親子問題を解決して意志の力で変えられない感情を根本解消する心理セラピー

●不登校・ひきこもりの悩みが解決した。
●子どもに手を上げなくなった!●摂食障害が劇的に改善した。
●絶望感、罪悪感が消えた!●長年の胃の痛み、頭痛がなくなった。
●人に嫌われる怖さがなくなり、営業が嘘のように楽になった!


テーマ:

いつも、とてもあたたかい気持ちになります。
^^



しあわせで


あたたかい


ママと子どもたちが

たくさんたくさん増えますように。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 【お知らせ】1月23日(火) タロット・心理セラピーダブルセミナー”
 
 こんにちは、江上ユキです。
 
今日は、仙台市内でのプチセミナー開催のお知らせです。^^

 

 

1月23日(火)タロット・心理セラピーin仙台

==============

銀座で大人気のタロットセラピー伝道師
【城田幸林】さんと

感情と親子問題の専門家 
心理セラピスト【江上ユキ】

タロット&心理セラピーダブルセラピーセミナー!

 




を開催しますよ。^^
 
 

 

銀座で大人気のタロットセラピー伝道師
【城田幸林】
さんのブログでもご紹介しています↓



 

IMG_20171129_221445639.jpg
 
 
文中、“フリーメイソン”って何だ???

思わず調べてしまいました。(笑)


“お子さんの不登校地獄”って・・・

もしかしなくても、私のこと???(笑)



銀座で大活躍中の幸林さんですが。

あの銀座なのに???
美人なのに???

キャラがとってもユニークなのです。(≧▽≦)
 
 
 
ところで、

タロットや占いって信じますか???



じつは、私は、タロットというものに

まったく興味がありませんでした。



そして、タロットで見てもらう人の

気が知れませんでした。^^;



なぜかと言うと理論がないから。。。?(笑)
 

 
IMG_20170915_104510969.jpg
(幸林さんのブログからお借りしました。)
 
 
 
そんな私が、“タロットってすごいな!”

と衝撃を受けたのは、


5年前に、心理セラピーを学び、

無意識潜在意識なるものの存在を知り、

それをまるで
 
鏡のように映し出すのが“タロット”
 
なのだということを知った時です。
 
 
 
城田幸林さんに、
タロットについて聞いてみました。^^

 

タロットは占いだと思っていますか?

かの有名な心理学者ユング心理セラピー
使っていたのです。

人意識は
たった1%の顕在意識
99%の潜在意識でなりたっています。


この99%は無意識なので
ここはパソコンでいうとOS


私たちは潜在意識に
コントロールされていると言っても
過言ではありません。


自分の行動がうまくいかない理由
抑圧している感情


そんなものが潜在意識には
しっかりと入っているのです。


潜在意識をレントゲンのように
確認できるのがタロット
なのです。



潜在意識がある、、、

そう気づいてからが
人生は本番!!!



自分の潜在意識のメッセージに気づくと、
現実も変わっていくのです。



心理学とスピリチュアルは
ベースでつながっています。

表現方法が違うにすぎません。



そうです。
 
いくら思考や努力で、
がんばっても悩みや問題が解決しない!


無意識や潜在意識があると気づいてからが、
人生の本番!なのかもしれませんね。^^


無意識、潜在意識と言われても、何のことやら...

あるのないのか、さっぱりわからない。


目に見えないものだし、

思考や顕在意識ではわからないから
無意識というぐらいだし、

そう思っても無理はないんです。



私もそう思ってましたし。。。^^;



どこかのセミナーや本等で、


「目の前の現実は、
あなたの心の中を映し出す鏡ですよ。」


とか、

「現実は、あなたが作り出しているんですよ。」

などと、いくら言われてもまったくピンと来ない。


「は???」

何のことやらさっぱりわからないけど・・・


そんな方も、もちろん大歓迎です。^^


東京でのタロットの講座はいつも満席、

タロット講師としても、

心理セラピストしても、

大活躍の【城田幸林さん】
https://ameblo.jp/fusigi-mabo/




幸林さんとは、

ビリーフチェンジという、
心理セラピーのつながりで、
ご縁をいただきました。



もちろん、

タロットには定評があるプロ中のプロ!

そして、心理にも精通している
数少ないお一人だと思います。



幸林さんのファンの方はもちろん!

