東京・埼玉の姿勢・スタイル改善トレーナー北村智哉のカラダにいいこと

自分自身のカラダを変えていく事に必要な事とは?
運動・食事・・・様々な視点から原因と改善点をお伝えします。

あなたの理想の身体づくりをサポートします!!スタイルトレーナー北村智哉

トレーニング内容のお問い合わせ

〇シェイプアップ・パフォーマンスアップ・機能改善など

★出張美容小顔矯正・トレーニングのお問い合わせ

★その他(出演・帯同など)のお問い合わせ

・・・etc 

下記までご連絡よろしくお願い致します。

http://www.ktomoya.net/

《活動場所》

セントラルスポーツ ジムスタ飯田橋サクラテラス
※ここでは、都度利用価格にてパーソナルトレーニングを受講が可能です。

ニタイムフィットネス(店舗はお問い合わせください)

個別出張パーソナルトレーニング(東京・埼玉県中心)

駒沢競技場トレーニングルーム


以上の場所にて新規クライアント受付中です。


その他の場所に関しては、応相談となりますので、トレーニングのご相談・仕事のご依頼は、ホームページの「お問い合わせ」ページからお願い致します。

http://www.ktomoya.net/

Twitterはこちら→@kugayamatomo


テーマ:

おようございます。

東京・埼玉のスタイルトレーナー北村智哉です。

 

 

昨日に引き続き、炭水化物(糖質)についてお話ししていきます。

 

 

昨日までのブログを読まれていない方は、こちらからご覧ください。

 


筋肉をつけたいなら、糖質制限をしていても糖質を摂取しましょう。



筋肉をつけたいなら、糖質制限をしていても糖質を摂取しましょう。 その2

 

野菜は炭水化物です!!

 

皆さんは炭水化物を食事の中で減らしたりはしますか?

 

 

巷では、「糖質制限」「炭水化物抜き」などが浸透し、多くの方が実践されているかと思います。

そういう方々の中で、白米やパンなどを食べない替わりに野菜を多く摂取して方を見かけますが、5大栄養素というのをご存知でしょうか?

 

 

小・中学校の家庭科の授業で学んだと思うのですが、

 

・炭水化物

・脂質

・たんぱく質

・ビタミン

・ミネラル

 

これらの中には「野菜」というカテゴリーがありません。

 

 

野菜は炭水化物を多く含むため、「炭水化物」に分類されてしまうのです。

 

 

ちなみに炭水化物とは、糖質+食物繊維のことを言います。

 

 

今、この事実を知った方は膝から崩れているかもしれませんが、安心してください。

 

 

野菜を摂取することでビタミンも多く摂取できています。

 

 

そして、精製された糖質だけを摂取するよりも食物繊維が含まれている分、糖質の吸収はゆっくりです。

 

 

吸収がゆっくりになることで、血糖値が急激に上がりにくくなります。

 

 

しかし、先程お話したとおり、野菜はあくまでも炭水化物に分類されますので、食べすぎにはご注意ください。

 

 

できれば、野菜食べることも大事かもしれませんが、合わせてたんぱく質の摂取を意識してあげることをおすすめします。

たんぱく質というのは、人の身体の基本的な材料です。

 

 

髪の毛、肌、爪、筋肉など、人はたんぱく質から出来ているといっても過言ではありません。

 

 

たんぱく質の摂取が減ってしまうと、新陳代謝による細胞などの入れ替えが上手くできず、先程挙げたものが古いもののままになってしまうのです。

 

 

つまり、肌が荒れやすくなったり、爪がガタガタになってしまうなど・・・不調が出やすくなります。

 

 

野菜を食べることも大事ですが、同時にたんぱく質をしっかり摂取するようにこれからは心掛けてみてください。

 

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

 

今日は昨日の続きを書いていきますが、まだ読まれていない方は、こちらからご覧んください。

筋肉をつけたいなら、糖質制限をしていても糖質を摂取しましょう。

糖質補給は筋分解抑制につながる。

 

昨日書いた通り、糖質制限をしていても、糖質は筋トレ時の大事なエネルギー源の1つであり、不足してしまうと、身体がタンパク質を使ってエネルギー源を作り出すため、効率よくトレーニング効果を出すためには、糖質をトレーニング前に補給することが必要です。

昨日でそれは分かって頂けても、トレーニング後の糖質補給に関しては、トレーニング後には、きっと摂取を控えてしまう方が多いでしょう。

 

 

きっとその理由は、「せっかくトレーニングした意味がなくなってしまう。」と思っていませんか?

