑が、ここ最近の彼のデザートです。





まるごと渡すと、丁寧に大事に残さず食べます。



ほれ、このとおり。



きれいな皮だと思いませんか。

そっくり中身だけ取り出してます。




たまには、食器を使って食べることも。



小さな小瓶に少しだけヨーグルトを分けカクテルグラス

アイスのスプーンを渡しますと

すくうようにして召し上がります。




ステンレススプーンでもじょうずに食べますが

不要になると投げつけてきたりするので注意



貴公子おーじろうの上品なディナーシーンのはずですが、

段ボールの背景がいただけませんな。




食べおわったら、スプーンで筋トレ。





おーさんの美しい羽色は、このようにして守られているのでした。



※ヨーグルトは下痢の原因になります。
小さな鳥さんたちはマネしないでね




AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

親子遠足にいってきました。




炎天下、四時間も外にいるのはキツかったです。


動物たちもみんな、暑くてたいへんそうでした
┐(´д`)┌


あられもない姿で横たわるカンガルーさんたち。





屋内のとりさんたちは、表情にも余裕が。




笑顔の素敵なワシミミズクさん。

眩しいだけかもしれませんが。



ムスメKがいちばん喜んだのは、

ひよこさんのおサワリタイム。



ひとり悦に入っておりました。



はー、疲れた。(°Д°)
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

小学3年生の息子U、


先月から料理をもう少し極めたいという本人の強い希望で、


お教室に通っております。





小学生向けのお料理教室です。



「子どもですから指を切るかもしれないし、火傷するかもしれません。


でも、その経験も含め、ここで得るものは、もっと大きな学びです」


そんな先生の方針に魅かれてこのお教室に決めました。


中華料理店を厨房ごと貸し切ってのレッスンです。



ただ、日ごろから夕飯の当番もそつなくこなすUにとっては、


ちょっと初歩的すぎる部分も。



しかしビックリマーク


日ごろ、何をやるにも、


みんなについていくので精いっぱいのU。あせる



ここでだけは、食育インストラクターである


先生の助手のような扱いを受けているようで、


それがまた心地よいらしく・・・・。


とても充実した顔をして帰ってきます。




今日のお題は二色丼でした。




右のどんぶりからあふれんばかりのごはんと鳥そぼろがUの作品。



今度、あらためてハハに正しい「卵の炒り方」を教えてくれるそうです。



そうは言われても、

ハハは卵の正しい炒り方など、いまさら興味はありませんけどねむかっ



(※あ、料理に興味がないってことではないです。


自分も以前、肉や乳製品や化学調味料を極力使わないで作る


マクロビオティックの教室にちょっと通っていたことがあります。


おしゃれな自宅サロンで教えてくださっていた先生が、


ある日突然失踪し、何一つ身につかないまま終わっちゃいましたが、


また機会があれば挑戦してみたいです!)




とにかく君自身が、家族に美味しい夕飯を作れるよう、精進してくださいUよ。( ´艸`)




いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

たまたま、一日に同じような内容の相談を二件受けました。



一件目は中学2年生の女の子のママさん。



「うちの次女は勉強もしないし、宿題もろくにやらないですし、


母親の言うことにも耳を貸そうとしません。


かなりきつくガミガミ言ってもぜんぜん動かなくて・・・・。


どこかおかしいんじゃないかと思っています。


将来も考えないし、今もやりたいことも何もないようです。



上の子と年子で、赤ちゃんの時はあまりかまってやれず、


おまけに重くてあまり抱っこしてやりませんでした。


それが今、影響しているんでしょうか?」




二件目は、小学4年生の男子のママさん。



「家では遊んでばかりで片づけもしません。


返事ばかり良いのですが、その後、動こうとしません。


結局、90を過ぎたひいおじいちゃんが片づけをしてくれてしまいます。


テレビを消すなどの強硬手段に出ても、


すぐに知らん顔してつけて観ています。


クラスでの人望も厚く、勉強は出来る方だけど、


家では酷いありさまです。


まるで二重人格みたいです。


進学塾に通ってますが、そちらの家庭学習も無視してます。


最悪の時はまだ小さいので力でねじふせてますが、このままで良いのか・・・・。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