会ったら、いっぺんで大好きになると思いますよ。^^





 
 
参加者の方の中から、
タロットカードを引いていただき、
その後に私の心理セラピーを受けていただきます。


その後、もう一度、
タロットカードを引いていただき、

ビフォーアフターでの変化を
確認していただきます。


少人数性のグループということと、

プチセミナーながら参加するだけでも
気づきがたくさん詰まっていてたいへんお得

さらに、セラピーを受けられると“超”がつくぐらいお得なセミナーだと思います。^^





 
 
 

 

1月23日(火)タロット・心理セラピーin仙台

==============

銀座で大人気のタロットセラピー伝道師
【城田幸林】さんと

感情と親子問題の専門家 
心理セラピスト【江上ユキ】

タロット&心理セラピーダブルセラピーセミナー!

 




12月13日(水)に、このブログから募集受付を開始します。
 

ぜひ、楽しみにお待ちくださいね。^^
 
 
あなたとあなたの大切な人が、
 
いつもおしわせでありますように^^
 
 

それでは、またー(^^)/

 

 

 

 
 

 

■カウンセリング・セラピー・セミナー情報■
《親子関係からくる悩みや問題を根本から解決します!》

■悩みの作られ方~根本解決までのメカニズムがわかります
 『あなたの悩みを根本解消する7つの処方箋』7日間無料メール講座≪ 

ーーー


2018年【2月25日(日)】に、
カウンセラー仲村ゆりかさんとの対談セミナー
『子どもの拒食症・不登校・引きこもり完全克服対談セミナー』【大阪】にて開催予定。

仲村ゆりかさんのブログはこちらから≪

東京でのセミナーの内容はこちら≪
※東京でのセミナーをふまえて、
さらにブラッシュアップしています。

★先行ご予約は、無料メルマガから募集します。
ご登録はこちらからお願いいたします≪


ーーー

【料金改定のお知らせ】
2018年1月~セラピー1回コース、継続コースとも
セッション1回あたり1,000円程度の値上げを予定しています。

ーーー

【あと1名さま】
まずは、お気軽にご相談ください。
12月の相談カウンセリングはこちらから≪  

 




ベル【講座】【オープンカウンセリング・セラピー】【出張カウンセリング・セラピー】などの先行でのご案内・ご優待特典あります。

こちらをクリック↓
無料メルマガ7つの処方箋
 

なぜ、努力して思考や行動を変えても悩みや問題は、解決しないのか。 

問題を根本から解決するためには、まず、悩みや問題がつくられる心の仕組みと、根本解決までのメカニズムを正しく知る必要があります。 無意識の本音がわかる方法や、大好評のセルフカウンセリングのしかたもお伝えしています。


ご登録はこちら≪

 




《東京・仙台・大阪・広島》 

親子問題を根本解決

感情クリアリングセラピスト 江上ユキ 

 


 

 

 

 

 


読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 親との葛藤・・・親がかわいそうだと感じる
 
 こんにちは、江上ユキです。
 

 

 

まずは、【お知らせ】です。


来年【2月25日(日)】に、

カウンセラー仲村ゆりかさんとの対談セミナー
『子どもの拒食症・不登校・引きこもり完全克服対談セミナー』

【大阪】にて予定しています。

東京で大反響があったセミナーを関西でも開催します。

関西近隣の方の必要な方に届きますと嬉しいです。


仲村ゆりかさんのブログはこちらから≪


東京でのセミナーの内容はこちら≪
※東京でのセミナーをふまえて、
さらにブラッシュアップしています。


どうぞ、お楽しみに。^^

★先行ご予約は、無料メルマガから募集します。
 ご登録はこちらからお願いいたします≪


ーーーーー


【料金値上げのお知らせ】

来年の1月~セラピー1回コース、継続コースとも、
セッション1回あたり1,000円ぐらいの
値上げを予定しています。

ご検討中の方は、12月中にお申込みをいただくと、
現行料金で受けていただくことができます。

私が学び続けたり、経験したり、身に付けたことを、
皆さまのしあわせのために、さらに還元していきたいと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 









今日は、

『親との葛藤・・・親が憎い』

『親との葛藤・・・親が許せない方へ』


『親との葛藤・・・親が許せないままだったり、親を許そうとすると...』


の、続きです。^^



前回までの親との葛藤は、

 

