野田佳彦財務副大臣は21日、民放の報道番組に出演し、4月に実施予定の「事業仕分け」の第2弾に参加する国会議員の人数について、「(昨秋の第1弾は)少なすぎる気はした。倍くらい(の国会議員が)必要ではないか」と述べ、15人前後に増やすべきだとの考えを示した。
 第1弾では、当初、民主党の国会議員30人程度が、事業の必要性を評価する「仕分け人」として参加する予定だったが、党側が難色を示し、7人に減少。国民新党から1人が加わったが、計8人にとどまった。そのため、民間人の比重が高まり、判定結果の正当性に疑問があるとの批判が省庁などから上がっていた。 

<もんじゅ>運転再開を容認 原子力安全委(毎日新聞)
<訃報>平野忠昭さん68歳=元宇部興産専務(毎日新聞)
五輪フィギュア 高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
理科で範囲外から出題=国立高専入試(時事通信)
絵本画家の瀬川康男氏死去(時事通信)
AD