どちらのご相談もよくある話ですが、


当のママさんは深刻そうでした。



まず、中学生のお子さんのご相談ですが、


子どもの頃の愛情不足が親子の絆に


ヒビを入れてしまったのかという問いについてですが、


そうかもしれませんし、違うかもしれません。



ただ、発達心理学上では、親子の絆は深いものだから、


いくつになっても、その発達上の課題は埋め合わせができると考えられています。




発達に問題があるのかもしれないという問いに関しては、


なぜ今になって、という気もしますが、


本気でそう思うなら、すぐにでもスクールカウンセラーに相談し、


診断を受けるべきでしょう。


お子さんに対するアプローチのしかたが間違っているのかもしれません。




このお母さんから相談を受けて気になったのは、


「自分の父親が暴力をふるう人で、自分も叩かれて育った。


その時は強く反発したけれど、今となっては父親の気持ちに共感できる」、という部分です。



このお母さん、すでにDVの負の連鎖があるように思えます。


暴力はふるっていないようですが、言葉の暴力も同様です。



子どももガミガミ言われることに慣れてしまうと、


なかなか動かなくなります。


そこで、


キツい言葉で子どもを動かそうとやっきになるお母さんがいます。


運よく成功すると、親はそれに味をしめてしまいます。



それでも思うように動かないと、


もっと子どもにダメージを与えることばはないかと探したくなります。



はじめは「片づけなさい」だったものが、


やがて、「片づけられないダメ人間」、


「片づけられない子なんて私の子どもではない」


「片づけもできないような人間は死んだほうがましだ」と、


どんどんエスカレートし


子どもの自尊心を叩きのめしてしまうというパターンです。



そうなってしまうと、


子どもは人の目を気にしてビクビクするようになり、


自分はダメ人間だと生きる気力を失いかねません。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



二件目のご相談の男の子は、クラス委員などにも選ばれ、


勉強もよくできるとのことですから、


そのままで良いのではないでしょうか。



学校で肩肘張って生きているのでしょうから、


家でくらい多少のわがままを許し、


休ませてあげることも大切です。



塾の家庭学習をやらない、というのは、


たぶん、その必要性を感じていないから。



このお母さんは、中学受験させたいようで、


早いうちから進学塾に通わせているとのことでしたが、


本人がやる気がないところに、無理やり塾に通わせても


あまり意味があることとは思えません。



今からあくせく中高一貫校に入っても、


大学受験を前に息切れしてしまうのではないでしょうか。



というのも、カウンセリングに訪れる中高生たちの間で、


そういうパターンのお子さんたちを数多く見てきたので・・・・。



中学受験を本人の強い意思で、というのは


実際のところ難しいのかもしれませんが、


学校見学に行くなりして、本人のモチベーションを上げることのほうが先決のような気がします。



もし、それでものってこないなら、


内申点がしっかりとれそうなお子さんですから、


むしろ高校受験で頑張れるよう、


今は本人の意思を尊重したほうが伸びるかもしれません。



最悪の時は、力でねじ伏せている、ということでしたが、


お子さんがからだが大きくなってきたときにはどうするのか?


それこそ本当に最悪な事態になります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




余談ですが、米国の調査に体罰に関する面白い研究があります。


対象者は2600人で主に10代。



2歳から6歳までの間に親に叩かれたことがある人は、


大人になってから、能力が高く前向きな傾向があったそうです。



7歳から11歳までの間に親に叩かれた人は、


他人に対して暴力的になる傾向があったそうです。



12歳以上で叩かれた人は、


そのことによって否定的な影響を受けている傾向が強かったそうです。



調査した全体の4分の1の人が叩かれた経験はないと答えたそうで、


叩かれた経験のない人はあらゆるポイントにおいて、


叩かれた経験のある人より劣る傾向があったとのことでした。



だからといって子どもを叩けばいいというものではありませんけど、、。


ただ、アメリカの調査では、こういう傾向があったのは事実のようです。



幼少期にダメなものはダメ、ということをきちんと教え込むことは


とても大切なことで、


そのあたりをないがしろにしておいて、後になってから


言葉やからだの暴力で、むりやり子どもを動かそうとすると、


子どもからひどく反発されたり、


あるいは子ども自身がひどくショックを受けて、


その子らしさが損なわれていってしまう恐れがある、と言えるかもしれません。



子どもひとりひとりに合ったアプローチを考えたいものです。ドキドキ




1372164751477.jpg

子どもが言うことを訊かない理由のひとつに、

このかまってきぃちゃんのように叱られるのを実は楽しみにしているケースもあります。




カウンセラーブログランキング ワンクリックお願いします☆

カウンセリングを行っています。電話、メールでのカウンセリングも承ります。

お問い合わせはコチラから


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

取材のため、越谷キャンベルタウン野鳥の森に行ってまいりました。



とととと、ところがぁあああ!!


(°Д°;≡°Д°;)

