スカイネットアジア航空(本社・宮崎市)が運航するボーイング737-400型機3機で、国の通達で定められた点検期限を超えて運航していたことが分かり、国土交通省は24日、同社に厳重注意した。

 国交省によると、発電機制御装置のテストが600飛行時間ごとなのに631時間超過していたり、主翼のフラップの部品の非破壊検査を600飛行回ごとにしなければならないのを164飛行回オーバーしていた。昨年12月に整備計画作成のコンピューターを導入したが、プログラムのミスが原因だった。【平井桂月】

【関連ニュース】
日航機:羽田空港へ引き返し 「左エンジン不調」
航空機部品落下:エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田
エチオピア航空機:90人乗り、ベイルート沖で墜落
スカイネットアジア機:車輪トラブル 手動で出し羽田着陸
NY行き旅客機:ドア外側に布 成田に引き返す

五輪招致の赤字6.9億円に=活動報告書を公表-東京都など(時事通信)
看護師の業務拡大「大きく動き出した」―医福労部会(医療介護CBニュース)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
陸上部への移設 名護市長は反対 基地問題、首相と会談(産経新聞)
<男女死亡>78歳妻を殺害後に自殺か…埼玉(毎日新聞)
AD