どちらかと言うと、

“親が悪い”、“親のせいで”。。。


と思ったり、感じてしまう、


親を受け入れられないというものでした。




今回は、逆に、

“親がかわいそうだと感じている時”

について書いてみます。


私は、父に対して“許せない”

という気持ちが強く、

母に対しては、“かわいそうだ”

という想いを持っていました。



意見をぜったいに曲げず、
人の意見を受け入れないようにみえる父に、

父にいつもいろいろ言われていて、
いつも忙しく、自由にできない(ように見える)

母を見ていてとてもかわいそうだと

感じていたのです。


ーーーーー

“親がかわいそう”

“親が心配”


ーーーーー

子どもの目から見て、
親がふしあわせそうに感じる時、

ーーーーー

そんな親を何とかしてあげたい。

ーーーーー

子どもは、例外なくそのように思ってしまいます。


セラピーでクライアントさまから、

頻繁に出てくるのは、


子どもの立場で、

 

自分の気持ちを犠牲にして、

“お母さんを助けたい!”


という気持ちです。


子どもは、お父さん、お母さんの苦しみは、
自分の苦しみ以上に辛く感じています。


この気持ちは、もともと、

子どもの無条件の親に対する“愛情”から
出てくる純粋な気持ちなのですが、


ある問題が出てきます。



それは・・・


親をかわいそうだと思う時は、

【親】を自分より下に見ているということです。



これは、

【親子の役割が逆転】してしまっていて、

子どもが親より上に立ってしまっている

ということです。


つまり、子どもにとっては、

 

心の中の“親”を失ってしまっている

ということであり、
 

この場合も、親から子へ愛情が流れなくなってしまいます。

 

大変そうだったり、

 

かわいそうに見える親に

 

安心して甘えたり、頼れないですよね???



また、

かわいそうだと下に見ているということは、

 

その人を信頼していないということであり、

 

結果的にその人の能力を奪うことになってしまいます。



親をかわいそうだと思っている人は、


“親を助けたい”ばかりでなく、
 

困っている人を探し出したり、


困っている人に近づいて、

自分を犠牲にしてまで助けよう
としてしまいます。



でも・・・


“私がこの人をなんとかしないと!”
という気持ちは、

その人の大切なテリトリー(領域)にまで踏み込んで、

その人の尊厳を奪ってしまうという行為です。


それは、相手のためというより、

ほんとうに助けたいのは、自分の心の中の、
“かわいそうな誰か”なのです。

 

注:かわいそうなのは、親の場合もあるし、
  自分自身の場合もあります。


そこが自分の問題とすり替わってしまっている状態です。

 

 


 

 

 

親をかわいそうだと感じている方は...

【こんなお悩みを抱えがちです。】

===============


〇弱い立場の人に対して 過度に共感的、同情的で、
 本当は自分が面倒を見て欲しいのに、
 いつも人の面倒を見る役回りになってしまう。

 そして、最後は燃え尽きる。


〇自分はダメだと無力感を感じる。
 (どんなにがんばっても親を助けられないから。)



〇「ああしろ」「こうしろ」と指示的、支配的になってしまう。
 (親的な立場をとりたがる)


〇親から離れることはとても悪いことだ感じる。


〇親から離れると、親は生きていけないと感じる。


〇自分はしあわせになってはいけない気がする。


〇何をしても楽しめない。心から楽しいと思ったことがない。


○楽しいことをする前か、楽しいことをした後に、

 罪悪感を感じたり、体調を崩す

===============


そのような悩みや問題につながっている
無意識の思い込み(ビリーフ)は、
下記のとおりです。


『子どもであってはいけない』


『親から離れてはいけない』


『しあわせを感じてはいけない(楽しんではいけない)』








ここで、簡単なワークをご紹介します。

~・~・~・~・~・~・~・~


静かな一人落ち着ける場所で、

ちょっとこう想像してみてください。


あなたの目の前に、


あなたの子どもの頃の
若いお父さんとお母さんがいると
想像してみてください。


【若いお父さんとお母さんは、
どんな表情をしていますか???】



【しあわせそうな笑顔ですか?】


それとも、

【悲しそうな顔や怒った顔をしていますか?】



★これが、あなたの心の中の両親のイメージです。


そして、こう聞いてみてください。


「私は、お母さん(お父さん)の
面倒をみなくてもいいですか?」



「私は、お母さん(お父さん)から
離れてもいいですか?」



「私は、お母さん(お父さん)より、
しあわせになってもいいですか?」



その時、お母さんやお父さんは、
何と言ったり、反応している感じがしますか?


