鳩山由紀夫首相は17日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について「最初から厳しい状況は分かっているが、国民、日米の安保、日本の平和と安全のためにやらなければならないことはやる決意は変わらない。(決着の期限と明言する)5月末に向けて最大限、頑張る。国民と一緒に行動していきたい」と述べた。

 月内決着に向けてなお、努力する姿勢を強調した発言。首相公邸前で記者団に答えた。

【関連記事】
世界は普天間移設をどう報じているのか
普天間 首相退陣を求める産経 仕切り直し求める朝日
諫早干拓ルポ 普天間問題と酷似する構図の構図
銀座で「基地ノー」 徳之島出身者がデモ行進
国会終盤戦 小沢問題で紛糾 会期延長現実味
少子化を止めろ!

<カンヌ映画祭>「アウトレイジ」上映 北野監督姿見せ満席(毎日新聞)
被害総額約3億円?リフォーム会社社長を聴取 埼玉県警、詐欺容疑で逮捕へ (産経新聞)
<トカゲ類>2割が絶滅の危機 気温上昇続けば(毎日新聞)
強盗被害の民家隣でまた緊縛強盗 栃木・小山(産経新聞)
「一部ユニット型」特養、広島にも2施設(医療介護CBニュース)
AD