まりも日和

動物ライターであり、心理学講師でもある、
すずき莉萌の日々の戯言。
子育てやどうぶつ、シゴトのことetc・・・。
さまざまな四方山話、お付き合い頂ければ幸いです☆


テーマ:

昨日は、夏期保育で半日で幼稚園から戻ってきた


息子Uと、外環自動車道をとばし、


前々から行ってみたかった、


埼玉県越谷市の科学技術体験センター、


通称ミラクルという施設に行ってきました。



お目当てはコチラ↓



まりも日和


無重力体験ができるというシロモノです。


身長が110cmを超えていないと


体験できない施設で、


息子Uはただいま111cm、ギリギリですが


やっとOKになったので(笑)



無重力という言葉に、


ハハはものすごい施設をイメージしていたので、


ちょっと拍子抜けでしたが、


子どもは、たのしめたようです。


わたしもやってみたかったけれど、


並んでいる女の子たちに


ヒソヒソ声で、


「オトナがこれやるのって、けっこうハズいよね」ヘ(゚∀゚*)ノ


と言われてしまったので断念(涙)。ハートブレイク



そして、こちらはシャボン玉の中に入れるという実験。
まりも日和


国立科学技術館でUは何度も体験済みですが、


やっと、こちらもひとりでできるようになりました。



こちらは科学ショー。


まりも日和

おそらく、どこかから天下りされてきた


科学者の先生が、


子どもたちが喜びそうな


マジックみたいな楽しい科学実験を


いろいろとやってくれます。!!



一番前に座った年長のU。


先生のきのきいたジョークに


おなかをかかえて笑ったり、


ええっ!!( ̄□ ̄;)!!と、


そばで恥ずかしいくらい激しく反応していて、


先生もニッコリ、


「こういう子たちがいてくれると、やりがいがあるねぇ」と


うれしそうでした。



私も、


引退後は、こういう仕事で子どもたちを


驚かせたり笑わせたりするのもいいなぁ、なんて


妄想してみたり。




ほかにも、


お決まりの空気砲や、静電気の実験など


いろいろありました。



参加型の工作コーナーでは、


磁石で動くおさかなを作ったりして


ご満悦のUうお座



小学生になると、


けっこうすごい分光器などが


体験で作れたりして、


ちょっと遠いですが、


ぜひ小学校に上がったら


もう一度、遊びに訪れたい施設でした。星



そして、こちらは


今回はお留守番になったK。



息子Uの公文に通っているつかの間、


駅前のコールドストーンで


おいしいアイスをごちそうして


罪滅ぼし。


「かわいいお嬢様のために一曲歌ってもよろしいでしょうか」


の合図で、


ハイホーハイホー!!と、


スタッフが一斉に歌いだし、


「大のオトナが・・」、と


ちょっとケゲンに眉をひそめるKでしたが、


(ええ、どこまでもシニカルです)