そして、それを見たり、聴いたりした

あなたは、【いい感じがしますか?】


それともあまり

【よくない感じがしますか?】


その感覚を、よく感じてみてくださいね。


いい感じがしたら、無意識は質問に対して、
ポジティブに感じているので問題ありません


 

そして、もし、

 

よくない感じや感覚があれば、

それがあなたの

無意識のネガティブな感情であり、


しあわせになるための心のブレーキ

になっています。

 

~・~・~・~・~・~・~・~




たくさんの方のセラピーを通してわかったこと。。。


それは、例外なく子どもは、

『親がかわいそうだと感じる時』

親よりしあわせになることに、
罪悪感を持ってしまう
ということです。


子どもは、大好きなお母さん、お父さんを、

「救いたい。救う!救える。」

勘違いしてしまいます。


その結果、無力感罪悪感を感じてしまいます。

 

そして、子どもが親を救うことはできません。


なぜなら、それは、親が抱えている、
親自身の問題なのですから。。。







いかがでしたでしょうか?^^


セラピーでは、その方が、

辛かったり、犠牲にしてきた

小さな子どもの気持ちを大切に扱いながら、

問題を根本から解決していきます。

 

 

悩みのつくられ方~根本解決までのメカニズムはこちら≪

 

 

 

あなたとあなたの大切な方が、
 
いつもおしわせでありますように^^
 
 

それでは、またー(^^)/

 

 

■カウンセリング・セラピー・セミナー情報■
《親子関係からくる悩みや問題を根本から解決します!》

■悩みの作られ方~根本解決までのメカニズムがわかります
 『あなたの悩みを根本解消する7つの処方箋』7日間無料メール講座≪ 

【あと3名さま】
まずは、お気軽にご相談ください。
9月の相談カウンセリングはこちらから≪  




ベル【講座】【オープンカウンセリング・セラピー】【出張カウンセリング・セラピー】などの先行でのご案内・ご優待特典あります。

こちらをクリック↓
無料メルマガ7つの処方箋
 

なぜ、努力して思考や行動を変えても悩みや問題は、解決しないのか。 

問題を根本から解決するためには、まず、悩みや問題がつくられる心の仕組みと、根本解決までのメカニズムを正しく知る必要があります。 無意識の本音がわかる方法や、大好評のセルフカウンセリングのしかたもお伝えしています。


ご登録はこちら≪

 




《東京・仙台・大阪・広島》 

親子問題を根本解決

感情クリアリングセラピスト 江上ユキ 

 


 

 

 

 

 


読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
●子どもであってはいけない。

こんにちは、江上ユキです。

長子の方は、責任感が強く、
しっかり者でまじめなイメージ^^


私は、5人きょうだいの長女です。

この無意識の思い込み(ビリーフ)でガチガチでした^^;

いわゆる、“よい子の思い込み”です。
 






私たちの性格のコアの部分は、
6歳ごろまでに決まるといわれています。

その後、15歳ごろまでに大体の性格ができ上がります。


そんな子どもの頃に、取り込んだリ刷り込まれた、

悩みや問題をつくり出す無意識の思い込みである
24のリミッティング・ビリーフのうち

『子どもであってはいけない』

を、お届けします。


自分の欲求をがまんして、

自分よりも他人の気持ちを優先しようとします。


誰からも気に入られたいという気持ちが強く、

常に「いい人」や「良い子」であろうとします。


人の面倒見が非常によく、

弱い立場の人に対して過度に共感的、同情的です。


まれではありますが、

自分の心の中で感じている

「常にいい人、良い子でなければならない」

という、不自由な感覚に抵抗して、


あえて反抗的であったり、

過剰に自由に振る舞おうとする人もいます。


おもな悩み
○人からどう思われるか、人からの評価が気になる。

○人前で緊張する。人間関係が苦手。

○誰からも好かれたいという気持ちが強く、
 誰に対しても常に「いい人」「良い子」であろうとする。

○人に甘えられない。わがままを言えない。

○「欲しい/いらない」「好き/嫌い」といった
  意思表示ができない。

○感情表現が苦手で喜怒哀楽の感情を素直に表現できない。
人前ではしゃげない。

○弱い立場の人に対して 過度に共感的、同情的で
本当は自分が面倒を見て欲しいのに、
いつも人の面倒を見る役回りになってしまう。

そして、最後は燃え尽きる。
(医師、看護師、カウンセラー、福祉関係者な  どに多い燃え尽き症候群)

