宇都宮医院日記

徳島市にある、皮膚科泌尿器科の専門医院です。
病気のこと、日常のこと、スタッフのつぶやき、気ままに更新します。

←宇都宮医院のフェースブックページがご覧になれます。


テーマ:
”2000トンの雨”と言って、達郎を思う人は何人いるでしょうか?
山下達郎、毎日彼の歌声に癒されてます。


確かにビジュアルは悪いですよ(笑)!


しかし彼のメロディーメーカーとして、アーティストとしての才能は、僕の中では最高です。


昔から聞いていたのですが、最近はご無沙汰、2年前に徳島鳴門でのコンサート、妻と久しぶりに行ってから、毎日達郎三昧です。

去年は大阪フェスティバルホールでの杮落としコンサート、そして”パーフォマンス2013”、苦労してチケットゲット、行ってきました。

こんなにチケットが取れないなんて、、、、、、、、、、

今年もコンサートの季節がやってきました。 今年のコンサートは”マニアックツ アー”、???????? どんなにマニアックなんだろう? 楽しみです。

”チケットとれたの?” 当たりましたよ、4通抽選でラッキーなこと一個当たりました。

セットリストが楽しみです。 どんなマニアックな曲をやってくれるのだろう?







人気ブログランキングへ
←コンサートはいつ行ってもワクワクします!                                 応援クリックお願いします。



AD
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:

今井美樹の新アルバム、”Dialogue”。 クラシックユーミンをうたう今井美樹に癒されます。



このアルバムを中心に約2年半ぶりの開催を発表したコンサート・ツアー!
「今井美樹 CONCERT TOUR 2014 "Dialogue" 」。

5月9日(金)東京(オリンパスホール八王子)を皮切りに5月25日(日)大阪(フェスティバルホール)まで、全国6会場8公演が行われました。



















ユーミンの“ミスリム”と“コバルトアワー”、レコードが擦り切れるまで聴いたものです。 


ってなわけで、このコンサ-トツアーにユーミンファンであるぼくが 、行かないわけないでしょう!
どうしても行きたかったので、ファンクラブまで入って先行予約! 5月25日(日)大阪(フェスティバルホール)の最終公演を申し込みました。
 
なんとその甲斐があって、前から6列目のど真ん中のチケットが送られてきました。





















5月25日、朝に徳島を出発、大阪で研修医をしている娘に荷物を届けたり、父の日の買い物をしたり、梅田をブラブラ、そして4時に中之島フェスティバルホールに到着!



開演は5時から、この日はテレビの収録が入っていたため、前から3列はカメラのために開いています。 ってことは、僕たちの席は、なんと前から3列目のど真ん中でした。
ちょっと、前をウロチョロするカメラは気になりましたが、目の前で今井美樹に歌ってもらい、満足した2時間半でした。 最新作『Dialogue』からは勿論、これまでの今井美樹作品の珠玉の名曲達も選曲されてましたが、”ブギーウギロンサムハイヒール”が聴きたかったなぁ~!

しっとりした、いいコンサートでした。 このフェスティバルホールのコンサートがWOWOWでオンエア!

「今井美樹 CONCERT TOUR 2014 “Dialogue”」 7月20日(日)、 コンサートに行けなかった人は、WOWOWで癒されてください


人気ブログランキングへ ←コンサートはいつ行ってもワクワクします!                                 応援クリックお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

最近週刊誌をはじめ、巷の噂になっている薬があります。
その薬は、前立腺肥大症に対する症状改善効果のある薬、”ザルディア”、一般名タダラフィル。 活性化酸素の産生を抑え、尿道を広げる効果により前立腺肥大の症状を緩和する薬です。



上の記事は、今週号の“週刊現代”の記事です。
どうも内容を読むと、前立腺肥大に対する効果についてより、勃起不全に効果があるとの趣旨の記事です。
内容については、品のある当ブログにはふさわしくないので詳しくは説明しませんが、興味のある方は購入してお読みください。

何が問題かというと、このお薬は、すでに勃起不全薬として、日本で手に入れることができます(一般名シアリス)。 保険はきかず、私費で購入、一錠20ミリグラム、1500円程度の価格設定となっているようです。  しかし、同じ成分のお薬が保険適応で手に入るところが問題です。


同じ成分の薬が、ザルディアと名前を変えると一錠5ミリグラム、230.6円となります。 さらに前立腺肥大症としての診断があれば3割負担としても、負担金69.18円で手に入ることになります。 

しかし、厚生労働省から次のような通達が出ていますので、泌尿器科専門医による的確な診断がないと処方してもらえないと思います。

保医発0417第4号 平成26年4月17日
ザルティア錠2.5mg及び同5mg 本製剤の効能・効果に関連する使用上の注意において「本剤の適用にあたっては、前立腺肥大症の診断・診療に関する国内外のガイドライン等の最新の情報を 参考に、適切な検査により診断を確定すること」とされており、適切な検査によ り前立腺肥大症と診断された場合に限り算定できること。また、診療報酬明細書 の記載に当たっては、尿流測定検査、残尿検査、前立腺超音波検査等の診断に用 いた主な検査について、実施年月日を摘要欄に記入すること。


すなわち勃起不全薬として保険適応にはなってません。 あくまでも前立腺肥大症の治療薬としての保険適応ということをご理解いただいたうえ主治医にご相談ください。

人気ブログランキングへ ←厚労省もややこしい薬を保険適応にしたものです。 ヤレヤレ!                                 応援クリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード