クラスタ民主主義システム研究室

☆学習とディベート☆ ☆ネットワークデモクラシーを夢みて☆ 
☆教育ディベートを推進しよう☆ ☆「complex system」で思考してみよう☆「ネットワークデモクラシー(Demoex)研究室」からタイトル改題しました。 

NEW !
テーマ:
また思い立って過去の記事を読み返していますが、やっぱり、これまで何度も同じ事を繰り返し書いてきました。今回は、プロトタイプが完成するまで中断することなく続けていくことにします。いままで私が使いやすいマインドマップのエディターが無かったので上手くいきませんでしたが、可塑性が高いパワーポイントを使うことで、やっと上手く行くようになっていますから、このまま走り切ってしまいます…



(1)どんな民族でも人の心の動態は同じであり、各々が生活する生活環境に左右されます。生き残ることが難しい世界ではサバイバル精神が優性になり、成熟して相補的な世界ではサクリファイス精神が優性になります。前者は野性的になり、後者は飼育的となり、野良猫と飼い猫のような違いが生じる。民族特有ではなく社会環境に左右される。そして、中国でも、漢の時代、元の時代、文化大革命の時代と時代によって叡智のレベルも人心のレベルも違っており、画一的に一元的に考察はできません。

(2)したがって、言葉や単語の固有名詞が人に与えるイメージを排除し、人心の動態を解析する必要がある。

(3)人心には波動があり周期が生まれるので、その流転の仕方を予想できるツリー構造を提示する。

(4)人の心にある「空箱」がどのように埋められているのか?本人が理解できるような曼荼羅を描く。エニアグラムに収めてみる。

(5)先入観を排除するためにパタンランゲージを利用する。

(6)様々な「発言、記事、コメント」を一個人のタグ付けに集積し、個人の核となるパターンを明らかにする。

(7)「発言、記事、コメント」における感情の状態を明らかにする。

(8)その「発言、記事、コメント」に対して第三者の評価を可能にする。

(9)「証、論、結、%、肯、反」の思考頻度を記録し、理想的な思考バランスへ誘導する。

(10)自他の比較、「自集団」対「他集団」の比較を可能とする。

(11)自分が書いた記事やコメントを定型の中に構造化し、無意識下の如何なる動機に突き動かされているのか?明らかにする。

(12)「人⇔人」の動態を解析し、その人に適した役割を自覚できるようにする。

(13)題、要約、本文、図、写真を折り畳めるようにし小単位で記載できる仕組みを造る。

(14)淘汰を機能させて賢者の集団を形成し集合知を創造していく。

(15)賢者たちが賢い選択を提示し誰でも学習できるような環境を整備する。

(16)パタンランゲージでまとめる。




結論、動機、反論、追認、修飾、論拠、証拠(根拠)

思考の弾幕 ⇔ コンビナトリアル・シンキング ⇔ 可塑性(プラスティック)





この記事には、皆さんから頂いたたくさんのアイデアをまとめていました。

もう一度、じっくり反芻してみなければいけません…

きっとプロトタイプの完成に役立つと思います。

この中ではヒーローズジャーニーを別の角度から見た核心を書いていました。

そう、プロトタイプには境界線の扱いを組み込まなければいけません。

【ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)の流れ】

(1)calling(天命)…天命を聞く

(2)commitment(旅の始まり)…天命に従う

(3)threshold(境界線)…分岐点を越える

(4)guardians(メンター)…守護者が見つかる

(5)demon(悪魔)…試練に遭う

(6)transformation(変容)…試練を自分のリソース(資源)に変える

(7)complete the task(試練完了)…試練を克服し、天命を全うするための方法を見つける

(8)return home(故郷へ帰る)…英雄として帰還する



昨日はカミさんと映画「ルーム」を観てきました。

久しぶりにカミさんの評価も高かった映画でした。

この映画のキーワードの一つが「プラスティック」。



この映画は、誘拐されて監禁された17歳の女子高生が子供を産み、四畳半くらいの狭い部屋で5年間暮らし、逃げ出す計画を実行してやっと脱出する映画です。

そして、その脱出するまでが前半で、その後の後日談が後半という構成です。

この映画では「四畳半の部屋」という境界線から「外の世界」という境界線へと分岐点を越えるわけですが、どこに幸福や平安が在るのか?、どういうことが幸福や平安なのか?、そのことを考えさせてくれる映画です。