○子どもや子どもっぽい人が苦手で見ているとイライラする。

○「ああしろ」「こうしろ」と、 指示的、支配的になってしまう。
(親的な立場をとりたがる)



というお悩みを持ちます。







『子どもであってはいけない』は、

自分自身に対して厳しい親が、
自分の子どもに対しても、

子どもらしくあることを許さない状況で
刷り込まれることが多くあります。

長男や長女に多い無意識の思い込み(ビリーフ)です。


家庭内において


【夫婦関係の破たん】

【アルコール依存】

【虐待、共依存】



などが見られる家族の下で育った人の

代表的な無意識の思い込みの一つです。


悩みのできる原因
○両親とも真面目で、しつけが厳しく、
自由や楽しみ、子どもらしい活動を禁止されていた。

○親から「あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだから」と言われて、
子どもらしい振る舞いや甘えることを許されなかった。

○親から過度な期待をかけられて育った。

○親がいつも大変そう(忙しそう)にしているのを見て、

「自分だけ甘えてはいけない」
「自分もがまんしなければならない」と決断した。

○両親のケンカが絶えず、それを見るたびに、
「自分がしっかりして、なんとかしなければ」と決断した。

○病気の親など、かわいそうな状態にある
 親の感情の面倒を見ることで、

「もっと自分がしっかりして、
 親を喜ばせなければならない」と思い込んだ。

○虐待を受けた際に
「子どもだからこんな目に遭ったのだ」と思い込んだ。




いかがでしたか?


こういうお悩みは、長子の方に限らず、

けっこう持っていらっしゃる方も
多いのではないでしょうか?

ぜひ、セラピーを受ける際の参考にしてみてくださいね^^


セラピーを受けると、

自分の気持ちを犠牲にすることなく大切にしながら

無理なく自然な人間関係を築くことができるようになります!







子どもの頃に親に愛されたり、
生きるうえで身を守るために、

自分自身に取り込んでしまった、
制限をつくり出す無意識の思い込みである
『子どもであってはいけない』でした。


悩みや問題のつくられ方~解決までのメカニズムはこちらから≪



あなたとあなたの大切な人が、

いつもおしあわせでありますように^^


ではでは、またー(^^)/


ベル【講座】【オープンカウンセリング・セラピー】【出張カウンセリング・セラピー】などの先行でのご案内・募集もいたします。



こちらをクリック↓

無料メルマガ7つの処方箋

【メール講座は次のような事をテーマにしていきます。】


◆思考や行動のみを変えても悩みや問題は解決しない!
◆私の抱えていた悩みや問題が根本解決するまで
◆悩みや問題のつくられ方と人生のシナリオ
◆あなたが変わるために必要な3つのこと
◆言葉に出して言ってみると無意識の本音がわかります!
◆コツを知ってセルフセラピーをやってみよう!
◆あなたらしく人生をいきいき生きるために大切なこと

ご登録はこちら≪

 



《東京・広島・仙台》


親子問題を根本解決 

感情クリアリングセラピスト 江上ユキ 




 



 


 



 




読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
親との葛藤・・・親を許せないままだったり、親を許そうとすると...
 
 こんにちは、江上ユキです。

 

 

今日は、


『親との葛藤・・・親が憎い』

『親との葛藤・・・親が許せない方へ』

の続きです。


 

「親を許せない。」

そのような想いを持っている時、

心の中では、いったい
どんなことが起きているのでしょうか?



それは、

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

『親を拒絶してしまっている』

ということです。



気づいていないかもしれませんが、

 


私たちの親に対する心の姿勢やあり方は、

世の中の人に対する心の姿勢やあり方とも

 

同じです。



両親を許せなくて、
心の中で拒絶している時は

まわりの人とも
親密な関係になることができません。



相手を責めたり、相手と闘ったり、

 

上から目線で見下したり、

 

次々と人を切り離していったりして、

 

拒絶してしまっているということが
心の中で起こっていないでしょうか?