大好きなストロベリーのアイスに


にっこりパンダ


「こんどはKもミラクルに連れていってね」


兄とのデートをこころよく許してくれました。



あわただしくも、楽しい一日でした。ラブラブ



まりも日和


越谷市科学技術体験センター 


〒343-0851 埼玉県越谷市七左町2-205-2
電話 048-961-7171 FAX 048-961-7181
開館時間:9:00~17:00

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

明日、若くしてきょうだいを失ったクライエントAさんにお会いします。



カウンセリングに縁遠い方たちの多くは、


エラそうな人がエラそうに語る、ありがたげなアドバイスを


お金を払って頂いてくるのがカウンセリングだと


思っているようですが、

(私もそう思ってましたしねヒミツ



実際はそんなことはぜんぜんなくて、


クライエントさんの立場に寄り添い、


ひたすらお話に耳を傾けるお仕事です。



Aさんも、わたしに会われるまでは、


そう勘違いされていたようでした。




Aさんのお話しをお聞かせいただくようになって


3か月経ちますが、


毎回、このAさんに尋ねられることがあります。



「いつになったら、私はこの苦しみから解放されるのでしょうか」



経験者にしかわからない、


想像を絶する苦しみなのでしょう。


思わず、言葉を失ってしまう瞬間です。



人間、いちばんダメージを受けるのは、


身近な肉親と配偶者を失ったときだそうです。



ついで、配偶者との離婚などが続きます。



大切な身内を亡くすと、


衝撃、否定、そしてやりばのない


怒りと悲しみに人は苦しめられます。



その後、時が経つにつれ、


悲しみが深く、広く広がり・・・・・・。



さらに時間が経つと、


最後には亡くなった故人への


深く静かな「愛情」だけが残る・・・、


と、本で読んだことがあります。



その境地にたどり着くまで、


どれだけの時間を要することになるのかは


人それぞれなのでしょうが、


そうかんたんに、そこにたどり着けるとは


わたしにも到底、思えません。



その後、


たいせつな人の喪失という、


たくさんの後悔や悲しみや苦しみと引き換えに、


かけがえのない、たいせつなものを


故人から受け取っている自分に気づく―。



求められるがままに、


そんな、死生学を通じて学んだ、知識を


Aさんにもお話しすることもありますが、


苦しみの渦中にあるAさんの心には


なかなか届きません。



世の中には、どんなに手を尽くしても、


時間しか解決できないことがあるのかもしれません。



ただ、時間しか解決できないことが


もし、あるのだとしても、


その時にひとりではないということが大切。



苦渋に満ちた心を開いて


話をすることができる人間が


そばにいることは、


そこに至るまでのプロセスに


決してムダではないはず。




アドヴァイスどころか、


一緒に涙してしまうことばかりの


Aさんとの時間ですが、


多くのことを、わたしはそんなAさんから


学ばせて頂いています。虹








カウンセラーブログランキング ワンクリックお願いします☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日の晩御飯はコチラパー


小松菜とエノキダケと

なめたカレイの煮付けに

おくら納豆、

そして冷やしトマト、

オマケの蒲鉾です(⌒‐⌒)

子どもたちは、オクラが好きで、

ムスメKは、

オクラを<お星さま☆>

とよんでいます。(´∀`)