なんとアタクシとしたことがI


肝心のマイカメラを忘れてしまったではありませんか。



いや、でかいカメラは首からぶら下げていったんですが・・・・。


中の充電池を差し替えるのを忘れてました。



充電まではしてたんですけど。




片道車で一時間強かかった道のりを、


すごすごと戻るわけにもいかず・・・・・・。



ひどく落胆していたところ、



3年生の息子U、


「大丈夫!任せてよ、オレが撮るから」と、


リュックサックからバズーカ砲大砲のような


望遠レンズをつけた古~いデジイチを取り出しました。



NIKKOND50で、10年前に購入し、


新機種導入に合わせ、Uに譲ったものです。



今となってはスペックも低いので、


仕事の撮影で使うには厳しいカメラなのですが・・・・。



ここはひとつ、カメラマンUにがんばってもらうことにしました。






そうしたら、意外や意外。

当日はお天気がよかったこともあり、


それなりに撮れているではありませんか。

「ほくそ笑むオカメボーイ。」


「営巣中で周囲を警戒するオカメ夫妻。」

「高い木の枝でまどろむナナクサインコ。」






「キンカチョウボーイズの集団入浴シーン」

若干、ボケてるのもありますが、300mmの手振れ補正なしの


望遠レンズだけで、ずいぶん頑張ってくれました。




禽舎の中の鳥さんも、この通り。


鉄格子を感じさせない芸術作品に。



考えるキバタン



いやー、今回ばかりは、息子Uに助けられました。




と思ったら・・・・・。I



その後、デジイチをいじくりまわしていた息子U。


突然、大粒の涙をぽろぽろとこぼし・・・・・。


「ごめんなさーーーーいと号泣。



もしや・・・・・・・・。

(((( ;°Д°))))」


そうなんです。


生意気いっても、しょせん小学3年生のえせカメラ小僧。



口で言うほどカメラに精通していないものですから、



なんとSDカードを3DS(ゲーム)に移し替えて


画像を見て自画自賛していたところ、

全部の画像をあやまってフォーマットして消してしまいました。I


でで


ここに掲載した画像は、ハハがレスキューソフトを使って復元したものです。



2時間以上かけてSDカードの中の


過去に削除した1500枚近くの画像の中から拾い出しました。



中には復元できなかったものもあり残念ですが、


自分がカメラの充電池を忘れたところから始まっているので、


Uのことは責められませんね。


誰に似たのか、成績はいまひとつふるわない息子Uですが、


末は動物カメラマンかなI



二人でアフリカあたりにラブバとかヨウムさんとかを見に


取材旅行にでも行けるようになったら楽しいな、などと


どこまでも夢を膨らませるハハなのでした。I





いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝のチャッピーさん。



どこを探しても見当たらず、、、。



もともと呼んでもこない犬ですから、


こうなったら家捜しするしかありません。







もしやと和室にあった

いつになくこんもりした洗濯物の山を

どかしてみところ!



こんなところに。




タオルなどを入れている


マガジンラックの中に埋まってました。



中にあったタオルを踏みつけて、

猫のように丸まったチャッピーまっくろくろすけ





「ふぁーーあぁ(*'∀`*)vてへ


大あくび。




二度寝していたようです。




再びやすらかな眠りについたチャッピーさんなのでした。


またね。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日はべるかーじぇさんという
ブリーダーさんを訪問取材しました。


こちら、孵化したばかりの
オカメベビー。






元気にひっくり返ってます。I




スプーンで挿しえされてました。

すごい!神業ですIエイリアン

オカメはそれでなくとも

ヒナの光速ヘッドバンキングは強烈なのでまっくろくろすけ

揺さぶりッ子症候群が心配になるほど。



ヒナヒナず。かわいいですね。


こちらはサザナミベビー。




物真似上手なハネナガさん。


ヨウムさんもいました

べるかーじぇさん、春のヒナラッシュでお忙しいところ、ありがとうございました。


以前も著書で協力していただいたことがありましたが、勉強熱心で頼りがいのあるブリーダーさんです。

車で一時間半以上かかったけど、


とても楽しい一日でした☆
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

息子UとムスメK。


生まれた時から鳥さんたちに囲まれて育った二人。



幼い頃から鳥さんと触れ合ってますので、


とても自然にコミュニケーションします。



鳥さんたちにも、それが通じているようでして、


子どもの家にいがちな「いじわるインコ」は、


一羽もいないのが自慢です。



(※わたしの幼少期には、子どもだけに

襲い掛かるいじわるインコがかならずいたものですから)



鳥さんと遊びたいときも、素手で掴んだりしませんし、


追いかけ回すようなこともしません。



ただ洗濯バサミでカゴを開けて、じーっと熱い視線を送り、


ねこなでI声で名前を呼びつつ、


自分の元に飛んでくるよう念を送ります。ヘ(゚∀゚*)ノ¨



さっそく、食いしん坊の三段腹インコのぴよちゃんが飛んできましたよ。I



我が息子ながらお見事です。





その後、鏡の前に移動し、なぜか鏡越しにピヨシに話しかけるU。





これも、インコの心理をついていると思うのは私だけでしょうか。


インコたちにとってUは、面白いところに連れていってくれる「乗り物」ってところかな。


飛んでいってしまっても、追いかけたり捕まえたりしないので、


Uにはどのインコも咬むことはありません。


では、そんな時はどうするかといいますと、


「おーい、おかーさーん」、と、ハハが呼ばれることになります(笑)。


高いところに飛んでいってしまうので、


身長132cmのUには届かないというのもありますけどね。I





こちらは、年長のムスメKと戯れるピルルちゃん。




爪が大好きなピルルちゃんに、わざと咬ませてます。


エキサイトしてしまう前に、クチバシを引っ込めてくれるいいコです。






やさしく甘噛みするピルルちゃん。


吹き出物やシミのまだないムスメKの顔は物足りないに違いありません。


(毛穴に汚れが詰まっているハハの顔はやりがいがあるらしく、インコたちもハッスルします)

 

鳥さんも子どもさんも、いつまでも仲良しでいてちょうだいね。I


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。