2007-03-31 23:24:43

映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」 ★★☆

テーマ:★映画 は行

ハリーポッターとアズカバンの囚人ちらし
映画「ハリーポッターとアズカバンの囚人」
アメリカ(2004)

監督:アルフォンソ・キュアロン

出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マイケル・ガンボン、マギー・スミス、アラン・リックマン、ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、ゲイリー・オールドマン

《公開時コピー》

僕らは、変わる。

新刊が出るたび世界中で驚異的なセールスを記録するJ・K・ローリングの一大ベストセラーを映画化したファンタジー・シリーズの第3弾。魔法学校の3年生になったハリーたち3人を新たな危機が待ち受ける。前2作で監督を務めたクリス・コロンバスは製作に回り、今回新たに「天国の口、終りの楽園。」のアルフォンソ・キュアロンがメガフォンを取る。

揃ってホグワーツ魔法学校の3年生になったハリー・ポッターとロン、ハーマイオニーの親友3人組。進級早々ハリーは、人間の世界で誤って魔法を使ってしまい退学の危機に直面する。ところが、さらなる危険がハリーに襲い掛かる。ヴォルデモートの手下である凶悪犯シリウス・ブラックが、脱出不可能と言われる牢獄アズカバンから脱走し、ハリーを探し回っているというのだ。どうやら、ブラックはハリーの両親の死と関係があるらしい。そしてホグワーツには、危険な脱獄囚から生徒を守るため吸魂鬼ディメンターたちがやって来るのだったが…。


ハリーポッターとアズカバンの囚人2


前2作が大傑作だっただけに物足りない



アルフォンソ・キュアロン監督に変わって

あまりにも物語のみせ方に奥行きがなくなった


ヴィジュアル面に関しては文句のつけようのないくらい完璧!!


ハリーポッターとアズカバンの囚人3


物語のキーとなるアズカバンの囚人”謎”

唐突に真実が明かされ、ハリーは驚嘆する


「え~~!?」


ありえない



全くもって伏線は準備されておらず

ただ原作どおりにたんたんと映像をみせられる



ハリーポッターとアズカバンの囚人


物語に”間”がない


各々のシーンが独立しすぎている



楽しめることには違いないが

傑作どまりになってしまった


せっかくの大傑作シリーズが・・・



【関連レビュー】

映画「ハリーポッターと賢者の石」

映画「ハリーポッターと秘密の部屋」

映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」


ワーナー・ホーム・ビデオ
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 特別版
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007-03-28 00:34:56

by 宮崎 駿

テーマ:☆魔法の言葉
「理想を失わない現実主義者になること」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-23 21:52:10

映画「ジュラシック・パークⅢ」 ★☆

テーマ:★映画 さ行


ジュラシック・パークⅢちらし

映画「ジュラシック・パークⅢ」

アメリカ(2001)


《公開時コピー》

恐竜の知能が人間を超える


監督:ジョー・ジョンストン

出演:サム・ニール、ウィリアム・H・メイシー、ローラ・ダーン、マイケル・ジェッター、ティア・レオーニ


ジュラシック・パーク」「ロスト・ワールド」に続くシリーズ第3弾。今回スピルバーグは製作総指揮にまわり、「ミクロキッズ」「ジュマンジ」のジョー・ジョンストンが監督を務める。新たな恐竜も加わりさらにスケールアップしたリアルで迫力ある映像が展開する。        
パラセーリング中に遭難した少年を助けるため捜索チームがある島に向かった。しかし、そこはあの恐竜たちが棲息する島のすぐ近くだった。かつて、恐竜の島で恐怖の体験をしたグラント博士(サム・ニール)。不本意ながらもチームに同行するハメになった彼の不安は案の定的中し、今までに見たこともない巨大で凶暴な恐竜と対峙することに……。



びっくりするほどおもしろくない


ある意味度肝を抜かれる



恐竜でてきてわ~ってなって、

また、恐竜でてきてわ~ってなって、の繰り返しで終わってしまう


見所がない



少し青みがかった映像は好きだけどね




プテラノドンの登場シーンは笑うしかない(笑)


なんてったって翼竜なのに


歩いて登場ですから(笑)



あのB級さだけでも観る価値あり!!

ジュラシック・パーク 3
¥882
Amazon.co.jp

ジュラシック・パーク 3
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-22 22:01:48

映画「ツイスター」 ★★★

テーマ:★映画 た行

ツイスターちらし

映画「ツイスター」

アメリカ(1996)


監督:ヤン・デ・ボン

出演:ヘレン・ハント、ビル・パクストン、ジェイミー・ガーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン


スピルバーグ製作総指揮、M・クライトン脚本に加え、「スピード」でメガヒットを飛ばしたJ・デ・ボンがメガホンを取ったパニック・スペクタクル。

竜巻内に調査用のセンサーを送り込む事で早期警報の実現を図ろうとする研究者グループを主役に、CGを駆使して竜巻の驚異を描く。



一流のスタッフで作り上げた超ド級のB級映画



竜巻大好きのマニア人間がただひたすら竜巻にむかっていく


片思いを極めた作品



まあなんと脚本のひどいこと(笑)


