このBlogは、行政書士仕事や
の日々の出来事が
なんとな~く垣間見える内容でお送りしています

注)お仕事は常に真面目です。



本日のお話はコチラ
「株式会社設立の際に決めておくこと」


株式会社という「法人」には、
人間と同じく「人格(法人格)」が認められ、
戸籍と同じように、「謄本」と呼ばれる書類が作られます。

この「謄本」と、
その会社の憲法とも呼べる「定款」に記載する内容を
最初に考えなければなりません



ここでは、最低限必要な事項をご案内していきます


質問:商号(会社名)
質問:役員

質問:出資者・出資金

質問:出資の内容
質問:事業目的

質問:本店所在地

質問:役員任期
質問:決算月
質問:その他



以上、9つの分野に分けてご案内する予定ですが、
この9個が何かというと、
私が相談を受ける際に、最初に聞き取りをする内容です


これまでのご相談・ご依頼を頂いた経験から、
極力シンプルにした結果です



これだけ決められればご自身でも設立は可能でしょうが、
あくまで最低限の部分なので、
よければ専門家へご相談なさってください


そう、私みたいなね




~あなたのために全力で
うつみ法務行政書士事務所
代表:行政書士 内海 祐一郎

AD

コメント(2)