まるで旅館の朝食のようおにぎり


デザートは子どもたちの好物、

スイカとデラウェア。ぶどう


ほとんど

手間がかかってないわりには、

おおむね好評の

本日の晩御飯でした。ヒミツ



Android携帯からの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

きのうは、ハハのスイミングと、


息子Uのスポーツクラブがあり、


夏休みの思い出ということで、


子連れランチを楽しんできました。ナイフとフォーク



まりも日和

二人掛けの席に3人。


この狭さが楽しい音譜、そんな時期の子どもたち。



同じ幼稚園、同じクラスの仲間たちですが、


ひとりは都心の小学校、


ひとりは地元の有名小学校、


そしてわが息子Uは、近所の小学校に進学します。あせる



ハハの仕事の都合で、


マンモス幼稚園(しかも遠方)に通わせた段階で、


お友だちとは同じ学校に就学はできないと


わかっていましたが、


息子も私も、やっぱりさびしいものです。ダウン



小学校に上がるまで、


まだ半年もありますが、


これからも一緒に遊ぼうね、と約束して、


それぞれの習い事へと向かいました。虹



帰り際も、男同士、仲良く手をつないで


スキップする姿に、


男の子っていつまでも幼いなぁと思う反面、


この瞬間は、もう戻ってくることはないのだな、と、


ちょっっぴりおセンチになったハハなのでした。ラブラブ





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日のメインデイッシュは

トリの唐揚げと、ポテトフライ。おにぎり


まりも日和



そして、ゴーヤとツナのサラダです。

このほかに、

キュウリの漬物をならべました。


デザートはスイカです。


このメニューの中で、

お金をだして買ったのは、

トリのモ肉とツナだけ。フグ

あとはぜーんぶ、

ゴーヤと共にやってきた、

ご近所さまからの頂き物です。ブーケ1


持つべきものは、

野菜作りが趣味のご近所さまに

限ります(°∀°)b



だぶつきがちなゴーヤの消費には

鳥たちの手もかりることにしましたヒミツ


まんざらでもないようで、

最近ではゴーヤを見せると

よってくるようにまでなりました合格ヒヨコ


いつかカミングアウトするつもりですが、

まだ、ご近所さまにはナイショです非常口







Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さきほどの記事の続きになりますが・・・。


保育園のこと、幼稚園のこと。



わたし(親)の立場からすると、


年長になった息子Uを


短期とはいえ、保育園に通わせることで、


今まで皆目見えてこなかった


保育園の中の様子が


ずいぶん明らかになった気がしています。



子どもが小さいときは、聞いても


「わからないハートブレイクばかり。


先生に尋ねると


「善処します」の一辺倒な答えばかり。



「善処します」じゃなくて、


今、どうしているのか、


中がどうなっているかが、


親としては知りたいんですけどね。



そんなこんなで、


園の中は、いったいどうなっているのか


ずーっと長いこと気になっていたことが


たくさんありましたが、


しっかりしてきた息子Uのおかげで、


だいぶベールがはがれてきました。虹



一番、気になっていたのは昼寝の時間。



何度か書いていますが、


わが子の通う保育園の姉妹園で、


死亡事故が起こっています。



午睡に関しては、その事件直後の


説明会で、


細かい改善案が園側から上がり、


そこまでしてくれるならば、と


承知した上で、今も子どもを通わせています。



でも、息子Uが言っていることが


間違っていないのだとしたら、


(息子Uは、幼稚園生活に慣れてしまっていて、


現状、昼寝はほとんどしないので)


説明会であったような、


そこまでしなくても、と思われた、


細かい呼気や顔色のチェックまでは


実際には行われていないようです



(そこまでしなくても、という内容でも、


親に対してやると公言した以上は


きっちりやっていただかないとね)



わが子は3歳と5歳ですから、


SIDS(乳児突然死症候群)の対象からは


もう外れています。



それに、ムスメKは年少から


幼稚園に行きますので、


保育園とはあと半年のみのお付き合いです。



しかし、


そこに預けられている小さな子たち、


そして失われてしまった、


かけがえのない命思えばこそ、


もう一度、現状の報告と改善要求を


出してみようと思っています。



そして、このブログをたまたま目にした、


小さなお子さんを保育園に預けている


(あるいは預けようとしている)


ママやパパさんにお願いです。



子どもを守れるのは、親だけです。


保育園に預けていれば大丈夫という


根拠のない迷信は捨ててください。



おそらく、大きな認可園にでも


通っていない限り、


父母会もないですし、


子どもたちの園での様子をチェックすることも


ほとんど不可能です。



言葉は悪いですが、


もの言えぬ乳幼児と保育士だけ、


ある意味において、保育園は「密室」なのです。



監視を行政に任せているばかりでは、


悲しい事故を断つことはできません。



おおげさなものでなくてもいいので、


ちょっとした父母会を結成してみるとか、


(教師をしている私の友人は、


多忙な中、それを実現したそうです)