自分が創る「ルーム」、それは飼われているモルモットのように、どんな風に暮らすか?で決まっていく…

私たち人間は、私たちの脳の中に、どんな世界を創造(想像)したら「主の平安」に到達できるのか…

今度こそ、そんなプロトタイプ・ソフトウェア(青写真)を構築したいと決心しました。

ウサギ

書きなおしたマインドマップを記しておきます。

マインド12

マインド11

追加事項:共感、別離、巡り会い、比較・判断
AD
いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は、新しいリブログという機能を使ってみることにします。

この記事の中で「物語り」の中心にあるヒーローズジャーニーについて書きかけていました。


この記事では「要石」「フラクタル」「連関」「基準とモノサシ」までは、まとめています。


その続きとして、今日は、感情と基盤についてまとめておくことにします。


ここ数日は「Emotional map」の衝撃で私の認識がファジーな状態になっていましたが、そんな嵐によるカオスがおさまり、今日は、また、独自を取り戻しつつあります。


ものごとをまとめる時、クラスタリングが大切ですね。


繋がりを認識して、繋がっているもの同士を、グループ化していくわけです。


このとき、全てを網羅することはできませんから、優先事項から「1,2,3,4…、その他」といった具合に簡便化してしまうと、複雑な事象をシンプルに思考することができますし、その分、脳を効率的に動かすことができます。


私の様な能力不足の状態で脳ミソを稼働させるには便利な方法ですから、「Emotional map」は参照するにとどめて、我が道を行こうと思います。


そのために参照したのが次の本です。


感情類語辞典/フィルムアート社
¥1,728
Amazon.co.jp


この本をパラパラと捲りながら考えてみた結果が、次の感情と基盤の基本図です。



感情

基盤


先ずは、これで思考を試行してみて、徐々に修正していくことにしました。


人間の基本は「??」ですよね。。。


なに?、なぜ?、いつ?、どこ?、どうして?


そこから連関が始まるように思います。


この感情と基盤の項目と実際に行う論考とを繋げてみたら、脳ミソの作動状況を記録できるでしょう。


もうちょっと、脚本術とゲームクリエーターの技術を取り込みながら、肉付けできたらと考えています。


ウサギ


追記

要追加


共感、別離、巡り会い

AD
いいね!(12)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日ご紹介したAGI社の「Emotional map」は衝撃的な内容でした。

これまで私が考えていたプランがガラガラと崩壊していってしまいました。

私が考えていた感情は感情地図の同心円の中心、そして基盤が同心円の周辺…

ある出来事、すなわち因子が出て来た時、感情と基盤が選択されて繋がっていきます。

因子に対する論考の変化と、感情と基盤の変化が、相互に絡まり合いながら、人は生きていく…

そこで、論考、感情、基盤の配列を検討する必要があるわけで、これから、感情と基盤の分類を決める必要があります。

感情の基本は、愛好と嫌悪で良いとして、その下に幾つかの分類を置く。

基盤の基本は、物語りで人々の動機になる主なものを分類する。

論考の基本は、肯定⇔否定、賛同⇔反論、結論⇔根拠など。

それと対象の認識の仕方…

組み合わせ、バイアスなどを考慮できるよう、まとめる必要があります。

その一つが映画「Mr. ホームズ」の記事で紹介したハチの話しです。

bee

例えば、先日の米軍軍属(元海兵隊員)による殺人事件。一人の悪行で米軍全体の素行を評価してしまいます。逆に、東日本大震災のトモダチ作戦の善行で米軍全体の素行を評価してしまうことも同様です。

つまり、ハチひとつ、全て一つの因子にまとめて考えてしまうんです。

同様のことは、一韓国人の悪行で韓国人全体の素行を評価する日本人や、一日本人の悪行で日本人全体の素行を評価する中国人など、様々な「場」で繰り返されています。

私たち人間が論考するときは、因子を上手に分類して考えたり、逆に上手に一つの因子にまとめて考えたりできるようにしないと、偏見に囚われてしまいます。




これは人間が持つべき【徳】でしょう。

だから、子供映画のメインテーマになっています。



いま話題の映画「ズートピア」、もちろん観てきました。

肉食動物は肉食だから荒っぽくて乱暴、草食動物は温厚で善良…?

小さいウサギは力ずくで犯人を捕まえたり出来ない…?

人をだますキツネ種の本性は決して変わることはない…?

人は、どこかで論考を断つんですよね…

あー、やっぱり米軍だから…とか、やっぱり韓国人だから…とか

「やっぱり…」で論考を停止してしまい、そこから先の思考が消滅します。

子供達に、それじゃダメなんだよ…と教えることができる大人でありたいものです。



ウサギ

追伸: 今日は、まだ感情、基盤、論考の分類を具体化することができませんでした。

    次回は、なんとかしたいです(^^ゞ

AD
いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。