rxtypeのブログ since 2012

日本経済の一番の問題はデフレ予想です。


テーマ:
 「国の借金」問題。日本人であれば必ず考えたことのある問題です。今回はその「正解」を示したいと思います。最後までお読みください。

 プライマリー・バランス(基礎的財政収支)とは、税収・税外収入と、国債費(国債の元本返済や利子の支払いにあてられる費用)を除く歳出との収支のことを表し、その時点で必要とされる政策的経費を、その時点の税収等でどれだけまかなえているかを示す指標のことです。

日本の財務省やそれに近い人たちは、国の借金を減らすにはプライマリー・バランスを改善するしか道はないかのように言っています。


 実際どうなのか、過去のデータで検証してみましょう。

 まず、1980年代の国の借金とプライマリー・バランスの関係をグラフにしてみます。

01政府総債務-基礎的財政収支
02政府純債務-基礎的財政収支

 総債務、純債務ともにプライマリー・バランスとの相関度が0.7以上あり、
確かに、プライマリー・バランスを改善すれば、「国の借金」が減りそうです。

 一方、リフレ派などが主張しているインフレ(デフレの脱却)と「国の借金」との関係性も見てみましょう。

03政府総債務-GDPデフレーター
04政府純債務-GDPデフレーター

 こちらは、まず、総債務の方は、GDPデフレーターが増える(インフレになる)ほど「国の借金」が増えていることから、リフレ派が主張しているようにデフレになるほど国の借金が増えているわけではなさそうです。
むしろリフレ派の主張の逆になっています。
 
 純債務の方は、相関度がほぼゼロで全く関係がないと言えるでしょう。


 80年代のデータでは古すぎるという声も聞こえてきそうです。

 では、日本がデフレに陥った1998年以降のデータをグラフ化してみます。

 まずは、プライマリー・バランスから。

05政府総債務-基礎的財政収支1998
06政府純債務-基礎的財政収支1998

 あれ?

 1998年以降のデータですと、総債務も純債務もプライマリー・バランスとの相関度はほぼゼロで、プライマリー・バランスと「国の借金」は全く関係ないことがわかります。

 では、GDPデフレーターと「国の借金」の関係はどうでしょうか。

07政府総債務-GDPデフレーター1998
08政府純債務-GDPデフレーター1998

 こちらは、打って変わって純債務、総債務ともに相関度が0.9前後の値が出ていて、
GDPデフレーターと国の借金は、かなり高い相関度を示しています


 これはどういうことなのでしょう。


 要するに、プライマリー・バランスの改善は1980年代までは「正解」でしたが、1998年以降は「不正解」で、

1998年以降の「正解」はデフレ脱却なのです。


 間違った答案を何百回出しても、結果は不合格です。


 早く気づきましょう。



 最後に・・・


この記事のタイトルを正確に書くと

「プライマリーバランス改善で国の借金が減るというのは(1980年代までは)事実」ですね。



↓↓↓拡散のためクリック/ツイート/いいね お願いします
br_c_1735_1.gif

社会・経済ニュース ブログランキングへ
読者登録もお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

rxtypeさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。