新生活スタート

テーマ:
こんばんは。
お久しぶりです。
特にネタがなく、更新が滞ってしまってました><
その割にはtwitterではツイートしますけど。。

入社式も終え、研修も半ばまできています。
毎日、決まった時間に起きてって生活ができるのか、そこが心配だったんですけど、思ったより普通にこなせてる自分にびっくりです。
論文試験終わってからは学生生活をダラダラすごしてたんで、対応できないんじゃないかなんて思ったりして。

<入社式>
理事長のありがたいお言葉をちょうだいしたり、配属発表があったりと。
配属は、実は希望通りにはいかなかったんですが、よく考えるとそんなに希望もなかったですし、配属先が非常におもしろそうで大満足です^^
どこになっても全力をつくす。それだけ。新人でほとんどバリューを生み出せないので、取りあえず早く仕事覚えるだけですね。

<研修>
同期と一緒にグループワークやったりする機会が多いので、結構楽しんでます。
歓迎会なども途中であったりでこれも大満足です。
だんだん実務的な内容になってきてますし、メモ魔になってます。
勉強あるのみ!


<実務補習>
考査、ガチで落としたかもしれん。。


過去問なにそれ?ってくらい非常にオリジナリティあふれる出題でした。。

まぁ、次の第二回から本気でやります。テキストから出るのはわかったんでやりこんで受けます。



どうやら非常勤(学生)は3月は仕事が休みなようなので、3月思いっきりしたいことします。
この分だと勉強するでしょうが、旅行なんかも行こうと思っている。もともと卒業旅行は予定にあったけど。
4月からの業務に向けて有意義に過ごします。
学生だから遊んどけってのは団塊世代とかバブルとか、一昔前の考えだと思うので、しっかり勉強もします。
AD
こんばんは。
今回は財務会計の理論(論文)について書きたいと思います。

この科目は論文・財務会計論で非常に重要です。
短答が計算重視なのに対し、論文は理論重視です。
2010年の論文においても、僕は計算がほとんどできませんでした。
でも、理論が引っ張ってくれたのか、財務ではなかなかのアドバンテージを得ることができました。
計算に関しては配点もおそらく低いですし、2010年はかなりが埋没問題だったと個人的に思ってます。

財務理論の勉強は多くの科目の中でも最初のうちはやっててしんどかったです。
答練などでも点数がのびずに、書けたと思っても点がふられてなかったなんてよくありました。
理論科目全般に言えることですが、KW暗記は理解ありきだということです。
理解ありきは当たり前だと思われるかもしれないですけど、KWを暗記すればすぐに点数に反映されたりするので、KW暗記に走ってしまって少しひねられると文章がつくれないことが僕にはありました。

塩爺さんも言ってましたが(このブログでもどっかで書いた気がしますが笑。)、まずロジックをイメージして、理解し、そのあとに専門用語を当てはめていくというやり方がいいと思います。

これが一番重要なことだと思います。

さて、僕が使ってた教材なんですが

・先生お手製のレジュメ
・答練(Dレジュメ)

だけです。
僕が受講していたのはテキストを使う講師の方ではなかったので、お手製のレジュメです^^
あと、答練。特に最後のほうは、答練に出た問題の答案とその構成だけを書いた、いわゆるDレジュメを使用しました。


僕がまず最初に取り組んだのは、対立論点ばかりを押さえていくこと。
例えばリースですと、ファイナンスリースの経済的実態には使用権説と割賦購入説の対立があります。だいたいどの分野にも対立論点は存在しますし、おおよそそこに分野の本質が隠れてたりしますので、非常に勉強になります。
まず、そこを中心にレジュメを読み込むという作業をしました。
ただ、短答で問われるような細かいとこはすっ飛ばしてます。
セグメントとかものすごい細かい基準とかありますけど、セグメントで論点になるのはマネジメントアプローチとかだけですからね。

対立論点を総ざらいしたあとは、答練を覚えちゃうくらい繰り返しました。
それと同時に論文重要分野を一つ一つつぶしていきました。
論文重要分野というのは公表されている「出題範囲の要旨」の太字(点線?)で書かれてる分野です。
予備校で貼ってあったり、配られると思いますので、すぐに入手しましょう!

その重要範囲の精読とDレジュメを直前まで繰り返しました。
大事なのはイメージして理解してからKWを暗記することです^^

過去問に関しては、参考程度に見ただけです。
予備校で何年間分の過去問を分野ごとにまとめて配ってくれたので、その分野の精読するときに参考して見ただけで、解くってことはしませんでした。
なるべく早いうちに見たほうがいいと思います。本試験の問題はなかなかハイレベルなんで、僕は見たとき焦りました笑。ですので、早いとこ見てたほうが安心ですよ笑。
それに答案構成は勉強になると思います。



以上です。
AD

ideas for life

テーマ:
こんばんは。
今日は卒論発表でした。

卒論自体はもうとっくに提出してるんですが、今日は院生らに向けて発表を行うというもの。
最初、この発表会のことを聞いたときはめっちゃめんどいなとか思ってたんですが、予想以上におもしろくてやってよかったな~とか思ってます。おもしろいってのは議論がおもしろいとか、発表(者)自体がおもしろいとか・・・笑。

卒論は9月くらいから始めて、完成したのは1月初めくらい。
12月頭くらいで9割がた完成はしてたんだけど、部分部分の修正が一番手間取った。
僕が選んだテーマは監査なんですが、このチョイスはよかったと今では思っています。

監査の理念や監査現場が疲弊しているっていうものを働きだす前に考えられたのは、きっと今後に生きてくると思っています。
いや、今後に生かさないといけないですね。
監査が疲弊してる現状の要因として監査の過剰なマニュアル化ってのがあります。
行き過ぎたマニュアル化は監査人の思考停止に繋がり、やりがいの喪失、ひいては監査の質の低下になると思っています。
マニュアル化の原因は訴訟リスクを低減させるためだと思っていたんですが、卒論発表後の議論でマニュアル化するんではなく監査人に裁量の余地をもたせることで訴訟リスクが低下するんじゃないかって話はおもしろかった。根拠を監査人自身がもてるからだそうです。

監査から学ぶことは多いにあると思います。
来週から働きだしますが、どん欲に吸収していきたい。

~~

さて、明日から1泊だけ東京行ってきます^^
ぶらり旅ってことで特に目的地などは決めてません笑。

また東京珍道中を書きます笑。

~~

isologueからメルマガがきた。
今、フェイスブックの特集やってて非常におもしろい!

早く、財務面からこれくらいのレベルの文章が書けるようになりたいです。

~~

今日の名言

「質問なんですが、IFRSのインパクトってどういうことですか?」

「影響ですね」


吉本新喜劇ならば、全員がずっこけるシーンに久しぶりに出くわしました。
ありがとう、ゼミ幹事よ!!
AD