反省をしない安倍首相

テーマ:
安倍首相の施政方針演説は

全く反省がありません。

なんでもうまくいった。

すべてうまくいっているという話ばかり。

そして「改革、改革」を叫び、

行動あるのみと。

なんと傲慢で怖ろしい主張か。

改革を叫ぶなら反省があるだろうに。

「戦後1600万人を超えていた農業人口は、

現在、200万人。この70年間で8分の1まで減り、

平均年齢は66歳を超えました。

もはや農政の改革は、待ったなしです。

何のための改革か。強い農業を作るための改革。

農家の所得を増やすための改革を進めるのです。」

ここまで言うと安倍首相につける薬はないと誰もが思うだろ。

ここまで日本の農業と農村を破壊したのあなたの爺さんから

脈々と続いた自民党政治の結果だということを

全く感じもしないし考えようともしない精神が怖ろしい。

施政方針に流れているのはすべてこの論調。

私の村の農家の70歳になる人が言ってました。

「安倍首相をこのままにしておいたら危ない。

あれは戦争を起こすつもりでいる」と。

農民からの警鐘です。











AD