恋愛や人間関係を中途半端に描くからちゃちい作品にみえてしまう


自然災害から逃げる人間ではなくて

立ち向かう(まあただのマニアですが)人間の姿をもっと描けば力強い骨太の作品になったと思う



ただビジュアルは魅力的で


あの作り上げられた独特のダークな雰囲気は


みるものをにしてしまう



ツイスター/ヘレン・ハント

¥1,699
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007-03-19 20:36:41

映画「ユナイテッド93」 ★★★★

テーマ:★映画 や行

ユナイテッド93ちらし ユナイテッド93ちらし2

映画「ユナイテッド93」

アメリカ(2006)


《公開時コピー》

2001年9月11日――
4機の旅客機がハイジャックされた。
3機はターゲットに到達。

これは、その4機目の物語である。


監督:ポール・グリーングラス

出演:ハリド・アブダラ、ポリー・アダムス、オパル・アラディン、ルイス・アルサマリ、デヴィッド・アラン・ブッシェ


 2001年9月11日、アメリカ国内の空港を飛び立った旅客機4機が、ほぼ同時にハイジャックされる。うち2機はワールド・トレード・センターに、もう1機は国防総省ペンタゴンに激突炎上した。しかし残る1機、乗客40人を乗せたユナイテッド航空93便は、なぜかターゲットに到達することなく、ペンシルヴェニア州に墜落した。本作はこのユナイテッド航空93便に焦点を当て、家族との電話で自らの運命を悟った乗客たちが乗る機内での様子や、テロの事実に混乱しながらも被害を最小限に食い止めようと必死で事態の掌握に務める地上の航空関係者たちの緊迫のやり取りを極限の臨場感で描き出す衝撃のノンフィクション・サスペンス。

 監督は「ブラディ・サンデー」「ボーン・スプレマシー」のポール・グリーングラス。監督をはじめ製作スタッフは、遺された家族の人々や管制センターはじめ関係機関への入念な取材を行い、今となっては決して誰も知ることのできない機内の様子を含め、当時の状況を可能な限りリアルに再現、ありのままを徹底したドキュメンタリー・タッチの手法で撮り上げた。なお、本作に登場する管制官や軍関係者の一部は、9月11日に実際に現場で勤務していた本人が自ら演じているという。

ユナイテッド933


映画としていい悪いの評価ではなく


生きてるうちに絶対観るべき作品である




あの日に起こった出来事ではなく


あの日に世界人類が感じた想いは決して忘れてはいけない




犠牲になったたくさんの人間


事件にかかわったたくさんの人間


事件をニュースで知ったたくさんの人間


そして、事件を起こした人間



ユナイテッド932


人が本当に死を悟ったとき

神に祈るという行為ではなく


本当に大切な人に

愛してると伝える


愛してるは世界共通で

こらえることのできない想いがあふれだしてくる



ユナイテッド93

ユナイテッド93/コリー・ジョンソン
¥2,850
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-03-16 10:28:04

by アファメーション

テーマ:☆魔法の言葉

「思いやりの心を持つ為には、人の感情や意見、欲求などについてよく考えること」

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007-03-02 23:38:45

映画「ロード・オブ・ウォー」 ★★☆

テーマ:★映画 ら行


ロード・オブ・ウォーちらし2 ロード・オブ・ウォーちらし

映画「ロード・オブ・ウォー」

アメリカ(2005)


《公開時コピー》

――史上最強の武器商人と呼ばれた男――

弾丸(タマ)の数だけ、
札束(カネ)が舞う――。


監督:アンドリュー・ニコル

出演:ニコラス・ケイジ、イーサン・ホーク、ブリジット・モナイハン、ジャレッド・レトー、イアン・ホルム、ドナルド・サザーランド


 史上最強の“武器商人”と呼ばれた一人の男の実像をシニカルなタッチで描いたニコラス・ケイジ主演のアクション・エンタテインメント。監督は「ガタカ」「シモーヌ」のアンドリュー・ニコル。共演に「トレーニング・デイ」のイーサン・ホーク。
 ソビエト連邦崩壊前のウクライナに生まれ、少年時代に家族とともにアメリカに渡ったユーリー・オルロフ。やがてニューヨークにレストランを開いた両親を手伝い、そこで働くユーリーはある時、ギャング同士の銃撃戦を目撃する。この時彼は、食事を提供するレストランと同じように、いまの世の中では武器を必要としている人に武器を提供する仕事が求められていると気づき、弟のヴィタリーと2人で武器売買の事業を始める。危険と隣り合わせの裏社会で天性の才覚を発揮し、世界有数の武器商人へと成長していくユーリー。しかし、そんな彼にインターポールのバレンタイン刑事が迫ってゆく…。



ロード・オブ・ウォー2


銃は人を傷つける


でもその銃で世界の資金がまわる


そして国をつくる


それはまた国を滅ぼし


それでもまた銃は人の手に渡る



ロード・オブ・ウォー


それがビジネスである限り


ただ感情もなく

人から人へとわたっていく



ロード・オブ・ウォー3


その事実がこの映画の衝撃を生み出した


少しでも銃を減らすのに僕らができることはなんだろう?

ロード・オブ・ウォー/ニコラス・ケイジ

¥2,980
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Powered By イーココロ!

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。