園の様子がわかるような参観日を


設けるよう、園側に要請してみるとか、


あるいは、午睡時の管理体制を


具体的に聞いてみるだとか、


何かアクションを起こしてください。



親の真剣さが伝われば、


園もそれに対処せざるを得ないでしょうし、


何より、大きな抑止力にもなります。



私が見ている限りですが、


小さな園に通わせる親御さんというのは、


「どうせいずれ転園(認可園か幼稚園に)するし」、


という考えが常に頭にあるのか、


園に対して、あまりにも興味を示さなさすぎです



親同志、園で会っても、挨拶もそこそこ、


とにかく、子どもを預かってもらえさえすれば


それでいいと思っているかのよう。


あまりにもドライすぎる気がします。



あるいは、


どうせ園を選べる立場にないから、


と、卑屈になっているのか。



幼稚園では当たり前のように行われている、


親の参観、そして個人面談、


給食の試食、親子参加の行事etc・・・。



どれだけの保育園が


そういったことを実施しているのでしょう。


忙しいはずの親が望まない限りは、


保育園だって実施はしないでしょう。



でも、どれだけ忙しくても、


きっちり押さえるべきところは


親として押さえておきたいところです。



保育園は、いずれ子どもが卒園するときが


やってきますから、


親の園への関心も、そこまででとまってしまいがちです。



その繰り返しが、悲劇を生み続けているともいえます。



保育園児を持つお父さん、お母さん、


一致団結して、子どもたちを一緒に守りましょう。晴れ





いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:

もうすぐ夏休みも終わり。


息子Uは、通う場所が保育園から幼稚園にシフトします。



保育園は古巣で、


赤ちゃんの時から通っていましたから、


先生たちも、


ずいぶん大きくなったねぇと、


あたたかい目で可愛がってくれます。ラブラブ



息子Uも、童心にかえって(今も童ですが)