 

 

実は、昔トレーニング後は糖質を補給することで太りやすいなんて言われていた時もありましたが、今ではあまりそういったことは聞きません。

昨日話しした、糖質を筋トレ時にエネルギーとして使うと、必然的に体内にある糖質は減ります。

 

 

それをトレーニングを止めた時に身体は補充しようとします。

 

 

その時に、糖質を体内に摂取しないと、そこでもタンパク質を利用して糖質補充しようとするのです。

 

 

その状態に陥ると、摂取したタンパク質だけでなく、元々体内になるタンパク質、筋肉などを分解してまで行ってしまうのです。

 

 

つまり、筋肉をつけようとしているのにも関わらず、糖質制限をしてしまうことで、筋肉を削ってしまうという状態になってしまうのです。

 

 

それでは、なかなか効果が出なくなってしまうのです。

インスリンが大きな役割を持っています。

実は、糖質を摂取することで、筋肉に更にプラスになることもあるのです。

 

 

糖質を摂取すると、血中に糖が流れ出ます。

 

 

それを各細胞内に取り込むのが、インスリンというホルモン物質です。

 

 

このインスリンは血糖値を下げるので有名ですが、実はタンパク質も体内に取り込むのを促進してくれるのです。

 

 

つまり、このインスリンをトレーニング後に体内に出すことで、タンパク質を吸収することがスムーズに行われるということです。

 

 

これにより、タンパク質が筋肉へと吸収され、筋肉を作っていくために使われるのです。

 

 

では、どれくらいの量をトレーニングは摂取すればいいのか?

 

 

がっつりご飯を食べるのは、無理かなと思うので、まずはバナナやおにぎりなど食べやすいものを1つでも食べることから始めてみてはいかがでしょうか?

1番は、糖質が含まれているプロテインなどをうまく活用していくのがいいのかなと思います。

 

 

糖質補給だからといって、お菓子などはダメですがw

 

 

糖質を制限するだけでなく、うまく摂取して、トレーニング効果を出せる様にしてみてください。

 

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉です。

 

 

皆さんは、糖質制限をしたことありますか?

 

例えば、食事の時にご飯の量を減らす。

 

 

炭水化物を極力摂らない食事をする。

 

 

きっと少なからずあるかと思います。

 

 

パーソナルトレーニングで指導していると、必ずこのことを聞かれます。

 

 

「トレーニングしている期間でも糖質制限はした方がいいのでしょうか?」

 

 

確かに、巷では糖質制限を行うことで減量に成功している方もいます。

 

 

しかし、私はこう答えます。

 

 

「トレーニング前後は糖質を摂っても構わないし、逆に摂るように心がけてください。」

 

 

糖質制限をしようとしている人からしたら、摂取をすすめるという真逆のことを言われるので驚かれますが、その理由を今日はお伝えしていきます。

筋トレの時のエネルギー源は糖質です。

 

 人は動き時にエネルギーを必要とします。

 

 

・歩いている時

 

・走っている時

 

・喋っている時

 

実は、様々な場面で必ずエネルギーを消費しています。

 

 

もちろん、筋トレ時にもエネルギーを消費しています。

 

 

この時のエネルギー源は、糖質です。

 

 

いわゆる白米・小麦などです。

 

これらをエネルギー源として、筋トレ時に身体を動かしているのです。

 

 

しかし、この時にそのエネルギー源がないと動けなくなってしまいます。

 

 

トレーニングをしている以上、エネルギーを消費しないといけません。

 

 

その時に、代替えとして使われるのがタンパク質です。

 

 

タンパク質を分解して、 エネルギー源を作り出します。

 

 

タンパク質というのは、筋肉の材料にもなります。

 

 

つまり、せっかく筋トレで筋肉を作っていこうとしているのに、肝心の筋肉の材料のタンパク質をエネルギーとして使ってしまったら、なかなか筋肉を作れなくなってしまいます。

 

 

これでは、筋トレをしている意味がなくなってしまうのです。

 

トレーニング前には、おにぎり○個食べましょう!

 

では、筋トレ前は糖質をどれくらい摂ればいいのでしょうか?

 

 

トレーニング量やその方の普段の食事の量などもあるので、一概には言えないですが、私はおにぎり1つぐらいは食べるようにすすめています。

 

筋トレ前の最後の食事から1時間程度でしたら食べる必要はないのですが、3〜4時間程度空いているようであれば、それぐらいは食べて欲しいかなと思います。

 

 

おにぎりでなくても、バナナなどの果物でもいいかなと思います。

 

 

糖質制限をしていても、これだけはやっておくといいですよ!

 

 

次回は、トレーニング後の糖質補給についてお伝えしますね。

 

 

只今、新規クライアント受付中ですので、パーソナルトレーニングやカウンセリングにご興味ある方は下記のHPからお問い合わせください。

 

お問い合わせ時にご質問をよく受けるものは、こちらに記載されていますので、こちらを参考にしてみてください。

 

東京・埼玉の姿勢・スタイル改善専門トレーナー北村智哉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。