とくに、


両親二人ともを拒絶している場合は、


誰とも心を開いて打ち解けられず、
 

一人ぼっちで、心理的に孤独な
孤児状態に陥ってしまいます。


それは、とくに近しい関係である、

恋愛、結婚、夫婦関係、子どもとの関係性に

色濃く影響が出てきます。



「親が許せない」

「親が憎い」


ままでいると、

まわりの人をも心の中で拒絶してしまい、

親密で良好な関係を築くことが
困難になってしまうのです。


この辛さは、私もよくわかります。

 





 

 

では、親を許そうとすると
いったい何が起こるのでしょうか???


私たちが、相手を許そうとする時、

許すためには、

~~~~~~~~~~

あなたは、悪い人で加害者、

私は、傷ついた人で被害者


~~~~~~~~~~

というふうに、

【相手をジャッジする】

ということを行う必要があります。


そのうえで・・・

「まあ、しかたがないから許そう。」

という心の態度を取っているということです。








親は、子どもに存在を与えてくれた

大いなる存在です。



親を許すということは、


つまり、


【大いなる存在である

 

親より上に自分を位置づける】

ということに他なりません。



命は、親から子へ渡すものであり、

けっして子どもから、

親へ渡すことはできません。

 

 


水が川の上流から下流に流れるように、

愛情も、大きいものから小さいものへと流れます



だから、親を許そうとして、

子どもが親より上に立つと、



親からの愛情が子どもに流れなくなり、

“愛”を受け取れなくなるのです。


ーーーーー 

自分の生命の源である、

親からの愛を受け取ることができない。


ーーーーー


それは、すなわち、


すべての人から

“愛”を受け取ることができない

いうことを意味しています。



そして、

ーーーーー

親を許せない気持ち

親が憎いと感じる気持ち

親をバカだと思う気持ち


ーーーーー

は、とくに

ーーーーー

パートナーが許せない

パートナーが憎い

パートナーをバカだと思う


ーーーーー

というパートナーとの関係性において
顕著に出るように感じています。



パートナーと良い関係性を築いて

しあわせになりたいのであれば、

親に対する未完了の気持ち
未消化の感情

みていく必要があります。




 

 

 

もう一度、整理すると、


親との関係性は、

すべての人間関係の
基盤
となるものであり、

 

親に対する心の態度は、


世の中に対する
姿勢や態度と同じ
です。



親に対する、

 

許せない気持ちや
憎いという気持ち、
バカにしてしまう気持ちは、

子どもの親に対する無条件の愛、

期待と信頼が前提にあって
裏切られたと感じて深く傷ついた時に


できてきたものです。


なので、

許せない、憎い等の気持ちの
もっと奥深くにある、


ほんとうの気持ちに触れていくこと


深い悲しみ怖れ怒りの感情

癒していくということが必要になります。



そうすると、

 

適切なよいかたちで、

 

愛情を受けることも与えることも

できるようになっていきます。







次回は、これもほんとうによくある、

『親をかわいそうだと感じている時』

についても書いてみたいと思いますね。

 

 

 

悩みのつくられ方~根本解決までのメカニズムはこちら≪

 

 

 

あなたが、いつもおしわせでありますように^^
 

それでは、またー(^^)/

 

 

■カウンセリング・セラピー・セミナー情報■
《親子関係からくる悩みや問題を根本から解決します!》

■悩みの作られ方~根本解決までのメカニズムがわかります
 『あなたの悩みを根本解消する7つの処方箋』7日間無料メール講座≪ 

【あと2名さま】
まずは、お気軽にご相談ください。
12月の相談カウンセリングはこちらから≪  




ベル【講座】【オープンカウンセリング・セラピー】【出張カウンセリング・セラピー】などの先行でのご案内・ご優待特典あります。

こちらをクリック↓
無料メルマガ7つの処方箋
 

なぜ、努力して思考や行動を変えても悩みや問題は、解決しないのか。 

問題を根本から解決するためには、まず、悩みや問題がつくられる心の仕組みと、根本解決までのメカニズムを正しく知る必要があります。  

無意識の本音がわかる方法や、大好評のセルフカウンセリングのしかたもお伝えしています。


ご登録はこちら≪

 




《東京・仙台・大阪・広島》 

親子問題を根本解決

感情クリアリングセラピスト 江上ユキ 

 


 

 

 

 

 


読者登録してね

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)