先生たちに甘えることができるようです。ヘ(゚∀゚*)ノ



保育園に通っているときは、


友だちの話や園で行った遊びのことより、


先生とこんな話をしたよ、ということを


キラキラと目を輝かせて話してくれます。合格



小さな子の多い保育園で


先生が多いので、先生ともゆっくり


話をすることができるようです。ヒヨコ



カリキュラムは小さい子向けのものが多く、


息子Uにはちょっと物足りなさそうです。ハートブレイク



一方、幼稚園はどうかというと、


こんなことしたよ、あんなことしたよ、という


園での遊びや行事の報告が多いです。


先生と話をしたといった報告は皆無です(汗)あせる



それもそのはず、


園児35人にたったひとりの担任では、


よほどの問題児か、その逆でない限り、


先生とお話しする時間というのは、


なかなか得られないのでしょう。ハートブレイク



(先生曰く、Uはいろいろ話しかけてくる、


とのことなんですが、相手にしてもらえているのかははてなマーク




でも、同い年の子どもが少なかった


保育園時代とはうってかわり、


今は幼稚園のお友だちとの関係の中から、


いろんなことを学びたい時期のようで、


たくさん先生がいて甘えられる保育園より、


先生は、ただそこにいるだけ(笑)、


同世代の子どもたちと、


毎日すったもんだしつつ、


いろんな経験ができる幼稚園のほうに


早く戻りたい、というのが、


本人の本音のようです。ヒミツ



幼稚園に戻ると、


また忙しい毎日になりますが、


春には小学生。桜



今しかできないことを、


たくさんさせてあげたいと思います。音譜



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はクライエントさんから


とてもためになるお話をお聞きしたので、


ちょっとだけご紹介します。



この方(Aさんとします)は、


お子さんが幼い頃にご主人を亡くし、


女手ひとつで子育てをされてきました。



今、その30代の息子さんは、


こころの病を患い、


家にこもって、母ひとり、子一人で


実家で暮らしています。



はじめは、息子さんが社会復帰への足掛かりとして


長期間、カウンセリングを受けていました。



その後、息子がカウンセリングにのめりこむ様子をみて、


カウンセリングとはどんなものだろうと、


Aさんご自身も、仕事の合間を縫って


カウンセリングを受けるようになり、


カウンセリングの素晴らしさを実感。チューリップ赤



私がカウンセリングを受けるようになって開眼したように、


誰かのお役に立ちたいということで、


カウンセラーを目指しての勉強も


頑張っていらっしゃいます。虹




今日、Aさんがおっしゃったことは


だいたい次のようなことです。



「わたしは、息子にはできる限りのことをしてきました。


片親ということで不自由させたくなかったんです。


仕事と子育てに全力を尽くし、


それがもしかしたら間違っているかもしれないだなんて


いちども考えたことすらありませんでした。



でも、今思えば、とんでもない勘違いでした。


今は、息子がおかしくなってしまったのは、


私のせいだったということがはっきりわかります。



息子のことを、わたしは守りすぎてしまったんです。


わたしは、わが子を愛するがゆえに、


わが子から自立の機会をすべて奪ってしまいました。



私としては、息子が不幸な目に合わないよう、


転ばぬ先の杖になっていたつもりですが、


息子には、杖は必要なかったんです。



転ばせること、転んだあとに立ち上がること、


そういったことが、


息子の成長にとても必要だったんです。



息子は小さい頃、よく頭から転ぶ子でした。


手をつくことを知らないからです。



今思い出せば、息子の幼い手を、


右手は私、左手は亡き夫が


いつも大事につないでいました。



転んだらまず手をつく、


転んだら立ち上がる、


そんなことを学ぶ機会がないまま、


息子は大人になってしまいました。



息子が高校生の時もそうです。


私学の厳しい学校に通わせていました。


そんな中、息子が髪を金髪にしたい、


パーマもかけたいと言い出しました。



その時、私は否定しませんでした。


「好きにしなさい」といいました。


それが親のあるべき姿と思ったからです。


そして、学校の先生にお会いしたときに、


こういいました。


「息子は髪を染め、パーマをかけたいと


申しています。


私は息子の意見を尊重したいと思います。


必ず、休み明けには黒髪に戻して


登校させますので、お許しください」と。



そして息子は、パーマをかけ、金髪にして


満足し、長期休み明けには今まで通りの


ヘアスタイルに戻して登校しました。



息子も難しい時期でしたが、うまくいったと思いました。



でも、それもこれも、


すべて間違いでした。



私は、息子の担任に


そんなことを相談すべきではなかったし、


息子にすべての責任を取らせるべきだった、


失敗させるべきだったんです。



もし、もう一度、


子育てをやり直せるのだとしたら、


わたしは180度、今までとは違う子育てをします。



わたしは、今まで息子の人生に介入し過ぎ、


息子をダメにしてしまいました。」




どうでしょうか。


私自身、Aさんからこのお話を聞いて、


後ろから頭をガツンと殴られるような衝撃がありました。波



まさに、わたしが今、自分の息子かわいさに、


仕事をセーブしてまで


せっせと手をかけていることは、


このAさんがやってきたことに


ほかならないのではないか、と。ダウン



このAさんとは、一年以上前から


お話をお聞きしてきただけに、


今回のお話はまさに、


長年、息子さんのことで悩んできた


Aさんの、自我同一成への大きな一歩と感じました。



Aさんに心からエールを送るとともに、


私自身、子育てに大切で、


たいへん貴重な勉強をさせて頂いたことを


感謝したいと思います。

Aさん、ありがとうございます☆ドキドキ虹


カウンセラーブログランキング ワンクリックお願いします☆
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
こちらです!!


湘南名物タタミイワシですフグ

著書関係でお世話になっている

獣医師のK先生から届きました合格


私が狆を引き取ったのは、

この狆贔屓の先生の影響があったりしますヒミツ



こちらはタタミイワシ現物。

おやつにも、おつまみにも最高です足あと


こうみえて、高級品ですので、

(とても自分やこどものためには

買えないですダウン)

だいじに頂きたいとおもいます!

Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほぼすっきり、

キレイに羽がはえそろった

オオハナインコのおーじろう(10歳)



狆のチャピ男がやってきて、

毛引きが始まり、

心配したものですが、

恐れるに足らない相手と

理解したようで、

毛引きもやみました。ドキドキ


お気に入りのペレットが見つかり、

野菜やくだものと

ペレットメインに切り替えたのも

羽毛の発育に良かったようです合格


でも、例年通りだとすると、

秋になったら、また換羽がはじまり、

真冬にハゲハゲになるんですよねハートブレイク

この状態が1日でも

長く続きますように。

(ノ^^)八(^^ )ノガチャピン
Android携帯からの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。