7月から来年1月まで兵庫、東京、広島で開かれる展覧会「フランダースの光~ベルギーの美しき村を描いて」の記者発表会が22日、東京都千代田区のベルギー大使館で行われた。同展は、ベルギー・フランダース地方の小さな村であるシント・マルテンス・ラーテムに集まった芸術家の作品を紹介する。ここで花開いた近代絵画や彫刻に焦点を当てる展覧会は日本初という。

 美しい田園地帯を描いたエミール・クラウス、彼の指導を仰いだ児島虎次郎らの絵画などを展示。Bunkamuraザ・ミュージアムの宮澤政男チーフキュレーターは「風景の美しさと芸術様式の変化を実感していただけると思います」と魅力を語った。

 今年開催の「ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界」と「アントワープ王立美術館コレクション展」についても発表があった。ベルギー美術を紹介する3展について、ヨハン・マリクー大使は「日本の美術愛好家に楽しんでいただけることをうれしく思っています」と話した。

【関連ニュース】
遊ナビ:ギャラリー /東京
河村隆一:マイクレス公演で思わずマイク持ちヒヤリ 10年後、植樹した森で歌いたい
一青窈:「心の揺れを表現」初舞台に意気込み、小林武史も「満足」 音楽劇「箱の中の女」公開けいこ
東京国際映画祭:東京サクラグランプリは「トルパン」 「ブタがいた教室」は2冠
東京国際映画祭:浅野ゆう子「15年の夢がかなった」 市川崑監督「その木戸を通って」特別上映

医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁(医療介護CBニュース)
無人駅の運賃ごまかし、百円単位でも刑事告訴へ(読売新聞)
来年の大河ドラマめぐり早くもキャラ乱立(産経新聞)
ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
仙谷戦略相に苦言=増税争点の解散発言で-大塚内閣府副大臣(時事通信)
AD